アタックサーフェス・インテリジェンスの新たなソリューションを日本で提供開始【 KELA(ケラ) | 本社イスラエル 】

脅威インテリジェンス企業として数々の受賞歴を誇るKELA(東京都千代田区/日本CEO Doron Levit)は、2020年10月26日(月)本日、KELA独自の最新技術を駆使して組織のアタックサーフェスを完全自動で監視するテクノロジーを搭載したIntelActにて、リアルタイムのアタックサーフェス・インテリジェンスの新たなソリューションの提供を開始いたしました。
【 サービス概要 】
KELAの研究開発チームは、10年以上に及ぶダークネットの専門知識を結集してIntelActを開発し、世界中の組織がダークネットから見た自社のアタックサーフェスを一目で確認することのできるソリューションとして構築いたしました。

KELAのCTOを務めるデービッド・カーミエルは次のように述べています。
「サイバー空間の脅威情勢は常に進化しています。しかしその一方で、高度なサイバーセキュリティ戦略やプログラムを策定するための十分なリソースを持ち合わせていない組織が増加しています。IntelActは、特にそういった成長過程にある組織がアタックサーフェスを常に最小限に留め、管理できるようお手伝いいたします。今日、あらゆる規模の組織がサイバー犯罪の標的とされていることを鑑み、我々は小規模な組織や成長過程にある組織の皆様が、自らの最も重要な資産を可能な限り効率的な方法で監視し、深刻な被害をもたらしうるサイバー攻撃を阻止することができるよう支援するためにIntelActを開発いたしました。」

続けてカーミエルは、「今日のデジタルワールドで進んでいる変化に対応するには、あらゆる規模、そしてあらゆる成熟度の組織が利用できるソリューションが必要です。現在多くの組織が在宅勤務形式を採用しており、今後も当面はその流れが続くと思われる中、我々は追加のリソースがなくとも今すぐ使えるインテリジェンス・ソリューションこそが組織にとって必要なものではないかと判断しました。こういった状況を背景に、KELAはすべての組織、チャネルパートナー、そしてMSSPの皆様に、ダークネットから見たアタックサーフェス・インテリジェンスを完全自動で入手いただけるソリューションを開発いたしました。」と語っています。

KELAのアタックサーフェス・インテリジェンス・ソリューション「IntelAct」は、組織の資産を完全自動で監視し、ダークネット上で資産の露出が検知された際には即時にアラートを送信いたします。
また、IntelActのインテリジェンスをその他の様々な目的にもご利用いただけます。
 
  • リアルタイムでの脆弱性管理
  • ダークネットの脅威の自動検知
  • サードパーティ・ベンダーに起因するリスクの管理
  • セキュリティ・インシデントへの即時対応

効率的なセキュリティ運用の支援IntelActに関するお問合せやデモのご要望につきましては、 弊社ホームページのお問合せよりご連絡ください。
https://ke-la.com/ja/


【 KELAについて 】
脅威インテリジェンスを提供するダークネットの専門家として数々の受賞歴を誇るKELAは、拡大し続けるダークネットの脅威について完全に実用可能なインテリジェンス(意思決定や判断に資する情報)をお客様にご提供することをミッションに掲げております。
また当社は、独自の諜報技術を採用した自動情報収集ツールと有能な脅威インテリジェンス専門家が提供するマネージドサービスの類まれなる融合を成功の礎としております。
詳細につきましては、当社ホームページをご覧ください。
https://ke-la.com/ja/

○ 会社概要
  • 社名:KELA株式会社
  • 代表:日本CEO Doron Levit(ドロン レビット)
  • 所在:東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービルディング20F
  • TEL:03-6634-7836
  • FAX:03-6634-6500
  • URL:https://ke-la.com/ja/
  • Mail:Japan@ke-la.com

○ 問合先
  • 担当:営業本部 浅原伸治(アサハラシンジ)
  • TEL:03-6634-7836
  • Mail:Japan@ke-la.com
  1. プレスリリース >
  2. KELA株式会社 >
  3. アタックサーフェス・インテリジェンスの新たなソリューションを日本で提供開始【 KELA(ケラ) | 本社イスラエル 】