ユビ電、エナリスのグリーン電力証書の販売代理店契約を締結、環境省の電気自動車購入補助金の要件に該当予定

グリーン電力証書の購入によって、電気自動車の充電に使用する電力を再生可能エネルギー比率100%とし、ゼロカーボンライフ・ワークスタイルが実現。環境省の電気自動車購入補助金の要件に該当予定。

ユビ電株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:山口 典男 以下、ユビ電)は、株式会社エナリスと販売代理店契約を締結し、2021年4月以降、グリーン電力証書の販売を開始します。グリーン電力証書とは風力や太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギーから生まれた環境価値を証明したものであり、この証書を活用することで使用電力を再生可能エネルギー100%比率にすることが出来ます。

今回販売するグリーン電力証書は、株式会社宮古島未来エネルギーが設置する太陽光設備から生まれた宮古島由来の環境価値であり、このグリーン電力証書を購入することで電気自動車の充電に使用する電力を再生可能エネルギー100%比率にしたものとみなされます。また、グリーン電力証書購入によって環境省の電気自動車購入補助金※の要件に該当予定で、電気自動車(BEV)は最大80万円、プラグインハイブリッド車(PHEV)は最大40万円の補助が受けられる見込みです。

ユビ電はグリーン電力証書の販売事業の他に、電気自動車充電サービスの WeCharge [ウィーチャージ] powered by ユビ電 を2021年春に正式サービス開始予定です。WeChargeでは、マンション駐車場で電気自動車を充電できない充電難民の居住者をサポートするため、全国のマンション向けに「マンション居住者向け充電設備設置サポート」を実施しています。ユビ電は、これからもモビリティとエネルギーの融合領域においてビジネスを加速していきます。

グリーン電力証書の詳細情報については、ユビ電のグリーン電力証書販売特設サイトにてご確認ください。

電気自動車を充電電気自動車を充電

宮古島宮古島

※環境省 再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用したゼロカーボンライフ・ワークスタイル先行導入モデル事業 http://www.env.go.jp/air/post_56.html
グリーン電力証書は、環境省の購入補助金の要件の一つである「再エネ100%電力調達」の「【手法3】再エネ電力証書の購入」に該当予定で、使用電力を再エネ比率100%にすることが可能となる見込みです。補助金申請までにこのグリーン電力証書を購入し、補助金受領後も、定期的に証書の保持を確認するなどフォローアップが予定されています。また環境省のモニター制度で、毎月の消費電力量、電気自動車の走行距離の報告、アンケート調査、PR活動にモニターとして4年間にわたり参画・協力することも要件となっています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユビ電株式会社 >
  3. ユビ電、エナリスのグリーン電力証書の販売代理店契約を締結、環境省の電気自動車購入補助金の要件に該当予定