コロナ禍でもBPO・物流・障がい者支援分野で過去最高値 綜合キャリアグループ2020年度第3四半期レポートを発表

海外事業、採用代行分野でもサービス開発を推進しAfterコロナの変革期へ新たな挑戦

総合人材サービスを提供する綜合キャリアグループ(グループ代表:神保紀秀 本社:東京都港区浜松町世界貿易センタービルディング)は、2021年2月15日、2020年度第3四半期レポートを発表しました。第3四半期までの売上は760億円と、コロナ禍の影響を受けつつも前年並みを維持。BPO・物流・障がい者支援事業などの成長分野では過去最高の業績となりました。

https://sougo-group.jp/1860

2020年度第3四半期は、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響を受けましたが、グループ全体で前年度並みの業績を継続して維持し、BPO事業、物流人材事業、障がい者支援事業では過去最高の業績となりました。
コロナ対策・需要喚起策関連の官庁需要が引き続き高く推移し、EC関連需要に伴うBPOと物流関連の受注も堅調に推移しました。
物流・BPO関連ではスペース+人材の業務引き受けサービスが伸びており、需要にこたえて事業を拡大しています。


コロナの影響を受けて一時的にマーケットが足踏みしている海外人材事業ですが、当グループでは海外での事業開発を継続しており、現地法人(綜合キャリアベトナム)の提供するWEBサービスでは在ベトナム大使館・JICAからの支援も受けてサービスの進化を進めています。
事務マーケットの人材事業では、新たな採用代行サービス「コンシェルテック」や、自治体のコロナワクチン接種事務局業務の需要対応などで事業を展開しています。 


2021年1月にはコロナ第3波を受けて再び緊急事態宣言が発令されましたが、EC・物流ニーズ、官公庁ニーズ、半導体や医療系などの製造業ニーズは復調しております。当グループはwithコロナの中でもサービス進化を続け、社会の一員として経済回復の一翼を担ってまいります。

 
  • 会社概要:綜合キャリアグループ
「企業は“人”なり」と言われるように、企業の生産活動を向上させ、企業の発展を実現するのは、企業内の「人財」以外にありません。デジタル化が進む現代においても、その活用や改善において、アナログ的に人が関わることは不可欠です。
綜合キャリアグループは「日本一利便の良い人材会社」を目指し、企業の資産であり、成長のエンジンである「人財」を戦略的に活かす手法やサービスを創造し、顧客企業の業績向上と労働者の資質向上の両者を実現します。
  • グループ企業
株式会社綜合キャリアオプション  人材派遣事業、人材紹介事業、BPO事業
株式会社バイトレ  物流人材事業、物流アウトソーシング事業
株式会社綜合キャリアトラスト  障がい者雇用支援事業、障がい者就労移行支援事業、サポートオフィス事業
株式会社綜合キャリアベトナム  ベトナム人材還流支援事業、BPO事業
キャリアアセットマネジ株式会社  人材コンサルティング事業、クラウドサービス
 
  • このプレスリリースについてのお問い合わせ先
株式会社綜合キャリアオプション
広報部 担当:斎藤
お問い合わせフォーム:https://www.sougo-staff.jp/contact/index.php
電話:03-6634-4510 (平日9:00~18:00)                             
  1. プレスリリース >
  2. 綜合キャリアグループ >
  3. コロナ禍でもBPO・物流・障がい者支援分野で過去最高値 綜合キャリアグループ2020年度第3四半期レポートを発表