株式会社アークエッジ・スペース、シードラウンドで4億円の資金調達を実施~宇宙ビジネスのインフラとなる、超小型人工衛星コンステレーション構築を加速~

株式会社アークエッジ・スペースは、インキュベイトファンド、リアルテックファンド他より、シードラウンドにて4億円の資金調達を行いました。

株式会社アークエッジ・スペース(東京都千代田区、代表取締役社長:福代孝良)は、インキュベイトファンド(本社:東京都港区、代表パートナー:赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介、ポール・マクナーニ)、リアルテックファンド(本社:東京都墨田区、代表業務執行役:永田暁彦)より、合計4億円の資金調達を実施いたしました。

 


本資金調達の目的
アークエッジ・スペースは、人工衛星のコンステレーションで、高収益で持続可能な宇宙産業を作ることをミッションとしています。超小型衛星の事業化により、リモートセンシングをはじめとするデータ活用ビジネスのインフラを作ることにより、さまざまな開発課題に取り組んでいきます。
3U、6UサイズのCubeSat(キューブサット)と呼ばれる超小型衛星は、従来の衛星開発に比べ、費用及び納期を抑えた開発が可能です。この度の資金調達により、超小型衛星開発の事業化を推進することで、衛星利活用における参入障壁を下げ、開発課題の解決により多くのプレーヤーが臨めるインフラを確立します。

投資家コメント
インキュベイトファンド 代表パートナー 赤浦 徹氏
「アークエッジ・スペースは小型人工衛星(3U、6U)において世界最先端の開発力と世界中にネットワークを持つチームであり、世界の宇宙産業をリードする会社であると期待しております。代表の福代氏、CTOの松下氏とのご縁により出資をさせて頂くこととなり、大変嬉しく思っております。これから日本のスペーステクノロジーを世界へ羽ばたかせるべく、全力でご支援して参る所存です。」

リアルテックファンド グロースマネージャー 小正 瑞季氏
「世界的に光学衛星、SAR衛星、通信衛星等の小型衛星コンステレーション計画が進捗する中、今後はさらに小さくかつ高性能な超小型衛星が、地球周回軌道上で活躍する時代が到来し、宇宙産業を成長させることが見込まれます。また中長期的には、深宇宙探査においても超小型探査機の活用が期待されます。極めて高い技術力を持ち、地球上の様々な課題解決と人類のフロンティア拡大に大きく貢献し得る当社を、リアルテックファンドは全力で支援してまいります。」


実績他
・内閣府主催「S-Booster2017」審査員特別賞受賞(2017年)、NEDO・NEP採択(2018年)
宇宙を活用したビジネスアイデアコンテスト「S-Booster2017」に、弊社代表取締役、福代が参加。超小型衛星を活用した衛星コンステレーションを提案した「世界をつなぐ さざ波衛星ネットワーク」が審査員特別賞を受賞。また、2018年にはNEDO研究開発型ベンチャー支援事業に採択され、これらの支援を経てスペースエッジラボとして創業。


・RWASAT1号機の打上成功(2019年)
ルワンダ国初の衛星、3U超小型衛星を受注。ルワンダ政府関係機関及び東京大学と共に製造・開発を行い、2019年に国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟から放出された。2020年には放出1年を迎え、LoRA通信により、東京からRWASAT-1に向けて、1周年記念メッセージを送信する試験を実施し成功。

・経済産業省実証事業採択「3U衛星Optimal-1による軌道上実証」(2019年)
経済産業省・産業技術実用化開発事業費補助金(宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業)に採択され、東京大学、福井大学、セーレン株式会社を中心とした福井チーム、福井工業技術センター等とともに3U衛星Optimal-1の開発スタート。2021年度に国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟から放出予定。

・NSPO6U衛星受注(2020年)

国家宇宙センター(NSPO)が実施する証事業(6U Fast Validation CubeSat)6U超小型衛星の開発・製造・打上げ・初期運用を共同研究者として参画。NSPOが開発する光学観測装置を、高精度の姿勢制御をはじめとした衛星バス技術を持つ超小型衛星に搭載することで、低コストでの地球観測を実現する。2022年に国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟から放出予定。

 

 

株式会社アークエッジ・スペース旧社名:株式会社スペースエッジラボ)

所在地:東京都千代田区
代表者:福代孝良
主な事業:宇宙機(超小型衛星)、地上局、関連部品の設計・製作及び運用サービスの提供
上記に関連するソフトウェア開発、教育・コンサルティング業務等
URL:https://arkedgespace.com/

※2021年1月に「株式会社スペースエッジラボ」から「株式会社アークエッジ・スペース」に商号変更いたしました。「CubeSatという宇宙を駆ける箱舟(Ark)により、人類の活動領域の最前線(Edge)を切り開くとともに、人類の持続的な幸福への貢献してまいります。」(代表:福代孝良)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アークエッジ・スペース >
  3. 株式会社アークエッジ・スペース、シードラウンドで4億円の資金調達を実施~宇宙ビジネスのインフラとなる、超小型人工衛星コンステレーション構築を加速~