宮崎大学がブルーベリー種(くにさと35号)茎葉抽出成分の新型コロナウイルス不活化効果を発表

株式会社GEホールディングス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:荒川 健一 以下、GEホールディングス)のグループ会社 株式会社ビオラボ(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:荒川 健一 以下、ビオラボ)が提供したブルーベリー種「くにさと35号」茎葉抽出成分から共同研究先である宮崎大学が新型コロナウィルス不活性効果を発見したことを記者発表が行われました。
GEホールディングスは、グループ会社および大学等の研究機関と連携してバイオテクノロジー事業を展開。生物がもともと持っている働きを利用するバイオ成分の研究・開発を中核に、サプリメントや食品・化粧品の開発・販売を行っております。
そしてこのたび、共同研究先である宮崎大学が長年にわたり基礎研究を続けてきたブルーベリー種(くにさと35号)の茎葉抽出成分に新型コロナウイルスの不活化効果が認められ、2021年1月28日に宮崎大学より記者発表が行われました。
※詳しくは宮崎大学ホームページをご覧ください。
http://www.miyazaki-u.ac.jp/newsrelease/edu-info/post-603.html

 

ブルーベリー種(くにさと35号)は宮崎県で独自に開発された品種で、宮崎大学と弊社はその有用性に着目し8年以上にわたり研究を重ねてきました。グループ会社(株式会社なな葉コーポレーション)は現在、くにさと35号の栽培を独占管理するとともに、その葉茎から抽出した成分をグループ会社(株式会社GEウェルネス)のサプリメントをはじめとした製品に配合しています。

 

 


※提供したブルーベリー葉粉砕末とブルーベリー茎エキス

ブルーベリー葉粉砕末ブルーベリー葉粉砕末

ブルーベリー茎エキスブルーベリー茎エキス










  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対しては、海外ではワクチンの承認・接種が開始されましたが、日本を含め全世界に行き渡るには数年を要すると言われ、免疫の期間持続も不明です。また、さまざまな治療薬の研究・開発が進められていますが、決定的な有用性の立証には至っていません。
こうした状況の中、私たち一人ひとりにとっては、自身と家族の健康と安全を守る意識と行動がさらに重要になっています。外出の自粛、マスクの着用、手洗い、ソーシャルディスタンスをとるといったことはもちろん、自己免疫力を高めることは感染防止対策に欠かせないことです。

弊社は今後も宮崎大学によるブルーベリー種(くにさと35号)のさらなる有用性研究を支援するとともに、その成分を配合したサプリメントや食品を通じて、新型コロナウイルスに負けない健やかな身体づくりをサポートいたします。

■会社概要
会社名    株式会社GEホールディングス
所在地    愛知県名古屋市中村区名駅 1-1-1  JP タワー名古屋 14 階
設立       2017 年 12 月 1 日
代表       代表取締役社長  荒川  健一

<機能性原料の研究・製造>
会社名     株式会社ビオラボ
所在地     兵庫県神戸市中央区港島南町 7-2-6
設立        2018 年 2 月 1 日
代表        代表取締役社長  荒川  健一

<原料の販売>
会社名     株式会社GEウェルネス
所在地     兵庫県神戸市中央区御幸通 6-1-12  三宮ビル東館 7F
設立        2018 年 2 月 1 日
代表        代表取締役社長  荒川  健一
 
<ブルーベリー茎・葉の栽培管理・販売>
会社名     株式会社なな葉コーポレーション
所在地     宮崎県小林市真方760番地
設立        2011 年 1 月 11 日
代表        代表取締役社長  荒川  健一
 
【本リリースに関する問合わせ】
株式会社GEホールディングス  広報担当
TEL  03-3201-6201      FAX  03-3201-6202
MAIL  press@ge-hd.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GEホールディングス >
  3. 宮崎大学がブルーベリー種(くにさと35号)茎葉抽出成分の新型コロナウイルス不活化効果を発表