在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」とクラウド型電子カルテ「セコムOWEL」がシステム連携

在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」を運営するクロスログ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:宮原智新)は、セコム医療システム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小松 淳)が提供するクラウド型電子カルテ「セコムOWEL」とシステム連携を実現いたしました。
  • 連携の概要
訪問診療を行っている医療機関では、診療スケジュールの作成や診療の合間の移動時間が課題になっています。クラウド型電子カルテ「セコムOWEL」と在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」とのシステム連携により、診療スケジュール管理の簡素化や診療スケジュール作成の効率化が実現できます。

セコムOWELにて登録された患者の新規・変更が、今回の連携でCrossLogに連携されて反映されます。

 


※本連携にはWindowsPCが必要です。今回開発した「CrossLog連携アプリ」にて連携を実現しています。
※当機能はオプション機能となっております。
 
  •  サービス概要
クラウド型電子カルテ「セコムOWEL」について
在宅クリニック・無床診療所に特化した電子カルテ。
直感的に操作できるシンプルな画面デザインだからどなたでも使いやすい。
契約から稼働までは最短で約1か月。専用サーバーなどは不要のため簡単に導入可能なクラウド型電子カルテです。
■クラウド型電子カルテ「セコムOWEL」サービスサイト
https://medical.secom.co.jp/it/karte/secomowel/

在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」について
CrossLogは、訪問診療サービスを提供するクリニックのスケジュール業務効率化を実現するソフトです。
予定と地図と住所録を1つのシステムで管理し、予定から患者様に渡すカレンダーや、当日の訪問リストなど多数の形式で自動出力され、大幅に業務を短縮できます。
患者規模500名/月のクリニックさまの事例では、看護師さんの業務を約半分まで下げることを実現いたしました。2020年4月の正式リリースから、契約数を伸ばし続けて現在全国で60を超える医療機関様にご活用いただいております。
■在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」サービスサイト
https://crosslog.life
 
  • 会社概要
クロスログ株式会社
「在宅医療を当たり前にする」をミッションとして、在宅医療専用スケジュールソフト CrossLog(クロスログ) の企画・開発・運営・販売をしています。医療従事者の方々を全力でサポートする企業です。
■ 代表取締役社⻑ 宮原 智新
■ 設立 2020年12月
■ 拠点 福岡市博多区博多駅中央街8-27 第16岡部ビル5F
■ URL https://corp.crosslog.life/

<本件に関する問い合わせ先>
クロスログ株式会社:宮原
メール:contact@crosslog.life
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クロスログ株式会社 >
  3. 在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」とクラウド型電子カルテ「セコムOWEL」がシステム連携