AI葬儀ナレーション作成システム「IKIRU」(いきる)の新バージョン登場 簡単操作で葬儀文を自動作成、風習や慣習にもより合わせやすい                     

「フューネラルビジネスフェア2022」でデモンストレーション

株式会社ビアンフェ.(所在地:岡山県岡山市 代表取締役社長:岡野 裕子)は、昨年日本で初めてサービスを開始したAIナレーションシステム「IKIRU」(いきる)をより簡単操作で作成できるようになった、「バージョン3」として販売開始します。2022年6月13日・14日に横浜で開催される「フューネラルビジネスフェア2022」に出展し、デモンストレーションを行います

 

作成したナレーション原案案作成したナレーション原案案

「IKIRU」は、webアプリ上で適切なナレーション原稿を自動で生成するクラウドAIシステムです。冠婚葬祭の司会専業会社のビアンフェ.が人材不足や経費の高騰に悩む葬儀業者の課題を解決するために開発、提供しました。葬儀×DX(デジタルトランスフォーメーション)として注目を集めた当サービスは、現在全国で複数の葬儀業者にご利用いただいています。
このたび、ご利用者からの声をもとに、より多くの葬儀業者にとって司会ナレーション原稿の作成がとても簡単にできるように、機能を大きく向上させて、バージョン3として販売開始します。バージョン3ではより簡単に、故人・ご遺族の宗派・ご意思に合わせやすく、各社の独自性を取り入れやすい機能を兼ねそろえています。
なお、ビアンフェで.は、SDGsの取り組みとして、「命からいのちへ」をテーマに掲げ、「IKIRU」の売り上げの一部を「公益社団法人日本産科婦人科学会」に寄付いたします。

「フューネラルビジネスフェア2022」出展概要https://www.sogo-unicom.co.jp/funeral/fair/
変わりゆく社会のニーズに対応する葬祭サービスとライフエンディングをサポートする、
葬祭事業者および関連事業者のための 総合展示会&シンポジウムです。
開催場所:パシフィコ横浜 展示ホールC・D/アネックスホール(シンポジウム)
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
開催日時:2022年6月13日(月)、14日(火)
ブース: ブース番号 E-11 開催期間中は、常時体験会実施
<ステージプレゼンテーション>
日時:6月13日 ステージ1 11:20~11:50
タイトル:どうして今までなかったの?ナレーション自動作成システムAI

【「IKIRU」とは】

IKIRUイメージIKIRUイメージ

「IKIRU」は、3ステップの質問に答えるだけで AI が適切なナレーション原稿を自動で生成するクラウド AI システムです。葬儀のナレーション原稿は、葬儀者が司会者に依頼することが通例で、作成には経験に基づいた専門的視点と高度な技術が求められます。遺族へのインタビュー時間を含め半日以上の時間を費やします。「IKIRU」を活用するで、故人の思い出やご遺族の想いを言語化した最適なナレーション原稿が作成できます。人材不足や育成を課題とする司会業者や、外注費といった経費を削減したい葬儀業者のためのWebシステムです。


IKIRUバージョン3の主なポイント
1、AIかんたん作成
3つの質問に答え、AIが提案した文章をもとにナレーションを作成します
2、自社データ作成
自社データを登録することにより、既存文を生かしたナレーションを作成します
3、オリジナル作成
変換サポート機能を使い、一からオリジナルのナレーションを作成します
4、家族葬ミニナレーション
家族葬向けのシンプルなミニナレーションを作成します
5、忌み言葉リスト
葬儀などで避けるべき「忌み言葉」および「言葉の言い換え」が確認できます
6、喪主様挨拶文
喪主様挨拶文を作成するサポートをします
7、故人様感謝のお手紙
故人様への感謝のお手紙を作成するサポートをします

開発ストーリー葬儀の司会は、時間をかけて計画的に準備をする結婚式やイベントと異なり、多くは数日と短期間で式当日を迎えるため司会者には大きな負担がかかります。故人を偲ぶナレーション原稿の作成は遺族への心の支援も必要であり、作成はプロの葬儀司会者に任せるのが通例ですが、近年では経験を積んだプロ人材が不足しています。
また、近年は家族葬に代表される、予算を抑えた小規模の葬儀が増えており、原稿作成や司会を外注せずに、自社で行う葬儀業者が増えています。
このような背景から、冠婚葬祭司会派遣のビアンフェ.では、葬儀業者及び司会者の負担を減らし、誰もがプロと同じ水準のナレーションを提供できるように、「IKIRU」の開発・販売に至りました。
システムの開発においては、ビアンフェ.代表の岡野が蓄積した過去25年間に及ぶ約1万件の実例ナレーション原稿を整理し、さらに性別、年代、死因、家族状況、人柄、趣味などを分類しました。このようなデータを用い、人の感情を数値化する方程式を作りだしたことで、インターネットで公開されているサンプルとは一線を画す、故人を偲ぶ式に相応しい、人間味溢れるナレーション原稿の生成が可能になりました。

導入メリット
・ナレーション原稿の内製化が可能になり、外注費の削減につながります
・原稿作成の時間を短縮し、ご遺族様・お客様に寄り添う時間を創出できます
・質の高いナレーションを標準化して提供でき、ご遺族様・お客様にご満⾜いただけます
・⾃社のナレーション原稿を登録して、 社内で共有・⼀元管理できます

システムご利用の流れ

IKIRUバージョン3商品概要

商品名      :ナレーション作成システム AI IKIRU(いきる)
ホームページ   :https://www.ai-ikiru.jp/
販売価格     :初期設定/30,000円(税別)
          月額/10,000円(税別)/ 月 × 利用アカウント数
          オプション/自社ナレーション原稿の登録50件 300,000円~(税別)
提供開始日    :令和4年 6月末(予定)
開発・販売元   :株式会社ビアンフェ.

株式会社ビアンフェ.概要
会社名       :株式会社ビアンフェ.
ホームページ    :https://www.bienfait-mc.com/
所在地       :岡山市北区青江1-16-6-106
電話番号        :086-206-5553(会社)
代表取締役社長:岡野 裕子
主要業務内容  :システム開発事業、冠婚葬祭司会派遣、経営コンサルティング業
設立      :平成20年5月2日
















 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビアンフェ. >
  3. AI葬儀ナレーション作成システム「IKIRU」(いきる)の新バージョン登場 簡単操作で葬儀文を自動作成、風習や慣習にもより合わせやすい