オシャレスポットとして人気急上昇の戸馳島(熊本・宇城)発。戸馳島の絶景を舞台にしたフォトウェディングサービスが、4月15日スタート。

熊本のU-25クリエイティブ集団らで運営

熊本県宇城市三角町戸馳(とばせ)生まれ、戸馳育ちのアボカド・パッションフルーツ農家、中川裕史が運営するTobase Labo(本拠地:熊本県宇城市三角町戸馳)は、4月15日より戸馳島の絶景を舞台にしたフォトウェディングサービスの提供を開始いたします。


【実施の背景・戸馳島とは】
戸馳島は、天草の入り口に位置し「若宮海水浴場」を筆頭に、気軽に南国リゾート気分を味うことのできるスポットです。(アクセスも、熊本市内から車で約1時間)
戸馳島は実はフラワーアイランドとも呼ばれ、胡蝶蘭などの洋蘭の団体シェアでは1位を占めています。しかし、熊本市内の方の戸馳島に対するイメージは、「若宮海水浴場」のイメージがほとんどで、島全体に注目が集まることはあまりありませんでした。


そんな中、島の強みである、「花の美しさ」「自然・海のキレイさ」などを生かした取り組みができないかと思い、本取り組みを開始いたしました。
「なぜ農家がフォトウェディングを?」と思われるかもしれませんが、土地の強みを生かし、成果物(作物・写真)をアウトプットするという点では、実は共通しています。さらに、熊本のU-25世代のクリエイターにも参画いただき、本取り組みが実現いたしました。

【フォトウェディングサービスの詳細】
◎コンセプト 
「旅行気分で結婚式をあげよう」

◎開始日
2021年4月15日 受付開始

◎料金プラン
通常価格 ¥398,000 (リリース記念にて初回5組様限定¥298,000)

◎サイトURL
https://tobasephotowedding.studio.site/

◎メンバー
フォトグラファー
・橋本 大 1995年7月8日生まれ25歳
建築写真からポートレート撮影まで幅広いジャンルの撮影を得意とするフォトグラファー。そのスキルが評価され、熊本だけでなく全国で活躍中。

ヘアスタイリスト
・椿田圭史 1995年10月27日生まれ25歳
熊本市南区で人気のヘアサロンCOMEGHEADの店長。透明感のある上質なカラーリング、ハイトーンに定評があり、スタイリングにおいても受賞多数。

PR
・楠橋明生 1996年1月22日生まれ25歳
都内のPR会社に勤務後、2019年6月に独立しakoを設立。企業や自治体のPR戦略提案・実行に携わる。PR・企画を手がけた記事がwebメディアで100万PVを超えるなど実績多数。

ディレクター
・下田恭平 1995年5月4日生まれ25歳
2019年から、長屋をリノベーションし宿や賃貸として運営。その経験を軸に、宿・シェアオフィス・シェアマンションなど「場づくり」に関する企画設計や集客支援、オペレーション構築を行う。


【Tobase Labo・とばせ農園代表の詳細】


中川裕史 (Tobase Labo・とばせ農園代表)
1996年2月18日生まれ25歳戸馳島出身、在住の若手農家。
高校卒業後、理学療法士を目指すものの、家業が胡蝶蘭農家であり、農業に興味を持ち始める。最先端の農業を学ぶため渡米。日本では馴染みのないアボカド、パッションフルーツに魅了され国内栽培に挑戦することを決意。カリフォルニア州立大学デービス校農業経営短期コースを修了し、帰国。
現在、『安全で美味しい戸馳のアボカド』を、日々の食卓に届けたい!」をコンセプトのもと、40品種のアボカド(ハウス栽培国内シェア2位)、パッションフルーツの栽培や加工品事業を手掛ける。少子高齢化に伴う戸馳島全体を元気にしたいと、Tobase Laboを発足。今回新たな挑戦として、フォトウェディング事業をスタートする運びとなった。

【お問い合わせ先】
Tobase Labo・とばせ農園
中川裕史(TEL:080-2694-5883/Email:tobase.lab@gmail.com)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Tobase Labo. >
  3. オシャレスポットとして人気急上昇の戸馳島(熊本・宇城)発。戸馳島の絶景を舞台にしたフォトウェディングサービスが、4月15日スタート。