エンジンオイルブランドMOTUL 「300V」が誕生50周年!11月より新「300V」販売開始

~1971年の誕生以来50年間進化をし続けてきた「300V」から革新的なオイルが新登場~

フランス・MOTUL(モチュール)社製モーターオイルの日本総輸入販売元である、MOTUL Japan株式会社(代表取締役 リオネル・ダンティアック)は、主力製品であるエンジンオイル『300V』シリーズの新製品を2021年11月より順次発売致します。

また、『300V』シリーズは2021年で誕生50周年を迎えます。

【新「300V」製品サイト】

https://300v.jp/series/

【プロモーション動画】

https://youtu.be/cDuHnoK1zXg

https://youtu.be/C-b7yex01HI

標準小売価格:

7,600円(税抜) 8,360円(税込)/2L

改良されたエステルコアテクノロジーによって更に進化。「300V」シリーズから新製品誕生

【新「300V」製品概要】
「300V」は販売開始から2021年で50周年を迎えたロングセラーシリーズ。50年間進化をし続け、2021年新たな「300V」が登場しました。

新たに登場する300Vオイルは、改良された「ESTERCore®(エステル コア) テクノロジー」によって更に進化を遂げた革新的なオイルです。「ESTERCore®(エステル コア) テクノロジー」は厳選されたエステル添加剤と最高品質の合成基油を配合し現代のエンジンやクルマ、マシンのコンディションに見事に対応する新技術です。これにより非常に優れた走行体験が可能になり、レーサーや一般のドライバーにパワー、耐久性、そして信頼性をもたらし、レーサーやモータースポーツを愛する人だけではなく、一般のドライバーもスムーズな走行を体験できる最適なオイルへと改良されています。

新「300V」は出力重視の「Power」(スプリント系)、出力と耐久を両立させた「Competition」(バランス系)、エンジン保護を重視した「Le Mans」(耐久系)の3つのシリーズに集約され、更なる歴史を刻んでいきます。

【新「300V」改良点】
新「300V」には、以下のような改良が加えられています。

■パフォーマンスの向上:エンジン内部の摩擦抵抗を低減することでエンジン性能の向上を実現しています。この新しいフォーミュレーションにより、エンジンのパワーバンド全体が改善され、パワーとトルクが向上します。

■信頼性の向上:極限のコンディション下においても、最大限の油膜抵抗を実現する高いせん断安定性を提供することにより、高い性能はそのままにエンジンを保護することができます。

■互換性の向上:新「300V」は、最新の要件を満たしています。排気微粒子除去フィルターなどの排気ガス後処理システムにも対応し、特にエタノールなどのバイオ燃料と互換性があり、小型エンジンのLSPIから保護します。

■さらにサステナブルに:新「300V」は、非化石再生可能材料を使用した有機ベースストックを使用しています。これにより環境への影響を抑え、製造プロセス中に発生するCO2排出量を25%削減することに成功しました。
 


【新「300V」ラインアップ】
■POWER:このシリーズは、0W-8から5W-30までの非常に低い粘度グレードで、最大の出力を可能にするエンジンオイルです。低オイル燃料希釈を対象とするエンジンに対応しています。

粘度:0W-8、0W-16、0W-20、0W-30、5W-30

■COMPETITION:このシリーズは、0W-40から15W-50までの中間粘度グレードで、エンジン出力の向上と信頼性の確保を高次元でバランスさせたエンジンオイルです。中程度のオイル燃料希釈を対象とするエンジンに対応しています。

粘度:0W-40、5W-40、 5W-50、 10W-40、15W-50

■LE MANS:新世代の「MOTUL 300V LE MANS」シリーズは、最大限のエンジン信頼性を確保したオイルです。粘度は10W-60および20W-60を展開しています。耐久レースやドリフトなどの過酷なコンディション下で行われるモータースポーツに最適です。その独自の特徴に加え、有名な「ル・マン24時間レース」の名前が使うことができる世界で唯一のエンジンオイルです。

粘度:10W-60、20W-60


【「300V」50年の歴史】
1971年に世界で初めてエステル技術を活用したエンジンオイルとして発売されて以降、最新の技術革新をいち早く製品に反映し、数々のレースにおいて最高パフォーマンスと信頼性を実現してきたレーシングオイル300V。50年以上の歴史の中で、300Vシリーズは、業界が誇る最高のオイルとして愛され続けてきました。


【MOTULについて】
MOTULはフランスに本社を置く世界的な潤滑油メーカーで、自転車、自動車、その他の車両向けのハイテクエンジンオイルや業界向けの潤滑油「Motul Tech」の製造・販売をしています。MOTULは、「8100」、「H-tech」、「RBF」シリーズ、「ATF」、「CVTF」や「DCTF」などといった、クルマに日常的に使用できるさまざまなオイル製品を展開しています。これらのオイル製品はクルマのあらゆるパーツのコンディションを新品同様にキープし、走行性能と信頼性を最大限に高めます。

製品の品質、革新的な能力、競争分野への関与においてMOTULは、160年以上にわたって高い評価を得ており、合成潤滑油のスペシャリストとしても広く知られています。MOTULは航空業界の技術を利用し、1971年に世界で初めてエステル技術を活用した自動車用100%化学合成オイル、MOTUL 300Vを発売しました。そして2021年、この製品は販売開始から50周年を迎えました。

MOTULは多くのメーカーやレーシングチームのパートナーであり、モータースポーツの技術発展に貢献しています。これまでに、ロードレース、トライアルレース、エンデューロレース、耐久レース、スーパーバイクレース、スーパークロス、ラリークロス、GT1、ル・マン24時間レース(車とオートバイ)、スパ24時間、ル・マンシリーズ、アンドロス・トロフィー、パリ・ダカールラリー、鈴鹿8時間耐久ロードレース、ボルドール24時間耐久ロードレース、デイトナ200マイル バイクレースなどの国際大会において、さまざまなチームの公式サプライヤーを務めています。


■会社概要

社名:MOTUL Japan株式会社

URL:https://www.motul.com/jp/ja

所在地:[本社]東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー9F

代表者:代表取締役 リオネル・ダンティアック

業務:フランスMOTUL(モチュール)オイル総輸入販売元

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MOTUL Japan株式会社 >
  3. エンジンオイルブランドMOTUL 「300V」が誕生50周年!11月より新「300V」販売開始