LONGi、HJT太陽電池の効率で再び世界新記録を達成

LONGi(ロンジ、本社:中国西安市)は、シリコンヘテロ接合技術(HJT)太陽電池の変換効率の世界新記録、26.50%を達成しました。

この新記録は、ドイツ・ハーメルンの太陽エネルギー研究所(ISFH)が実施した試験で検証されたもので、M6(274.4㎠)規格のフルサイズ単結晶シリコンウェハで達成し、大型単結晶シリコン太陽電池の効率に新たな突破口を開くものとなりました。

 

世界有数の太陽光発電テクノロジー企業であるLONGiは、一貫した技術革新により、太陽電池セル変換効率を継続的に更新し、2021年10月にはHJTセル変換効率の世界記録を1週間に2度も更新しました(25.82%、26.30%)。同社は今後も太陽光発電業界をリードし続け、その技術革新スピードと高効率太陽光発電製品で、世界のエネルギー転換に貢献し続けてまいります。


【ロンジ・グループ(LONGi Green Energy Technology Co., Ltd.)について】
2000年設立のLONGiは、世界有数の太陽光発電テクノロジー企業として、エネルギー転換のシナリオを自ら描き、顧客視点の価値創造に注力することを使命としています。
「太陽エネルギーを利用してグリーンエネルギーの世界を創る」という使命と「堅実で信頼できる技術リーダーシップ」というブランド哲学のもと、LONGiは技術革新に専念し、単結晶シリコンウェハ、セル・モジュール、商業・産業用分散型太陽光発電ソリューション、グリーン電力ソリューション、水素設備という5つの事業分野を構築しています。同社はグリーン電力を提供する能力を磨き、最近ではグリーン水素の製品及びソリューションも加え世界のゼロ・カーボン化を支援しています。 www.longi.com/en
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロンジ >
  3. LONGi、HJT太陽電池の効率で再び世界新記録を達成