日本の飲食業界を救う!中国市場に「ゼロ投資」で進出できる「GENU」と生クリーム専門店「ミルク」がコラボ。深センから中国全土に拡大へ。

インシンク株式会社は、成長する中国飲食市場に、日本の飲食ブランドを「ゼロ投資」で流通させるサービス「GENU」と、株式会社オペレーションファクトリーが東京や大阪などで展開する生クリーム専門店「ミルク」がコラボし、販売代理契約を結んだことを発表します。併せて「ミルク」初となる中国でのコンセプトショップを深セン市にオープン。全土への展開を目指します。

「GENU」は、日本のレシピに基づき現地で生産した本物の日本食を、海外の消費者に直接提供する全く新しいフード流通テクノロジーです。「GENU」は商品特性に合わせ、エクスクルーシブなブランドを扱う「PRESTIGIOUS」、日本でも大人気なメニューを扱う「POPULAR」の2つのカテゴリを用意。「ミルク」は「POPULAR」初のラインナップです。


「ミルク」は産地、ブレンド、製法にこだわり抜いて作ったオリジナル生クリームを主役に“どうしたら生クリームの美味しさを楽しめるか?”を追求したメニューを提案しています。コンセプトショップやデリバリーでの販売を通じ、本物の日本食を待ち望む中国のお客様に、こだわりのメニューと楽しい食体験を提供します。


▶GENUのサービスページはこちら
https://ins-jpn.com/service/overview

▶生クリーム専門店「ミルク」のHPはこちら
https://milk-craftcream.com/

▶株式会社オペレーションファクトリーのHPはこちら
http://www.opefac.com/
 
  • 日本の優れた飲食ブランドを、拡大を続ける中国飲食市場に進出させる「GENU」

「GENU」は、拡大を続ける中国飲食市場に、日本の飲食ブランドを「ゼロ投資」で流通させるサービスです。

「GENU」では、日本の飲食ブランドが磨き上げた価値あるレシピを、料理の素材やパーツごとに分解し、中国の工場で半加工品を製造。その半加工品を既存の中国の加盟飲食店が仕入れて最終調理し、現地の既存のデリバリースキームに乗せて消費者のもとに配達します。

既存の設備や技術で提供可能な業務範囲を、半加工品の製造を行う工場、最終調理を行う飲食店、デリバリー事業者のそれぞれがカバーし合う画期的な運用スキームを実現しました。


このスキームにより、日本の飲食ブランドは海外で出店せずとも、コストとリスクをほぼゼロに抑えて世界市場に進出することが可能です。

8月2日にリリースした本サービスは、「アジアのベストレストラン50」で2020年のベストパティシエに選ばれた庄司夏子シェフが監修する「natsuko.ete」のチーズケーキを発売し、大きな反響を呼んでいます。
 
  • カジュアルにもラグジュアリーにも対応。日本食を愛する中国の消費者を満足させる「GENU」の2つのブランドカテゴリ

中国のデリバリー市場では、毎日平均300億円の取引が行われており、2019年の総取引額は11兆円にも登っています。市場は拡大を続けており、若者の食生活が多様化する中で、20代を中心に海外の料理やスイーツ類などが好まれるようになっています。
特に、旅行先としても人気の日本の食は、その質の高さから高い評価を受けており、多くの若者が新鮮な刺激とともに、こだわりぬいた本物の美食を求めています。

「GENU」では、こうした中国の若者のニーズに応えるために、商品の特長に合わせて、カジュアルなメニューを扱う【POPULAR】と、ラグジュアリーブランドを扱う【PRESTIGIOUS(プレスティージャス)】の2つのカテゴリを用意。今回、新たに加わる生クリーム専門店「ミルク」は【POPULAR】初のラインナップになります。

 

  • 生クリーム専門店「ミルク」が、8月23日中国深セン南山区にコンセプトショップのオープンとともにデリバリー販売を開始

「ミルク」は、渋谷や難波などで展開する日本初の生クリーム専門店です。「ミルク」は「GENU」での通常のデリバリー販売に加え、8月23日から10月22日までの2カ月間、深セン市南山区にコンセプトショップをオープンします。
 

深センのショッピングモールにオープン予定のコンセプトショップ外観


ショッピングモール「大冲商务中心」内に設置されたコンセプトショップでは、ブレンドや製法にこだわり抜いた「ミルク」のオリジナル生クリームシェイクが楽しめるだけでなく、店舗内のお洒落なポップアップスペースで、動画や写真を撮ってSNSにアップすることもできます。
 
  • 1000万人以上に愛されてきた、生クリームが主役のスイーツを提供する、日本初の専門店「ミルク」

「ミルク」は、日本初の生クリーム専門店として、東京や大阪などで、これまで1000万人以上にメニューを販売してきました。産地、ブレンド、製法にこだわり抜いて作ったオリジナル生クリームを主役に、“どうしたら生クリームの美味しさを楽しめるか?”を追い求めたメニューを提案し続けております。
 


2021年5月からはローソンのスイーツブランド「Uchi Café」ともコラボしており、クリームを堪能するスイーツとベーカリー4品を展開し、話題を呼びました。今回「GENU」と連携することにより、「ミルク」は新たに、中国のお客様の手にも届けられます。

生クリーム専門店「ミルク」を運営するのは、1998年の創業以来、レストラン、カフェ、食物販などの多業態展 開、飲食店プロデュース、コンサルティングなどを行う、株式会社オペレーションファクトリーです。
 
  • 「ミルク」ポップアップストアの概要

・所在地:大冲商务中心
深圳市南山区粤海街道大冲社区深南大道9680号大冲商务中心(二期)1栋1号楼206

・営業時間:10:00 - 20:00
 
  • インシンク株式会社代表取締役社長 山本優のコメント
 



オペレーションファクトリー社様の「ミルク」は、日本初生クリーム専門店として“飲む生クリーム”という新たな概念を生み出しました。それまでお菓子の名脇役だった生クリームが、立派な主役へと大変身。この力強い創造性こそ中国市場が求めるプロダクトだと思ったのは2019年夏でした。

本プロジェクトは、オペレーションファクトリー社様のディレクター陣営協力のもと、2020年4月から何度も試行錯誤を重ね進めてきました。いよいよ8月23日に販売開始する事ができる事を嬉しく思っています。コロナ禍で諸外国からの訪日が出来ない状況ですがファンは世界中にいます。ミルクファンの方々へ本商品を一日も早く届け喜んで欲しく思っています。
 
  • インシンク株式会社開発担当者 田中聖大のコメント

オペレーションファクトリー様がこだわり抜いた美味しさを中国の材料で再現するのは非常に難しく、今回もまた何度も試作を繰り返しました。その商品が、ようやく中国のお客様に楽しんでいただけるところまで来れたことを嬉しく思います。
 
  • インシンク株式会社とは

https://www.ins-jpn.com/

 インシンクは『Here I stand, INSYNC』をスローガンに掲げ、個々の良い部分にのみフォーカスし、お互いが支えたり協力したりするブランドビジネスの新たなしくみによって日本初の価値ある「ブランド」を世界の市場に届けて、大きく育てる事業を展開しています。

 ブランドオーナー、現地での製造者、販売者、関わる全ての人で利益を分かち合う「協業共栄」のしくみで、これまでの「誰かの独り勝ち」というビジネスの常識を覆し、価値を生み、育てるすべての人が評価され、利益を享受し、価値の継承・創出に挑戦できる、真に豊かな世界を創ります。
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インシンク株式会社 >
  3. 日本の飲食業界を救う!中国市場に「ゼロ投資」で進出できる「GENU」と生クリーム専門店「ミルク」がコラボ。深センから中国全土に拡大へ。