イスラエル発サイバーセキュリティSaaS提供のAironWorksが約9,000万円のシードラウンド資金調達を実施

イスラエル国防軍 Unit 8200出身エンジニアが開発する企業向け標的型攻撃シミュレーション・訓練プラットフォーム提供のAironWorksがAIによる分析機能強化と日本市場での展開を加速

AironWorks株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:寺田 彼日、以下「AironWorks」) は、ALL STAR SAAS FUNDをリード投資家とし、日本ベンチャーキャピタル、京都エンジェルファンドを引受先とした第三者割当増資により約9,000万円の資金調達を実施しました。

  • 資金調達の目的と今後のビジョン
AironWorksは、企業が抱える深刻なサイバーリスクを低減し、事業成長の土台となる強固で堅牢なサイバーセキュリティ文化の醸成を実現するSaaSを開発、提供しております。今回の資金調達は、AironWorksの特徴である企業分析により高度に最適化された標的型攻撃を生成、実行するAIの開発強化と日本市場でのデファクトスタンダードとなることを目指して事業成長を加速させることを目的としています。
イスラエルで開発した先進的な技術をコアに、日本から世界市場を目指して、よりよい社会の創出、働く人々・チームをエンパワーメントすること ("Enhancing Teams with AI") を企業ミッションに邁進して参ります。 
 
  • AironWorksサービスについて

AironWorksはイスラエル国防軍 Unit 8200出身エンジニアが開発した先端テクノロジーを用いた「企業向け標的型攻撃シミュレーション・訓練プラットフォーム」です。従来の標的型メール訓練ではカバーできないSNS (Facebook、Twitter、LinkedIn) やSMS攻撃など、多様なベクトルからの攻撃に対する訓練が可能になります。また、標的に応じて個別最適化された今日のサイバー攻撃に対抗するべく、継続的でより実践的な訓練を行えるシステムになっています。
さらに、イスラエル国防軍の教育メソッド+ゲーミフィケーションを活用した「オリジナル教育プログラム」を実装して高い教育効果を実現します。
 
  • 本ラウンド参画投資家のコメント

ALL STAR SAAS FUND PTE. LTD. マネージングパートナー
前田 ヒロ氏

「企業によるソーシャルネットワークの活用や、企業情報データベースの提供サービスなどが増加したことにより、企業情報や企業に務める個人の情報を取得することが以前よりも容易になっています。これらは事業の発展を加速させる重要なツールとなっている一方、情報を悪質に利用したフィッシングリスクが発生し、被害総額が年々増加傾向にあるという問題も浮き彫りになっています。今後より一層社会全体がDXに向かっていく今こそ、私たちはサイバーセキュリティーに対する意識を向上させなくてはいけません。AironWorksは、需要がますます高まっていくことが予想されるこのサイバーセキュリティ分野のプロフェッショナル集団です。イスラエル Unit 8200出身の優秀なエンジニアが集まり、最先端の技術とノウハウを活かしたソリューションを提供する極めてユニーク且つ優れたスタートアップと言えるでしょう。強固な技術力だけでなく、グローバルな視点を持つ経営陣に魅力を感じ、出資をさせていただきました。AironWorksのビジョン実現に向けて共に走り続けていきたいと思います。」


京都エンジェルファンド株式会社 代表取締役社⻑、京都⼤学⼤学院特任准教授
⼭本 康正氏

「スマートフォンだけでなく、スマートファクトリー、スマートシティなど多くの機器がインターネットとの接続が進む急速なデジタル化の中で、サイバーセキュリティの重要性もまた高まっています。かつてのVPNなどの旧来型のセキュリティ対策では限界があり、新しいアプローチのセキュリティが必要とされており、京都で学びイスラエルで起業した寺田氏によるAironWorksのソリューションがグローバルマーケットで受け入れられ世界を変えることを期待しています。」

日本ベンチャーキャピタル株式会社 キャピタリスト
劉 宇陽氏

「DXとテレワークの浸透によって、世界規模でセキュリティ分野の問題は大きくなっています。当社はグローバルスタンダードのセキュリティ対策のノウハウと世界水準のトレーニングを用意し、大きく成長することを期待し、投資しました。創業チームも素晴らしいメンバーであり、今後のサポート支援も大変楽しみにしています。」
 

 

  • AironWorks経営陣紹介

寺田 彼日 Co-Founder and CEO
京都大学大学院在学中にSloganの京都支社起ち上げに従事、トルコKoç Universityへの研究者派遣留学を経て、Benesse Corporationに入社しデジタルマーケティングと新規事業を担当。2014年日本人として初のVC Backed イスラエル本社StartupとしてAniwoを創業。現地でイノベーション創出に特化したプラットフォーム開発・運営に取り組み多数の投資・連携事例を創出。2020年よりサイバーセキュリティに特化した事業を開始し、2021年にAironWorksを創業。

Gonen Krak, Co-Founder and CTO
イスラエル国防軍のエリートインテリジェンス部隊 Unit 8200にてCybersecurity実務に取り組み複数の重要プロジェクトのマネジメント、若手ハッカーの育成にも従事。大学在学中に独自アプリ開発、フルスタックエンジニアとしてのスキルも有する。AironWorksではコアとなる技術開発、アルゴリズム設計、AIの開発責任者も兼任している。
Tel Aviv University (BSc, MSc) 
 

  • AironWorks株式会社について

AironWorksは "Enhancing Teams with AI" を企業ミッションに、イスラエル国防軍 Unit 8200出身エンジニアが開発する最先端技術を駆使したサイバーセキュリティソリューションを提供しています。


・会社名:AironWorks株式会社
・代表者:寺田 彼日 (てらだ あに)
・所在地:東京都港区虎ノ門4-3-1
・創 業:2021年8月
・事 業:サイバーセキュリティサービスの企画、設計、開発、構築、管理、保守、運営、販売、教育及びコンサルティング
・URL: https://www.aironworks.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AironWorks >
  3. イスラエル発サイバーセキュリティSaaS提供のAironWorksが約9,000万円のシードラウンド資金調達を実施