- キョウデン EMS狩野川工場を2.5倍へ拡張 -

株式会社キョウデン(本社:長野 代表取締役社長:森 清隆)は、中期経営計画に掲げているEMS事業の成長拡大に向けて、旗艦工場であるキョウデンプレシジョン狩野川工場拡張工事を着手致しました。

 

2020年10月に新設した狩野川工場製造エリアは産業機器/社会インフラ機器等の需要が旺盛な中、既に手狭であり、製造稼働エリアを現在の約2.5倍の9,430㎡に拡張致します。

1Fは大型装置を含む「装置EMSエリア」、2Fは家庭用ロボットの組立/保守等を行う「ロボットセンター」
3Fは産業機器/社会インフラ機器を主とした「EMS全般」を取り扱う予定です。
また、将来的には宅配や測量市場などで成長が見込まれる商業ドローン機器の開発/組み立て/サービスの事業化も視野に入れています。

産業機器/社会インフラ機器の主たる生産品目
1)ウエハー検査装置/チップ部品検査装置等の半導体製造装置分野
2)セキュリティー分野
 監視カメラ/顔認証システム
3)空中ディスプレイ
 タッチディスプレイからの換装(KIOSK端末 国内800万台の潜在需要)
4)試験装置
 EV車向けのバッテリーの充放電化に伴う回生式充放電試験装置

なお工場稼働開始は2022年11月1日を予定しておりますが、いずれも受注が確定しており、早期稼働が求められています。お客様のニーズにお応えできるよう、またEMS事業計画である2024年3月期125億円/2026年3月期200億円の達成に向けて邁進して参ります。

【工場稼働時期】 2022年11月1日
【工 場 所 在 地】 〒410-2318 静岡県伊豆の国市白山堂302-1
 


■株式会社キョウデンウェブサイト
https://www.kyoden.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
問合せ先 株式会社 キョウデン 総合企画室
広報部 info@kyoden.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キョウデン >
  3. - キョウデン EMS狩野川工場を2.5倍へ拡張 -