名古屋大学の学生による教育スタートアップ「エドギフト」と「小学館集英社プロダクション」が教育プログラムをコラボ開催決定

株式会社エドギフト(千葉県柏市)が開発した知育玩具「プログラミング立体パズル・テグミー」を使い、小学館集英社プロダクション(東京都千代田区)が運営するアフタースクール施設にて新しい教育プログラムを実施いたします。

テグミーは溝が入った平面パーツを組み合わせることで立体作品を創り出す知育・教育おもちゃ。今回はテグミーで作品を作るだけでなく、子どもたちが商品化するにあたり最適なパーツを検討、起案し、それを実際に製品にして届けます。このプログラムを通して、枠にとらわれずに発想して試行錯誤を楽しみ、創造する力を育みます。

 
  • コラボ開催決定
株式会社エドギフトは、「創る人を育む」をミッションに、知育玩具「プログラミング立体パズル・テグミー」を開発しました。今回のコラボ開催では、小学館集英社プロダクションが運営するアフタースクール施設の必ずしも正解が一つでないテーマを探求する本物にこだわった体験型プログラム「Quest(クエスト)プログラム」にて、子どもたちは実際にテグミーで遊び、新パーツ起案までを行います。

 
  • テグミーとは
溝(スリット)の入ったパーツを組み合わせることで、自由自在に創造する組み立ておもちゃ。挿し込む向きや角度を試行錯誤して、家や乗り物、生き物まで創り出すことができます。


 

  • テグミーの設計ポイント
◆溝(スリット)を活用した設計​から生まれる制約​
平面のパーツに溝が入った設計だから制約が生まれます。遊び方はパーツの溝(スリット)を挿し込むだけなのに、やってみると上手くいきません。ただ自由に作れるだけじゃなく、試行錯誤をしながら、パーツの向きや角度を頭の中でイメージして、組み立てていくことが必要となります。この制約がテグミー(TEGUMII)のロジカルさと、大人でも楽しめる奥深さを生み出しています。

 

◆自由を無くさない5種類のパーツの役割と互換性
テグミーはシンプルな5種類のパーツから構成されます。それぞれのパーツには多くの役割があり、1つのパーツだけでも平面を伸ばしたり、角度をつけたりできます。さらには互換性があるため、アイデア次第で無限大の創造を楽しめます。

 

以下のURLからさらに多くの作品の組み立て動画を公開しています。

https://www.youtube.com/playlist?list=PL6tqvPLg_rMaw2BfNuEK1ns-eEv0TUX3W

 

 

  • プログラムについて
テーマ:TEGUMII(テグミー)オリジナルパーツを開発せよ!
概要:テグミーの構造を理解して、オリジナルのパーツの開発協力・設計・制作までを行う1ヶ月のプログラム【初回:6月6日(月)】
狙い:このプログラムを通して、既存の設計・構造を理解し、新しく発想し、試行錯誤して創造する力を育みます。

本プログラムは小学館集英社プロダクションが運営するアフタースクール施設のQuest(クエスト)プログラムで行われます。Quest(クエスト)プログラムは“本物”にこだわった体験型プログラムを通じて、個々の目線で、必ずしも正解が一つでないテーマを探求!身の回りの物事への見方を進化(深化)させることを目指します。

Quest(クエスト)プログラムについて:https://www.shopro.co.jp/pokemon-edu/program/

 
  • 小学館集英社プロダクションの担当者様からのコメント
『1月下旬にオンラインで代表の村松さん、越川さんと会話したのが初めての出会いでした。今でも忘れられないのが、「子どもの体験価値」を何より大切にしているところで両社がすぐに意気投合したことです。「みんなでつくるのって楽しいよね」というご自身の原体験を生き生きとお話しされていた姿は今でも鮮明に目に焼き付いています!この度は、まずは一歩目の取り組みとして、当社が運営する小学生向けの施設におけるプログラムの共同開発で、具体的にカタチにできることをとても嬉しく思います。子どもたちが時に真剣に、時にとびっきりの笑顔で臨んでくれることを心から楽しみにしております!』

 
  • 株式会社エドギフトについて
【企業情報】
所在地:千葉県柏市旭町2丁目9番9号
代表者:代表取締役 越川 光・村松 美穂
設立日:2021年8月30日
事業内容:
・知育玩具「テグミー(TEGUMII)」の開発及び販売
・教育イベントの企画及び運営
公式サイト:https://edgift.co.jp
テグミーホームページ:https://tegumii.com

連絡先:info@edgift.co.jp
※コラボ・取材・業務提携等は上記までご連絡お待ちしております。


©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エドギフト >
  3. 名古屋大学の学生による教育スタートアップ「エドギフト」と「小学館集英社プロダクション」が教育プログラムをコラボ開催決定