【ラピルスDX】ペーパレスツール独自開発の「株式会社ライカシャトル」 ファンディーノによる調達を開始

手書きの紙の帳票を“そのままデジタル化”し 業務工程の記録&分析【ラピルスDX】

ITコンサルティング企業「株式会社ライカシャトル (愛知県 代表取締役:宗像 良)」は、営業戦略拡大のため
株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2022年6月3日(金)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。 *弊社はエンジェル税制適用確認企業です。
【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/365
  • これが企業全体のDX化を進める鍵になる!
手書きの紙の帳票を“そのままデジタル化”  業務の効率化を可能にする【ラピルスDX】を開発

大手から中小企業まで様々な業種を対象に、データ取得から分析・活用までを提案し、業務プロセスの改善やデジタル・DX化の支援を得意とするITコンサルティング企業「株式会社ライカシャトル (愛知県 代表取締役:宗像 良)」は、シードラウンドとして2021年5~7月に2000万円、また2022年2~4月に3000万円を調達いたしました。

そしてこの度、新たなる営業戦略拡大の為、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2022年6月3日(金)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。 *弊社はエンジェル税制適用確認企業です。
【 ファンディーノ 当社プロジェクトページ 】
https://fundinno.com/projects/365
 
  • 弊社紹介と新サービス「ラピルスDX」に関して
~ 誰一人取り残さない。日本企業のDX化を救うサービスの提供をする! ~

株式会社ライカシャトル (LIKASHUTTLE)は、DX化を支援するITコンサルタント企業です。
社名は「LIKE A SHUTTLE」に由来しており、1700年代の英国で織機の横糸を通す器具である「飛び杼(ひ)=Shuttle」の発明が産業革命の先駆けとなり、世界中で工業技術とそれに伴う歴史的な社会構造の変革をもたらしたことから「Shuttleの如く、次代を拓く産業革命を!」という想いの元、未曽有の可能性を擁するAI×BIG DATAをツールに、業務改善の最前線・最深部にデジタルを活用しながらお客様のデジタル化・DX化のサポートをしております。

弊社は創業時より、業務プロセスの改善に必要な「データ」がそもそも企業内にあまり蓄積されておらずDXを阻んでいることを問題視しておりました。企業様が必要な日々の業務ログデータを自動的に取得し、ビッグデータとして蓄積すると同時に、自社の今をリアルタイムで視覚化。すばやく改善ポイントを発見し、プロセスを変化させることができる「プロセスマイニング」という手法で、企業様のビジネスの改善箇所の発見をしつつ、データを活用し自社の現状を正しく把握するお手伝いをしてまいりました。

そしてこの度、普段使用している紙の帳票をそのままデータ化しクラウドによる管理を実現することで、デジタルが苦手な方に抵抗感なくビジネスのペーパーレス化を実現、直接的な操作で導入も簡単な「ラピルスDX」を独自開発いたしました。この「ラピルスDX」では、現場スタッフでも簡単に操作できるUI/UX(操作性・使いやすさ)を重視しており、職種や業種に関係なく今まで紙だった業務を効率化、データとして保存しつつ汎用性の高い使い方が出来る設計となっております。

この「ラピルスDX」には、以下のような強みがあります。
  1. 紙の帳票をそのままPDF化し、ユーザーが好みの箇所に自由に入力項目を設定できるため、幅広い業種及び業務で無理なく「ペーパーレス化」を実現できます。
  2. IT機器の操作に不慣れな方も想定し、ペンで書く・音声で入力するといったような誰でも簡単に操作できる設計にいたしました。記入後のデータ保存形式もPDF・CSVと、汎用性が高く使い勝手の良いデータ形式で保管・管理ができます。
  3. 「ラピルスDX」で収集した業務ログデータは、AIによる業務分析のための貴重なデータとなり、AIデータプラットフォームと高いシナジー効果が期待でき、DX促進のためご利用いただけます。

ペーパーレス化で約60%工数削減ペーパーレス化で約60%工数削減

上記の特性により、世界中の投資家から高い注目を集めている数々のデータ分析AIプラットフォーマーとの協業も進んでいます。PDFデータを基本とした設計であるため、多くのベンダー様の既存システムとの接続も容易で、製造業・医療業界・金融機関・不動産会社・介護福祉・食品業界など、業種を問わず紙をビジネスで使用されている様々な企業様に、手書きでの現場作業は変えず、データ作成取得から保存・分析および活用まで、DX化の第一歩となる様な一貫したサービスを提供しております。

あらゆる業種や世界であらゆる業種や世界で


【 当社紹介動画 (テレビ出演時) 】

 

  • ファンディーノによるクラウドファンディング実施目的について
現在、大手企業が多数利用しても対応できる社内体制を構築しつつ、中小企業様へのサービス販促活動を展開中です。既に協業パートナー様によるご紹介の輪が広がっており、更なる営業戦略および今後の国内展開と弊社サポート体制の充実化を図るため、この度2022年5月26日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたしました。

弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2022年6月3日~2022年6月7日、上限とする募集額は 7800万円(1口 15万円)です。
今回の調達により、営業活動の更なる強化、及びパートナー企業様との連携強化により、更に多くの方に「DX化の第一歩」をご提供してまいります。そして今後は、世界にも販路を拡大し、ペーパーレス化から企業のデジタル化に貢献することを目指す企業として成長いたします。

 

取締役近影取締役近影


■会社概要
会社名 株式会社ライカシャトル
代表者 宗像 良(むなかた りょう)
設立 2017年4月
事業内容 DXによるコンサルティング、データ分析業務、各種システム開発運用業務
本社  愛知県名古屋市東区葵三丁目23番3号 第14オーシャンビル4階
東京 東京都渋谷区恵比寿一丁目19番19号 10階
弊社URL https://likashuttle.co.jp/
ラピルスURL https://lapyrus.cloud/ 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ライカシャトル >
  3. 【ラピルスDX】ペーパレスツール独自開発の「株式会社ライカシャトル」 ファンディーノによる調達を開始