「KUJUKURI OCEAN RICE ALE」千葉県産のお米を副原料に使用したビールが Rice Beer部門 世界一に!

ビールの世界的コンペティション「World Beer Awards 2022」Rice Beer部門にて「World`s Best Rice Beer」を受賞

合資会社 寒菊銘醸(本社:千葉県山武市、代表社員:佐瀬建一)が製造販売する、千葉県産のコシヒカリを副原料に使用した「KUJUKURI OCEAN RICE ALE」が、「World Beer Awards 2022」の「ワールドベスト・スタイル Rice Beer部門」に於いて「World`s Best Rice Beer」を受賞いたしました。

※ World‘s Beer Awards 公式サイトより引用   httpswww.worldbeerawards.com※ World‘s Beer Awards 公式サイトより引用   httpswww.worldbeerawards.com

「World Beer Awards 2022」は、イギリスのビール専門誌 パラグラフ社が主催し、年に一回開催されるビールの世界的コンペティションです。審査は「Taste」分野と「Design」分野で行われます。「Taste」分野の審査はすべてブラインドテイスティングで行われます。まず10個のカテゴリーに設けられたスタイルごとに、第一次審査と第二次審査が行われ、最終審査でカテゴリー別の世界一が決定します。

「World Beer Awards 2022」へのエントリー数は50ヵ国から3200銘柄。日本からのエントリー数は82銘柄となっております。そのうち「ワールドベスト・スタイル」を手にしたのは、日本では弊社含め、5銘柄のみとなり、Rice Beer部門では日本で唯一の受賞となります。
・『OCEAN 「ライスエール」』寒菊銘醸/千葉県
・『レッドエール』いわて蔵ビール/岩手県
・『デイドリーム』スプリングバレー/東京都
・『マーズ』うちゅうブルーイング/山梨県
・『那須ロイヤルスタウト』那須高原ビール/栃木県

 

  • 千葉県九十九里の地から「太平洋海岸ならでは」のビールブランドを目指す!地域密着企業として、千葉県産米を活用した商品開発に取り組み、品質向上を目的としたリブランディングを経てビールの世界的コンペディションで受賞。
1883年創業の酒蔵「合資会社 寒菊銘醸」がビール事業を手がけた1997年は、ビール製造免許の規制緩和に伴い、日本各地にビール製造所が出来た、いわゆる「地ビールブーム」真只中でした。この年以降、品質向上 及び 地域密着企業として、千葉県産米を副原料に使用した「RICE ALE」「IPA」など、あらゆる商品開発に取り組んできました。

しかし、2020年からの新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を受け、ビールの製造販売量・売上が半減。緊急事態宣言による外出自粛など活動が制限される中、「飲み手の皆様と歩み続けていくにはどのようにすべきか」社員全員で自分達の出来ることを真剣に考え「私たち作り手もドキドキ・ワクワクするビールを作りたい」「大切な人や仲間と楽しい時間を作りたい」という想いに辿り着きました。

(写真左)代表社員 佐瀬 建一 /(写真右)ビール事業部  ヘッドブルワー 風間 貴仁(写真左)代表社員 佐瀬 建一 /(写真右)ビール事業部 ヘッドブルワー 風間 貴仁

そして、「九十九里の地から、太平洋海岸ならではのビールブランドを目指す」ことを決意し、全ての生産工程を一から見直し、更なる品質向上を目的とした大幅なリブランディングしていくことを決定。

2022年4月新ブランド「KANKIKU BREWERY」が誕生しました。
このビールは千葉県産のコシヒカリを副原料として使っていることから、「World Beer Awards 2022」「ワールドベスト・スタイル Rice Beer部門」に出品しました。この地域ならではの商品で名誉ある賞を受賞できたことは、大きな喜びとなりました。これに満足せず、これからも総合的に品質の高いビールを目指して製造に邁進いたします。
  • ​千葉県産コシヒカリを使用したフルーティですっきりとした味わいのエール​「KUJUKURI OCEAN RICE ALE」
2022年4月の「KANKIKU BREWERY」のリブランディングと同時に、セゾンスタイルにスタイルチェンジをしました。セゾンというビアスタイルは昔ベルギーの農民が農作業の休憩中に喉潤しのために飲んだといわれるビールが起源になっています。
日本の農家の中心作物であるお米を使っていることから、まさしくジャパニーズファームハウスエールと言える製品です。
「KUJUKURI OCEAN RICE ALE」は千葉県産のコシヒカリを使用することで、ボディに軽さを与えすっきりとした飲み心地、かつまろやかな口あたりを実現しています。
セゾンの特徴として独自の酵母が作り出す、フルーティでスパイシーな香りがあります。オレンジやレモンといった柑橘系や青りんごの様なフルーティな香り、またスパイスのような複雑な香りが感じられます。
お米を使用することでさっぱりした飲み心地に加え、4%の低アルコールとなっておりますので、リフレッシュにぴったりなビールに仕上がっております。
しっかりと冷やして爽快な飲み心地をお楽しみください。
 
■ 商品概要
商品名:「KUJUKURI OCEAN RICE ALE 」
スタイル:クラシックセゾン
原材料:麦芽(外国製造)、米(国産)、ホップ
ホップ:HNB、ザーツ、他
内容量:330ml
アルコール度数:4%
販売価格:OPEN価格
販売場所:全国酒販店詳細:https://kujukuri-ocean.com
  • 合資会社 寒菊銘醸について
当社は、明治16年に創業以来日本酒・ビール製造販売しています。
130年にわたり多くの方々に支えられ、「飲む方々の『心を満たす』酒つくり」を掲げこれまでに日本酒20種以上、ビール・発泡酒30種以上を研究開発してきました。

日々お客様、取引先様のお声に耳を傾け感謝の気持ちを持ちつつ、お酒の新たな魅力を感じていただけるためのチャレンジを続けて参ります。

 

■ 会社概要
社名:合資会社 寒菊銘醸
本社所在地:千葉県山武市松尾町武野里11
代表社員:佐瀬 建一
事業内容:清酒・ビール製造業
設立:1883年創業
HP:http://www.kankiku.com

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合資会社 寒菊銘醸 >
  3. 「KUJUKURI OCEAN RICE ALE」千葉県産のお米を副原料に使用したビールが Rice Beer部門 世界一に!