有料老人ホーム入居者の50%以上は認知症をお持ちの方

有料老人ホーム73施設の「認知症ケア」アンケート結果報告

高齢者向けの介護施設紹介事業を行う「あいらいふ入居相談室」(株式会社ザップ 東京都品川区)では、2014年5月、主に首都圏の有料老人ホーム73施設を対象に、「認知症ケア」についてのアンケート調査を実施しました。
main image
日本全国の認知症患者が200万人(厚生労働省推計)、高齢者人口の急増とともに2020年には325万人まで増加すると言われる状況の中で、有料老人ホームにおける「認知症ケアの実態」を把握することが目的です。

調査結果によると、各施設の入居時に認知症をお持ちの方の割合は50%以上。また、導入の多い認知症ケアは、「音楽療法」「アートセラピー」「園芸療法」であることがわかりました。

さらに、各施設の管理者は、入居者の認知症の中核症状の表出を抑えるために、家族の「面会」や「理解」を求めていることもわかりました。

アンケート結果の詳細については下記webページをご参照ください。
http://soudan.i-life.net/asset/20140702_release_report.pdf

※本リリースの調査結果・グラフなどをご利用いただく際は、必ず【あいらいふ入居相談室調べ】とご明記ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ザップ >
  3. 有料老人ホーム入居者の50%以上は認知症をお持ちの方