吉野家 国内約1,200店舗のサービスマネジメントに「ClipLine(クリップライン)」を導入

全国約17,000名のアルバイトの教育環境を刷新

株式会社ジェネックスソリューションズ(所在地:東京都港区、代表取締役:高橋 勇人、以下「GS」)は、株式会社吉野家(本社:東京都中央区、代表取締役社長:河村泰貴、以下「吉野家」)の「吉野家」の国内全店舗へ、GSが提供する多店舗展開企業向け サービスマネジメントシステム「ClipLine(クリップライン)」が導入されたことをお知らせ致します。

 

大手牛丼チェーンである「吉野家」(1,189店舗、2016年3月現在) は、採用競争の激化に伴い、店舗での新人アルバイトの早期戦力化・離職率低下の観点から、紙のマニュアルや映像配信による旧来の教育システムを、最新のサービスマネジメントプラットフォームである「ClipLine(クリップライン)」へと置き換えました。


まず先行実験店舗において、サービスのエッセンスを1,000本強のクリップ(短尺の動画)に体系化し、その後、全ての店舗で必要なタイミングですべてのノウハウを共有できる環境を構築しました。

さらに、「ClipLine」独自の双方向性を活かし、地域単位・店舗単位での動画によるコミュニケーションを通じて、新たなノウハウがクリップとして日々蓄積されています。現在では、当初の新人アルバイトへの初期教育ツールに加えて、外国人教育ツール、店舗マネジメント、新商品導入時のオペレーションガイドとしてなど、多用途で活用されています。


【ClipLine (クリップライン)について】

■サービス紹介サイトURL: https://clipline.jp/

■サービス紹介動画: https://vimeo.com/107560372

【ClipLine」を活用したサービスマネジメント革新プログラム】
ClipLineでは以下のようなサービスマネジメント革新プログラムを実現することが可能です。

新人アルバイト戦力化期間短縮プログラム
これまでのインプット型の教育体系ではなく、新人アルバイトが戦力になるためのアウトプットに注目し、戦力化の期間を最大75%短縮するプログラム

外国人アルバイト戦力化プログラム
日本語力に依存しないトレーニング環境により、外国人アルバイトの早期戦力化を達成するプログラム

アルバイト離職率低下プログラム
新人教育と合わせて活用することで離職率を大幅に低下させ、採用費・教育費・人件費を大幅に改善するプログラム

店舗マネジメント業務改善プログラム
遠隔地との双方向動画コミュニケーションを活用し、スーパーバイザー業務を革新するプログラム

海外店舗展開プログラム
日本の優れたサービスを海外に展開する際に、言葉と文化の壁を越え、品質の徹底とコミュニケーションコストの削減を同時に実現するプログラム

【株式会社ジェネックスソリューションズについて】
■代表者: 代表取締役 高橋勇人
■設立: 2013年7月11日
■所在地: 〒108-0073 東京都港区三田3-12-17 芝第3アメレックスビル3F
■資本金: 2億5,070万円 (資本準備金含む)
■主要株主: 経営陣、インキュベイトファンド、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、DBJキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、株式会社ジェネックスパートナーズ
■企業URL: http://genexsolutions.co.jp
■事業内容: 「ClipLine(クリップライン)」の開発・運営、及び経営コンサルティング

【本サービスご利用に関するお問い合わせ】
■Email: info@clipline.jp

【本サービスに関する報道関係者お問い合わせ】
■Email: pr@clipline.jp
■TEL: 03-6809-3305
■担当者: 田中
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社ジェネックスソリューションズ
  3. 吉野家 国内約1,200店舗のサービスマネジメントに「ClipLine(クリップライン)」を導入