レモネード、世界初の入札式のエンゲージメント課金型(※1)インフルエンサーマーケティングプラットフォーム『INFLUENCER ONE』をリリース

レモネード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 石橋尚也)は、インフルエンサーマーケティングのセルフサーブ型プラットフォーム『INFLUENCER ONE(インフルエンサーワン)』を提供開始いたします。
『INFLUENCER ONE』は、Instagram(※2)を活用したインフルエンサーマーケティングを自社で素早く簡単に運用管理したい企業が、案件内容のブリーフィング、課金形式の指定、入札単価などを指定し、インフルエンサーマーケティングを素早く簡単に実施する事ができるプラットフォームです。
またInstagramで活躍したいインフルエンサーは『INFLUENCER ONE』を活用する事で、案件のオリエンテーションを受ける事から、案件実施後の支払い内容の確認まで、全て一括で管理する事が可能となります。

■  サイトイメージ


■  『INFLUENCER ONE』の特徴

特徴①エンゲージメント課金に対応
インフルエンサーマーケティングで一般的なフォロワー従量課金の場合、結果的にエンゲージメントが低くなってしまった際にコスト効率が悪くなりますが、『INFLUENCER ONE』ではエンゲージメントに対して課金ができるためエンゲージメントパフォーマンスを担保する事ができます。一方、エンゲージメントが高くなりすぎると想定される企画などの場合は、フォロワー数課金でも入札が可能となります。

特徴②全行程を一元管理可能
インフルエンサーマーケティングの業務は、インフルエンサーのアサインから、オリエンテーション、商品のやりとり、支払いなどがインフルエンサー毎に個別に発生し、企業側もインフルエンサー側も管理が煩雑です。『INFLUENCER ONE』は、これらの業務を個別管理せずに、全インフルエンサーに対して一括で管理でき、大幅な工数削減が可能となり、プランニングなどに時間を割く事が可能となります。

■  インフルエンサー:現在約3,000名の女性インフルエンサーが参加


■サービスのURL
http://bit.ly/influencer_one

■背景
レモネードではオンデマンド写真素材サービスのINSTAMODELのリリース後、写真素材だけでなくインフルエンサーマーケティングの依頼が増えました。しかし、実際に案件を支援させて頂く中で、従来のウェブ広告よりも進行管理が煩雑であるという事がわかり、企業のインフルエンサーマーケティングにかける工数を大幅に削減したいと考え、本プラットフォームをリリースいたしました。

■レモネード株式会社 会社概要
社名                 レモネード株式会社
所在地              東京都港区南青山4丁目17番33号
代表者              代表取締役社長兼CEO 石橋尚也
事業内容           写真素材、クラウドソーシングなど
設立日              2015年12月28日

■リリースに関するお問い合わせ先
E-mail:info@lmnd.jp

※1 レモネード株式会社調べ
※2 Instagramは米国およびその他の国におけるInstagram, LLCの商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. レモネード株式会社
  3. レモネード、世界初の入札式のエンゲージメント課金型(※1)インフルエンサーマーケティングプラットフォーム『INFLUENCER ONE』をリリース