世界初!「VR進路相談会」を10月7日に開催。東大生などが、VR空間で高校生の進路や勉強の悩みを解決!VR空間で東京・一橋・早慶大のオープンキャンパスも実施。

世界初の「VR進路相談会」イベント開催について

VR・MR等を使ったブレインテックを展開する株式会社テンアップ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:金谷建史)は、当社傘下の学習塾 典和進学ゼミナール(茨城県水戸市)にて、世界初となる「VR進路相談会」を開催いたします。
インターネットやスマートフォンが普及した現在も、地方・地域によって教育格差や情報格差が生じており深刻な社会問題となっています。地方・地域に在住する高校生にとって、遠方の大学のオープンキャンパスや説明会に行くことは費用や時間の点で大きな負担となっています。
 


今回のイベントでは、東京・本郷三丁目にある当社「IQ Lab」から東京大学・一橋大学・慶應義塾大学・早稲田大学の大学生4名が、茨城県水戸市にある典和進学ゼミナールの高校生に、当社が独自開発したVR系コミュニケーションプラットフォーム「VR school」を利用してオンラインでの相談会を実施いたします。


イベント開催の背景
今回のイベントは、典和進学ゼミナールに通う高校生の希望がきっかけで企画されました。地方・地域に在住する高校生にとって、遠方の大学のオープンキャンパスや説明会に行くことは費用や時間の点で大きな負担となっています。

また、進路を希望する大学の現役大学生の「生の声」を聞いたり、直接交流する機会は極めて少なく、偏差値ランキングや合格判定に従って進路を決めざるを得ない状況が続いています。その結果、不本意入学者が増加し、大学入学後には学習意欲を失い、中退や無為な大学生活を送ってしまうことも見受けられます。

これは将来的には、就職や職業選択にも大きな課題を残す原因にもなっています。

今回、高校生の悩み相談に応対する大学生は国立と私立の理系・文系をそれぞれ用意し、様々な悩みにお応えし、多くの可能性を感じてもらいたいと考えています。


「VR school」について
「VR school」は、当社が独自開発したVR系コミュニケーションプラットフォームです。

オンラインでリアルタイムなコミュニケーションが可能なVRシステムで、大学の様子を撮影した360度画像を見たり、アバター機能を利用して高校生も大学生もアバター同士でコミュニケーションをするため恥ずかしさや緊張が少なく、お互いが本音で話しやすい環境を作ることが可能です。

また、「VR school」は、webブラウザで動作するため、専用のアプリやヘッドセット等が不要。デバイスや使用環境に左右されずに、どこでも簡単にVR体験ができます。


今後の展開
今後は、当社の理念に共感いただける地方・地域の学習塾にも「VR school」を利用したこのようなイベントやコンテンツをご提供していく方針です。

地方・地域の子供たちの「夢」の実現に少しでも貢献できればと考えています。


イベント詳細
【日時】
2019年10月7日(月) 18時開始

【開催場所】
茨城県水戸市千波町1156 シンテンビル 典和進学ゼミナール内「mirai cafe」

【参加者】
茨城県水戸市近郊の高校生 約10名(主に1年生・2年生)

【タイムスケジュール】
17時30分 開場

18時~18時40分 オープニング
※東京・本郷三丁目の当社「IQ Lab」から動画でライブ配信を行います。

18時40分~18時50分 休憩

18時50分~19時40分 VR進路相談会
※「VR school」を使用して登壇大学生が高校生にVR進路相談を実施。

19時40分~19時50分 休憩

19時50分~20時 クロージング
※東京・本郷三丁目の当社「IQ Lab」から動画でライブ配信を行います。
 


以上

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テンアップ >
  3. 世界初!「VR進路相談会」を10月7日に開催。東大生などが、VR空間で高校生の進路や勉強の悩みを解決!VR空間で東京・一橋・早慶大のオープンキャンパスも実施。