261店舗が参加「東京ビアウィーク2018」東京がビールで溢れる16日間 開催レポート

公式WEBサイト: http://beerweek.jp/2018/

東京ビアウィーク実行委員会は、2018年6月2日(土)から 6月17日(日)までの16日間、「東京ビアウィーク2018」を開催いたしました。

「東京ビアウィーク」は、東京及び近郊都市の様々な店舗や団体が、自由なアイディアでビールを楽しみ、東京のビールシーンをより盛り上げようという趣旨のイベントです。2017年には第4回を開催し、129店舗が参加。たくさんの人がビールを楽しみました。

5回目となる今年は、昨年よりも大規模に開催。店舗数は昨年の約2倍の261店舗が参加し、16日間のイベントを大いに盛り上げました。テーマには「BEER JUNCTION」を掲げ、アイデアあふれる多彩なビールやそれを生み出すつくり手、ビールと親和性の高い様々な文化やファン層が、期間中に集中的に交わる「合流地点」となり、新たな魅力の発見と、今後のさらなるビール文化の可能性の広がりへと繋がりました。

開催期間中は、ブルックリン・ラガーの生みの親、スティーブ・ヒンディ氏を招いたプレミアムトークショーなどのイベントを東京ビアウィーク実行委員会が主催となり開催したほか、50件を超える数のパブ/レストラン主催イベントが開催されました。また、参加店を巡ってポイントを集めると豪華商品が当たる「スマホdeスタンプラリー」には約700名が参加。美味しいビールの祭典が東京中で繰り広げられる16日間となりました。

来年も第6回となる「東京ビアウィーク」の開催を予定しております。ぜひ楽しみにお待ちください。
 
  • 参考・ビアウィークとは?
「ビアウィーク(Beer Week)」は、会期中、特設会場やパブ・レストランなど様々な会場でビールにちなんだイベントを開催し、ビールの持つ多彩な魅⼒を伝えようというイベントです。2007年、 フィラデルフィアで始まった「Philly Beer Week」が発祥とされ、今や世界中で100以上の都市で開催されています。なかでも、サンフランシスコの「SF Beer Week」やメルボルンの「Good Beer Week」などが有名で、ビアウィークを目的に世界各国から人が訪れるほど、海外では非常に人気の高いビールイベントです。日本でもクラフトビール製造者・輸入者・販売事業者、飲食店等、ビールに携わる有志により「東京ビアウィーク実⾏委員会」が組織され、2014年4月より東京ビアウィークとして開催がスタートしました。今年で5回目を迎える東京ビアウィークは、昨今のクラフトビールへの関心の高まりを受け、年々規模が拡⼤しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東京ビアウィーク実行委員会 >
  3. 261店舗が参加「東京ビアウィーク2018」東京がビールで溢れる16日間 開催レポート