プロジェクトチーミングプラットフォーム「tomoshibi」が議論メシと連携開始

プロジェクトオーナー支援プログラムの第一弾として、ディスカッションで繋がる会員制サロン「議論メシ」との連携を開始します。

株式会社TOMOSHIBI(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:田中駆)は本日、自社の運営するプロジェクトチーミングプラットフォーム「tomoshibi」にプロジェクトを掲載するプロジェクトオーナー支援プログラムの第一弾として、ディスカッションで繋がる会員制オンラインサロン「議論メシ」との連携を開始致します。

ディスカッションパートナーが多数在籍する議論メシと連携ディスカッションパートナーが多数在籍する議論メシと連携


1:今回の取り組みの背景
tomoshibiに掲載されるプロジェクトの多くは、アイデアや想いを持ったプロジェクトオーナーが一人、もしくは少人数で実施に向けて仲間集めをスタートしているケースが多く、tomoshibiで解決する「プロジェクトメンバー不足」以外にも多くの課題を抱えています。プロジェクトを推進する上で生じる様々な課題を解決するサポートの第一弾として、ディスカッションで繋がる会員制オンラインサロン「議論メシ」との連携を開始致します。

2:連携の内容
tomoshibiにてプロジェクトを立ち上げたオーナーは、議論メシのメンバーとのディスカッションを無料で利用可能となります。幅広い観点からの検討が必要となるプロジェクト推進において、一人では考えが及ばなかった点にまで深く議論できるディスカッションパートナーと共にディスカッションすることにより、より本格的で具体的なプロジェクト推進が可能となります。

3:議論メシについて
「議論メシ」は、多彩なメンバーがディスカッションで繋がる会員制サロン。課題解決の体験を通じてスキルを高め、メンバー同士のコラボで新しい仕事やプロジェクトを生み出し、キャリアの発展と自己実現をサポートする実践型のコミュニティです。
創設当初の名称「議論でメシを食っていく人が集まるサロン」から転じて「議論メシ」。メンバー数は180人以上(2018年11月時点)です。大手企業からスタートアップ、非営利団体まで、数多くのプロジェクトでのディスカッションを実施しています。
https://www.gironmeshi.net/

2019年1月には「議論メシ」代表の黒田悠介氏と当社代表である田中の対談で、プロジェクトコミュニティが如何にして今後のオープンイノベーションを牽引していくかについて深掘りするカンファレンスイベントが予定されております。こちらもぜひご確認頂けますと幸いです。

*イベント概要
コミュニティテックカンファレンス
「プロジェクトコミュニティが創出する オープンイノベーションの未来」
日時:2019年01月16日
会場:co-ba jinnan(東京都渋谷区神南)
詳細:https://community-tech-conference-project.peatix.com/

4:プロジェクトチーミングプラットフォーム「tomoshibi」について


「tomoshibi」は、プロジェクト単位でのチーミング(仲間集め)を支援するプラットフォームです。オーナーは無料でプロジェクトを作成することができ「ヒト版クラウドファンディング」の要領で、自分のプロジェクトに仲間を集めることができます。応募するユーザーのバックグラウンドも多岐にわたり、会社員・フリーランス・起業家等、様々な方のプロジェクト探しにご利用頂いております。

また、プロジェクトを単位とする新しい働き方「PBW(Project Based Working)」を提唱・推進しており、様々なキャリアをもつ人が、興味のあるプロジェクトを探し、挑戦することができるプラットフォームの構築を目指しております。

5:株式会社TOMOSHIBIについて
会社名:株式会社TOMOSHIBI
所在地:東京都渋谷区
設 立:2018年5月
代表者:代表取締役CEO 田中 駆
URL :https://tomo-shibi.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TOMOSHIBI >
  3. プロジェクトチーミングプラットフォーム「tomoshibi」が議論メシと連携開始