CLTを用いた社員寮の実例完成見学会を開催いたします

木造社員寮で、社員満足度も企業イメージもアップ!日本初のオリジナルCLT構法『LC-core構法』を採用した社員寮が完成しました。

CLT建築の技術提供をするフランチャイズネットワーク 日本CLT技術研究所(岡山市北区/代表:窪田健太郎)は、岡山県浅口郡里庄町にて、三陽機器株式会社(代表取締役:川平英広)社員寮の実例完成見学会を2月26日(火)に開催します。

《完成外観イメージ》

▼三陽機器株式会社 社員寮 実例完成見学会概要
開催日:2019年2月26日(火)
開催時間:10:30~、13:00~、15:00~(各30分前より受付開始/各60分)
定  員:各20名程度 ※完全予約制
建築場所:岡山県浅口郡里庄町272-5 
参加費:無料
申込方法:完全予約制となっております。日本CLT技術研究所お知らせページ(https://nc-labo.jp/news/)より、WEBサイトまたはFAXにてお申し込みください。

※広く建築関係の方に見ていただきたいと思い、席は十分にご用意していますが、満席となり次第締め切らせていただきます。

▼見どころ
日本CLT技術研究所は、大学教育機関と民間企業数社らと共同研究開発を行いCLTのオリジナル構法である『LC-core構法』を開発。今回の社員寮はこの新構法を用いた世界初の物件となります。今回採用した『LC-core構法』では、CLTでコアを形成することで、CLTパネル工法に比べ、耐震性能はそのままに壁パネルを約50%程度削減が可能となり、大幅に使用する壁CLTパネルの立米数を抑えることが出来ます。

本物件は、プライバシーに配慮した個室スペースと、交流の場としての共有スペースで構成。部分的にCLT現し仕上げとし、木の香りやぬくもりが感じられる空間を演出しました。2階北側に最大1.5mの持ち出しを行っており、玄関庇と2階空間の有効活用を兼ねています。

また、本物件は『平成30年度岡山県CLT等利用促進支援事業』に採択されています。

▼物件概要
建築地:岡山県浅口郡里庄町里見272-5
用 途:社員寮
延床面積:254.44㎡(79.96坪)
構造・階数:木造(LC-core構法)2階建
設計・施工:ライフデザイン・カバヤ株式会社
CLT使用量:92.10㎥

▼三陽機器株式会社 http://www.sanyokiki.co.jp/
代表者:川平英広
設立:昭和41年6月
所在地:岡山県浅口郡里庄町新庄3858番地
TEL:0865-64-2871
事業内容: 農業用トラクタ用荷役作業機、油空圧機器、環境関連機器、省力化機械等の開発、製造、販売

▼オリジナルCLTコア構法『LC-core構法』
大学教育機関と民間企業数社らと共同で独自のCLT専用接合金物を用いて、簡単に構造計算ができるオリジナルCLTコア構法(以下、『LC-core構法』)を共同技術開発。この構法は、CLTパネルを効率よく配置し、壁CLTパネルの使用量を抑えた構法となっています。

構造躯体をCLTパネルで構成し、耐力壁を『コア』型に配置。本来であれば、垂直方向の壁には、すべてCLTパネルを配置していましたが、『コア』型にすることにより、必要なだけのCLTパネルと在来軸組フレームで新たな木質空間を創り出します。これによりCLTパネルの立米数を減らし、歩留まりを向上させ、コストや施工性・工期にも配慮した構法となっており、延べ床面積が同じ程度の建物の場合、鉄筋コンクリート造に比べて工期が約半分程度で済みます。

それに加え、耐力壁はコア型にすることで、フレキシビリティな空間を創ることが出来、将来の間取り変更にも対応できます。

(財)日本建築センターの工法評定(評定番号:BCJ評定-LW0074-01)も取得済みで、CLTでの工法評定の取得は国内初となります。

▼三陽機器株式会社 社員寮 構造見学会の様子


▼この記事に関連するプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000026371.html

▼日本CLT技術研究所 https://nc-labo.jp/
 設立:2018年4月20日
 本部:東京オフィス
    岡山オフィス
 フリーダイヤル:0120-50-6663
 Facebook:https://www.facebook.com/nclFAN/
 YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC0oL2XQytTDac9nnj6nzamw

日本CLT技術研究所(NCL)は、CLTを活用した建物の普及と技術開発を目的に2018年4月に設立された、ライフデザイン・カバヤ株式会社が運営するフランチャイズネットワーク本部です。加盟メリットは、意匠/構造設計のアドバイスやコンサルティング、オリジナルCLTパネルの購入/オリジナル接合金物の購入、オリジナル構造計算システムを用いた構造計算サービスを受けることが出来ます。本加盟企業の募集を2018年9月1日からスタートし、3年間で50社程度のネットワークとなることを目指しています。
CLT建築の普及を目指し、CLTを使ったオリジナルの『LC-core構法』を開発しました。

▼日本CLT技術研究所の運営会社
商号:ライフデザイン・カバヤ株式会社 https://lifedesign-kabaya.co.jp/
設立:1972年12月1日/カバヤ小掘住研株式会社として設立
1990年/エス・バイ・エル・カバヤ株式会社に社名変更
2017年/ライフデザイン・カバヤ株式会社に社名変更
資本金:9,000万円(授権資本1億2,000万円)
売上高:187億円(2017年度)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本CLT技術研究所 >
  3. CLTを用いた社員寮の実例完成見学会を開催いたします