「ニッポンたからものプロジェクト ―日本遺産×Live Art」を開催します!

10/20(土)倉敷公演、10/21(日)大津公演のご案内

文化庁と公益社団法人日本芸能実演家団体協議会(芸団協)は、「日本を再発見しよう!」をテーマに「ニッポンたからものプロジェクト―日本遺産×Live Art―」(http://www.takaramono-pj.jp)を実施しています。

 

「日本遺産」に認定されている各地のユニークなロケーションと「Live Art(芸能)」を掛け合わせた舞台に、“旅人(進行役)”が出没。旅人と一緒にいろんな人に話を聞いたり、芸能を体感しながら、日本の“たからもの”に出あっていきます。伝統や歴史を知らなくてもOK!ライブを楽しんで、ちゃっかり学ぶ、そんなオイシイ時間をお届けします。
※本プロジェクトは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた文化プログラムとして、2017年度より全国各地で実施しています。(2017年度5公演を開催)

  • 第3弾 倉敷公演(10/20)歴史を旅するファッションショー
世界に誇る繊維・ジーンズのまち、和洋織りなす美しいまち、倉敷。その歴史は、一輪の綿花から始まりました。”旅人”ユージさんと一緒に、トークや音楽、ファッションショーを楽しみながら、倉敷の歴史を旅してみましょう!ショーには、地域の学生たちも出演予定。

旧野﨑家住宅別邸  画像提供:芸団協 旧野﨑家住宅別邸  画像提供:芸団協 

日本舞踊 花柳源九郎  画像提供:芸団協 日本舞踊 花柳源九郎  画像提供:芸団協 

「ニッポンたからものプロジェクト 日本遺産×Live Art 倉敷公演」プログラム

・トーク「倉敷の日本遺産」
 水玉竹則(ビッグジョン執行役員)、藤原憲芳(倉敷市文化財保護課)、
 川上拓土(ボランティア英語ガイド)
・地域芸能 下津井節、児島瑜伽太鼓
・チェロ 森田啓佑
・日本舞踊・長唄
 日本舞踊 藤間直三
 三味線  杵屋勝十朗 杵屋寿希
 囃子   望月秀幸 住田福十郎 藤田和也
  • 今回の旅人(司会ユージ
タレント、コメンテーター、ラジオDJとして活躍中。現在は、3児の父親。2016年、史上最年少でベストファーザー賞とイクメン・オブ・ザ・イヤーを同年ダブル授賞。

旅人(司会)ユージ 画像提供:芸団協旅人(司会)ユージ 画像提供:芸団協

  • みどころ
トーク「倉敷の日本遺産」
水玉竹則氏(ビッグジョン執行役員)、藤原憲芳氏(倉敷市文化財保護課)、川上拓土氏(ボランティア英語ガイド)をゲストに、倉敷の歴史と産業と観光、多角的な視点でトークを展開します。

地域芸能 「下津井節」、「児島瑜伽太鼓」
北前船の寄港地・下津井から全国に広がった岡山県を代表する民謡と、地元のみならず国内外で活躍する勇壮な和太鼓演舞。地域の歴史の中で、改めて感じてみよう!

下津井節 画像提供:芸団協 下津井節 画像提供:芸団協 

児島瑜伽太鼓  画像提供:芸団協 児島瑜伽太鼓  画像提供:芸団協 

チェロ
国内外で受賞多数、ベルリンで研鑽を積む若手注目株のチェリストが、豪雨被害にあわれた方々に想いを寄せて独奏します。和の空間に染み入る洋の音色を。

チェリスト森田啓佑 画像提供芸団協 チェリスト森田啓佑 画像提供芸団協 

日本舞踊・長唄「春夏秋冬」

日本人なら誰にでも思い浮かぶ「春夏秋冬」をテーマにした創作作品。春は花見の賑わい、夏は祭り囃子、秋は虫の音色、冬は渡り鳥、そして四季は巡り、正月を祝う厳かな獅子の舞。日本が持っている、美しい風景、人々の賑わい、静謐な世界など、様々な空気感や雰囲気を、邦楽と舞踊で表現していきます。

日本舞踊 藤間直三 画像提供:芸団協 日本舞踊 藤間直三 画像提供:芸団協 

ファッションショー

お座敷の廊下をランウェイに、江戸時代から現代まで、歴史を旅するファッションショー。江戸時代の干拓以降、児島を中心に栄え、倉敷市の発展の礎となった繊維産業の物語を体感できます。

ジーンズストリート  画像提供:芸団協ジーンズストリート  画像提供:芸団協

  • 開催概要
主催   文化庁、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会
共催   倉敷市、倉敷市日本遺産推進協議会
会場   旧野﨑家住宅別邸・迨暇堂(たいかどう/児島ジーンズストリート横)
     〒711-0913岡山県倉敷市児島味野1-8-34
観覧料  無料(先着順・自由席・当日席あり)
申込方法 Webサイトよりお申込み下さい。http://www.takaramono-pj.jp/event/kurashiki
申込締切 2018年10月18日(木)

 
  • 第4弾 大津公演(10/21)琵琶湖を眼下に、文化のクルージング
「るろうに剣心」や「大奥」など、数多くの映画のロケ地としても有名な三井寺。その中腹にある優雅な「観月舞台」、琵琶湖と大津の街並みを見下ろすロケーションで、地域の文化と日本の芸能に触れる特別公演を開催します。観月舞台を船に見立て、“旅人”セイン・カミュさんと一緒に、滋賀県の日本遺産「琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産」を巡ります。緑豊かな境内を散策し、国宝級の文化財に触れ、ライブを楽しむ、そんな特別な秋の日曜日をどうぞ。(事前予約の方は、拝観料免除。)

白鬚神社  画像提供:芸団協白鬚神社  画像提供:芸団協

日本舞踊 花柳源九郎  画像提供:芸団協 日本舞踊 花柳源九郎  画像提供:芸団協 

「ニッポンたからものプロジェクト 日本遺産×Live Art 大津公演」プログラム

・トーク「滋賀の日本遺産」
 三日月大造(滋賀県知事)、大沼芳幸(公益財団法人滋賀県文化財保護協会 普及専門員)、
 平井俊旭(雨上株式會社社長)
・琵琶 榎本百香
・日本舞踊・長唄
 日本舞踊 藤間直三
 三味線  杵屋勝十朗 杵屋寿希
 囃子   望月秀幸 住田福十郎 藤田和也
◎体験プログラム 「座禅」、「写経・写仏」
 ①10:00-11:00 ②13:00-14:00
 要事前申込(10/15締切)。いずれも参加費1,000円・最少催行人数5人。
  • 今回の旅人(司会)セイン・カミュ
​南原清隆さん(ナンチャン)に誘われて始めた狂言にハマり、以来、様々な伝統文化に親しんでいる。旅好きで、持ち前のユーモアで旅先の人々ともすぐ打ち解けちゃう。さて、今回はどんなオモシロい旅になるかな!

旅人(司会)セイン・カミュ  画像提供:芸団協 旅人(司会)セイン・カミュ  画像提供:芸団協 

  • みどころ
トーク「滋賀の日本遺産」
三日月大造氏(滋賀県知事/14時半の回のみ)、大沼芳幸氏(公益財団法人滋賀県文化財保護協会 普及専門員)、平井俊旭氏(雨上株式會社社長)をゲストに、琵琶湖をたたえ水の文化をもつ滋賀の歴史・観光・地域づくりなど、伝統と未来をつなぐトークをお送りします。

琵琶
竹生島の弁天様といえば「琵琶」。でもその音楽は、あまり知らなれていないかもしれません。受賞多数の若手演奏家、榎本百香による繊細で迫真に迫る演奏をお届けします。

琵琶 榎本百香  画像提供:芸団協琵琶 榎本百香  画像提供:芸団協

日本舞踊・長唄「春夏秋冬」 

日本人なら誰にでも思い浮かぶ「春夏秋冬」をテーマにした創作作品。春は花見の賑わい、夏は祭り囃子、秋は虫の音色、冬は渡り鳥、そして正月を祝う厳かな獅子の舞。エネルギー溢れる若手舞踊家、演奏家の熱のこもったパフォーマンスで、日本の四季をお届けします。

三味線 杵屋勝十朗(左)  画像提供:芸団協三味線 杵屋勝十朗(左)  画像提供:芸団協

 
  • 開催概要

主催   文化庁、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会

共催   日本遺産「水の文化」ツーリズム推進協議会
会場   三井寺 観月舞台(屋外)※雨天時は三井寺事務所2階講堂
     〒520-0036滋賀県大津市園城寺町246
観覧料  無料(先着順・自由席・当日席もあり ※事前予約の方は拝観料免除)
申込方法 Webサイトよりお申込み下さい。http://www.takaramono-pj.jp/event/otsu
申込締切 2018年10月18日(木)※体験プログラムとのセット予約締切は10月15日(月)
  • 2018年度ニッポンたからものプロジェクト―日本遺産×Live Art―公演スケジュール
2018年
8月28 日(火)神奈川県伊勢原市
10月 6日(土)宮城県多賀城市
10月20日(土)岡山県倉敷市
10月21日(日)滋賀県大津市
11月11日(日)石川県小松市
12月 1日(土)新潟県新潟市
12月 2日(日)山形県鶴岡市
2019年(予定)
1月27日(日)和歌山県和歌山市
2月      熊本県山鹿市
3月上旬    佐賀県有田町
         長崎県波佐見町

 
  •  
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 芸団協 >
  3. 「ニッポンたからものプロジェクト ―日本遺産×Live Art」を開催します!