母親は福原愛選手のコーチ!8歳の天才卓球少女が琉球アスティーダスポーツクラブ所属決定

10月19日、日本卓球リーグホームマッチ(沖縄体育館)でお披露目

福原愛選手が名付け親、母親は福原愛選手のコーチ、父親は元日本代表。新たな天才卓球少女、張本梓恩(はりもとしおん)が琉球アスティーダスポーツクラブに所属が決定しました。
琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社(沖縄・那覇)に、8歳の天才卓球少女、張本梓恩(はりもとしおん)選手の所属が決定致しました。

梓恩選手は、元世界卓球選手権日本代表で琉球アスティーダへ加入した張一博(ちゃん かずひろ 以下一博)コーチ兼選手と、福原愛選手を育てたコーチである母張莉梓氏の長女となります。

梓恩選手は2010年3月生まれの小学3年生。卓球歴はまだ3年ですが、両親から週6回の英才教育を受け、兵庫県卓球選手権大会バンビの部で優勝、全国大会に2年連続出場しています。

また、「梓恩」という名前は福原愛選手が名付け親であり、卓球を始めたきっかけも、オリンピックに出ている
母張莉梓コーチと福原愛選手を見て憧れたこと。本人は「愛ちゃんみたいな選手になりたい」と話しています。

一博コーチの夢は「親子で全日本ミックスに出場すること、そして梓恩選手がオリンピックに出ること」

琉球アスティーダは親子3人の夢を応援します!
10 月19 日に沖縄市体育館で行われる日本卓球リーグ琉球アスティーダのホームマッチおいて、 ゲストとして張コーチ・梓恩選手親子が来場します。アスティーダ所属選手の発表や他選手と練習披露も予定しています。 

代表・早川周作のコメント
卓球プロリーグ「Tリーグ」に参戦するチームの運営や、トライアスロンチーム・スクールの運営、陸上選手のサポート等、またそれに限らず、琉球アスティーダは統合型地域スポーツクラブとして活動し、沖縄経済の活性化、振興に寄与して参ります。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社 >
  3. 母親は福原愛選手のコーチ!8歳の天才卓球少女が琉球アスティーダスポーツクラブ所属決定