飛騨高山発ベンチャー グッドマンキッチンがファンドから資金調達を実施

株式会社グッドマンキッチン(本社:岐阜県高山市、代表取締役社長 :森孝徳、以下弊社)は、 シードラウンドの資金調達として、飛驒信用組合(理事長 大原 誠)と、ひだしんイノベーションパートナーズ株式会社(代表取締役 古里 圭史)、全国信用協同組合連合会、ルネッサンスキャピタル株式会社の 4 社で運営する「飛騨・高山さるぼぼ結ファンド2号」から投資を受け、 事業を開始したことをお知らせします。
株式会社グッドマンキッチンについて

株式会社グッドマンキッチンはオールロケーション型野外レストラン”GoodmanKITCHEN”を企画運営する飛騨高山発のベンチャー企業。飛騨高山から全国を盛り上げる活動をしていく。そういった活動は巡り巡って高山に帰ってくる。全国各地に隠れたSPECIALを発見し食事体験を通してその素晴らしさを再認識することで、新しい価値を創造し日本全体の活性化を目的としています。弊社の創業メンバーは全員が本業を持っており、職種も立場も違い、住む場所も全国各地と様々です。本業があるため会社に対し自身の生活の保障を求めず、純粋にやりたいこと、世の中に提供したい価値の追求を可能としています。従来の雇用形態ではなく、世の中への貢献と自己の成長を各々が追求する。そんな分散型のチームで活動しています。


GoodmanKITCHEN プロジェクトによる地方に眠るSPECIALの再発見

地方には都市部にはない既存の価値が数多く眠ると考えます。開発によって新しい価値を付け加えるのではなく、そこに住み慣れ親しんでしまうとつい見過ごしてしまう唯一無二の価値を内側からではなく外側から再発見することで地方に眠るポテンシャルを引き上げ活性化をはかります。そんな中、共通項として注目したのが「食の体験」。特注のキッチントラックで全国を回り、単にメニューの提供だけでなく、装飾を施したテーブルなど食事をするSPECIALな空間を提供します。
 

ひだしんイノベーションパートナーズ株式会社代表コメント

当社は飛騨・高山地域唯一の活性化ファンド『飛騨・高山さるぼぼ結ファンド』を運営する地域キャピタル会社です。私たちの責務はこのファンドからの資金を通して投資家の、ひいては地域の方々の想いを、地域を担っていく挑戦者にしっかりと繋げることだと考えています。
今回、その想いは株式会社グッドマンキッチンの森社長をはじめとしたメンバーに確かに繋がりました。この想いを受け取った彼らの挑戦がどのような形でこの地域にインパクトを与えてくれるのかを期待してやみません。そして彼らの挑戦が道標となり、地域の中から次なる挑戦者がどんどんと生まれ、そうした彼らの挑戦によって、この地域がさらに豊かに、そしてふくよかになることを願っています。

■株式会社グッドマンキッチン 会社概要
社名 株式会社グッドマンキッチン
本社所在地 岐阜県高山市千島町376番地
東京オフィス 東京都台東区小島2丁目14-5 毛利ビル302号
会社ページ:http://www.goodmankitchen.com
設立:2018 年 5 月
代表取締役社長 森孝徳
事業内容 キッチントラックでのケータリング飲食サービス、体験の提供、SPECIALの再発見、Webメディア運営、オリジナルプロダクト開発、
本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社グッドマンキッチン 広報担当
press@goodmankitchen.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グッドマンキッチン >
  3. 飛騨高山発ベンチャー グッドマンキッチンがファンドから資金調達を実施