ボードゲーム『コトバグラム』が11月25日に発売。“言葉の重さ”の違いで遊ぶパーティゲーム

友達に「1万円貸して」ってどれくらいの"重さ"で言える?遊べば遊ぶほどお互いを知って仲良くなれる、バンソウ最新作

ボードゲームの企画・制作などを手がける株式会社バンソウ(本社:東京都千代田区、代表:東郷源、以下バンソウ)は、新作ゲーム『コトバグラム』を、11月25日(月)より全国の小売店で販売開始します。『コトバグラム』は人それぞれの“言葉の重さ”の違いで遊ぶパーティゲームです。
ボードゲームの企画・制作などを手がけるバンソウは、新作ゲーム『コトバグラム』を、2019年11月25日(月)より全国の小売店で販売開始します。『コトバグラム』は人それぞれに異なる“言葉の重さ”の違いを使って遊ぶパーティゲームです。全国での発売に先立ち、2019年11月23日・24日に東京ビッグサイト(青海展示棟)で開催されるゲームマーケット2019秋にて特別価格で先行販売いたします。

ゲームマーケット2019秋取り置き予約フォーム
https://forms.gle/gcd1zt32jhDeeUA2A

 
  • 『コトバグラム』について
『コトバグラム』は、人それぞれの「言葉の重さ(その言葉を、どのくらいの気持ちで言えるか)」の違いを楽しむパーティゲームです。プレイヤーたちは、誰かがあるヒトに対してあるセリフを言うときの“重さ”を考える、「コトバグラマー」になります。

ゲームではヒトカードとセリフカードを使ってお題を決め、プレイヤーたちは親プレイヤーがそのお題を、どのくらいの重さと考えるかを当てます。たとえばお題がヒトカード「友達」、セリフカード「1万円貸して」なら、"親プレイヤーが友達に対して「1万円貸して」という時の重さ"をプレイヤーたちは考えることになります。

セリフカードには他にも「ひとくちちょうだい」「おごるよ」といった、誰に対して言うかで重さが変わってくる言葉を厳選しており、遊べば遊ぶほど、一緒に遊んだ人の価値観が見えてくるデザインになっています。

友達や家族で遊ぶと盛り上がるのはもちろん、初対面の人同士で遊べばお互いを知りながら仲良くなれるゲームです。
  • 『コトバグラム』デザイナーズノート
"言葉の重さ"で遊ぶパーティゲーム『コトバグラム』ができました
https://note.mu/zkmymkz/n/nce5902996a55
 
  • 『コトバグラム』商品情報
■価格
2,800円(税別)

■ プレイ情報
プレイ人数:3~6人
プレイ時間:25分~
対象年齢:13歳以上

■内容物
重さカード 24枚・セリフカード 40枚・ヒトカード 20枚・得点チップ 36枚・調整チップ8枚・ルールブック 1冊

■サイズ
縦170mm・横105mm・高さ55mm

 
  • 株式会社バンソウについて
ボードゲーム、WEB制作、ワークショップなどの手法を用いて、人や企業のブランディングを手掛けます。
株式会社バンソウ:https://note.mu/banso
 
  • 本件に関する報道関係者様からのお問合せ先
株式会社バンソウ 担当:宮﨑雄
メールアドレス:info@banso.tokyo
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バンソウ >
  3. ボードゲーム『コトバグラム』が11月25日に発売。“言葉の重さ”の違いで遊ぶパーティゲーム