ペットフードD2C事業「CoCo Gourmet(ココグルメ)」、動物保護団体へフードの寄付


株式会社バイオフィリア(所在地:東京都品川区/代表:岩橋洸太)は、CoCo Groumet(以下:ココグルメ)の1配送分購入(計2000食分)につき1食分のココグルメまたは資金を動物保護関連団体に寄付する活動「One Food for One Food」を行っております。この度「One Food for One Food」活動の一環としてリニューアル前の商品約2,000食分を動物保護団体様に寄付を致しました。

■ココグルメ寄付への想い(代表取締役CEO岩橋洸太)


 お陰様ではココグルメは大変ご好評頂いており、今回の「One Food for One Food」プロジェクトの一環として2,000食分のココグルメを寄付させて頂くことが出来ました。私たちが自信を持ってお届けするココグルメで保護犬たちが喜びと安心を感じてくれることを切に願います。

 また、微力ではありますが、「事業を通じて不幸な動物を幸せにする」という会社設立以来の本懐を遂げられる、個人的にとても思い入れのある取り組みです。
今後もココグルメの発展を通じて多くの動物を幸せにして、世界一多くのご飯を寄付する会社を目指します。
 


■寄付について
ココグルメの注文数が昨年対比で約400%に増加し、売り上げ利益ともに好調に推移していることで保護団体への寄付が可能となりました。寄付品として、ココグルメリニューアル前の在庫商品を寄付しました。リニューアル前の商品ではありますが、お客様の元に届く予定のものとなり、高品質のまま保護されている動物の元へと届けられています。

■ココグルメ寄付を通して
1.フード費用の削減
保護団体では、食費やペットシーツなどの消耗品代といった維持費で多額の費用がかかってしまうと考えられます。そのため、ココグルメの寄付がフード費用削減へとつながり、保護団体様が保護活動に注力しやすい環境を作れるのではないかと考えています。

2.動物に喜びを感じてもらいたい
保護されたばかりの動物たちの健康状態は決して良い状態ではないと推測出来ます。また、保護によって環境が大きく変化し、慣れない環境にストレスを抱えてしまうケースも考えられます。与えられるフードも比較的安価で保存の効くドライフードが多いですが、そのような中で、弊社の手作りペットフードである高品質なココグルメは、保護されたばかりの動物たちにとって食事を通しての喜びを提供出来るのではないかと考えています。

3.フード以上の価値の提供
ココグルメは、獣医師も認める動物の食いつきが良いフードです。慣れない環境で食欲を失ってしまっている保護犬も多くいます。ココグルメを与えたところ食いつきが良くなったという報告を頂いております。このような食いきの良さから得られるものは、フードとしての価値以上の付帯効果といえるでしょう。

■今後も活動を通して動物保護団体をサポートします
株式会社バイオフィリアは、これからもOne Food for One Foodの活動を通して動物保護関連団体のサポートを継続したいと思います。プロジェクトを通して1匹でも多くの保護犬が幸せになれるよう、尽力してまいります。

■株式会社バイオフィリア会社概要
所在地:東京都品川区東五反田5丁目22-7-302
代表:岩橋洸太
資本金:109,092,693円
事業内容:専門家監修の完全栄養食ペットフード「CoCo Gourmet(ココグルメ)」の製造及び販売

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バイオフィリア >
  3. ペットフードD2C事業「CoCo Gourmet(ココグルメ)」、動物保護団体へフードの寄付