新たな競技大会の形を切り開いた「男子新体操オンライン選手権2020」

公益財団法人 日本体操協会、株式会社テレビ朝日、株式会社CBは、2020年9月12日(土)・13日(日)の両日に、『男子新体操オンライン選手権2020』を実施しました。

今年、新型コロナウィルスの影響により、様々なスポーツイベントが中止になりました。ついには、全国高校総体等も中止になり、全国をめざして励んできた選手たちにとって、練習の成果を発表する場を奪われることとなりました。
そのような中、競技人口1420人の男子新体操、その指導者や小中学生、高校生などの選手たちはじめ、多くの関係者の思いが結実し、『男子新体操オンライン選手権2020』が実施されました。
この大会は各都道府県の学校の練習場(無観客)から、男子新体操団体競技の演技(小学4年生~高校3年生)をライブ映像としてYouTubeに配信し、その中継映像を審判団が採点し、優勝チームを決定しました。
これはwithコロナの時代において、新しい生活様式に即した先進的かつモデルとなる競技会となります。

 

 

1)男子新体操オンライン選手権2020 ジュニア部門YouTubeスクリーンショット1)男子新体操オンライン選手権2020 ジュニア部門YouTubeスクリーンショット

<本選手権開催の特徴>

〇オンライン方式による初の公式の大会
・オンライン大会ではあるが、公式の大会として、通常のリアルの公式大会に限りなく近づけるよう工夫。
・競技の公平性を保ちつつ、公式審判員が採点するとともに、競技は一発勝負とするため、基本はビデオではなく、リアルタイムとなるライブ

 

配信された演技を採点。
〇複数個所をオンラインでかつ生でつないだ初の大会実施
・一つの会場からの配信やビデオ審査による大会はあったが、複数の場所をつないで、一つの映像として、このような形式をとってのライブ配信するのは世界初とも言える試み。
〇できる限り一体感を持ち、距離感をなくす工夫
・視聴者賞も設けるなど、視聴者(観客)が一つの大会として体感できる工夫。

★男子新体操オンライン選手権2020 終了★

【ジュニアの部結果】 9月12日


1位 一般社団法人神埼ジュニア新体操クラブ    10.1250
2位 水俣ジュニア新体操クラブ                       9.8125
3位 国士舘ジュニアRG                                  9.6500
4位 滝沢南中学校                                         7.5500
5位 BLUE TOKYO KIDS                                7.1000
6位 大垣共立銀行OKB体操クラブ                    6.9625
7位 KOKUSHIKAN RG                                  5.0500
8位 島田ジュニア                                         4.1250
9位 滝沢南RG                                              3.3750
10位 丹後ジュニア新体操クラブ                      2.3875

◆優勝チームコメント  浅田匠(アサダ タクミ)選手 中学3年生
ありがとうございます。目標達成できて嬉しいです。
(一位を取れた要因)見ての通り小柄なんですけど、みんな一人一人、いいリーダー性と言うか、一人一人のいいところがあって、そのおかげでチームをまとめれたし、優勝できたと思います。
(監督にお伝えしたいこと)今まで、色々お世話になってきたので、その感謝の気持ちをオンライン選手権で伝えることができたので、本当に良かったです。


【高校生の部結果】 9月13日

1位 青森山田高等学校                     13.0875
2位 神埼清明高等学校                     12.5125
3位 宮崎県立小林秀峰高等学校         12.0625
4位 盛岡市立高等学校                     11.9000
5位 宮城県名取高等学校                  11.7500
6位 群馬県立前橋工業高等学校         10.6250
7位 静岡県立島田工業高等学校         10.5625
8位 香川県立坂出工業高等学校         10.0250
9位 光明学園相模原高等学校            10.0000
10位 熊本県立芦北高等学校             9.3750
11位 盛岡市立高校RG                    9.0250
12位 京都市立紫野高等学校             9.0000
13位 埼玉栄高等学校                      8.9250
14位 京都府立網野高等学校             8.8500
15位 北海道恵庭南高等学校             8.8125
16位 県立尼崎西高等学校                8.2500
17位 愛知県立阿久比高等学校            8.1250
18位 鹿児島実業高等学校                6.3750
19位 福岡舞鶴高等学校                     2.6250

◆優勝チームコメント  田中 涼介(タナカ リョウスケ)選手 高校3年生
ありがとうございます。
(今の気持ち)今まで練習した甲斐があった。優勝というのは目標だったのでとてもうれしい気持ちです。
(優勝の秘訣は)見やすさというのがよかったのかなと思います。見やすさの中でも凝った動きというか,深みがあるような体操にしたので,そこが今回評価された部分なのかなと思います。
(この喜びを誰に伝えたいか)やっぱり保護者,両親というのが一番です。そして,今までお世話になった学校の先生だったり監督の方に,自分たちにできることは演技でしか返せないので恩返しができたのかなと思いました。


◆史上初となるオンライン選手権実施についてのコメント(実行委員長 山田小太郎)
この度,様々な関係者のご協力のもと,新たな取組として男子新体操オンライン選手権を無事終えることができたことに、感謝しています。新しい生活様式に即した今までにない取組であることから、想像する通りの大会運営ができるのか、多数の心配がある中でのスタートでしたが、無事に大会を終わってみて、「チャレンジして良かったな」と、安堵しています。
何より、選手たち一人一人が、コロナ禍での厳しい練習環境・短い期間の中で、しっかりと演技を仕上げてきてくれたこと、またその演技ひとつひとつに彼らの熱い想いが込められていたこと、心の底から嬉しく、誇らしく思います。
今回の取組は、スポーツにとって新たな試みだったのですが、この新たな試みを大成功に終えることができました。これからも新型コロナにより情勢は予想できない状態が続くでしょうが、その中でスポーツにとっての新たな可能性を提示で来た、と感じています。その可能性を、男子新体操から発信出来たことに喜びを感じます。加えて、男子新体操を世の中の皆様に見ていただけたこと、知っていただく大きな機会となったこと、我々の今後にとって多大なプラスになります。コロナ禍による逆境をプラスに変えること、その部分をしっかり実現できたこと、皆様に多大な感謝を申し上げます。



★配信について★

新型コロナウイルス感染症の影響で中止になった高校生を含むジュニア選手たちの演技発表の場を提供するために、オンラインでの選手権を開催することとなりました。動画投稿による予選を勝ち抜いたチームが、高校やジュニアの指定場所にカメラを設置して、決勝の演技を行うものです。それらの演技をLIVE-Linkのノウハウや技術を生かし、オンラインで繋ぐことにより、ライブ中継を実現しました。その中継映像によって演技を採点するという、新しい形式での公式競技会となります。

◎LIVE-Linkについて:
LIVE-Linkでは、TV局のネット生中継で好評を得ているノウハウ・人材・技術を活かして、「クオリティの高いで生配信」を提供しています。人生の様々な場面を生配信することで、実際に参加できる人数以上の方々と素晴らしい瞬間や、美しい空間、華やかな演出、熱い戦いを共有することができます。文化や季節行事、スポーツイベント、競技、学校行事、結婚式、どのような場面でも配信を可能にし、より多くの人に感動を届けることを目指しています。

 大会本部の様子
大会本部(映像センター)とは、都内に設けられるセンター:審判席および、LIVE-Linkが全国からの映像を受信し、送信を行うブース、そして日本体操協会、共催者のテレビ朝日とCB、広報事務局等が入る場所をさします。

◎LIVE-Link番組配信の様子

3) LIVE-Link番組配信の様子 13) LIVE-Link番組配信の様子 1

 

4) LIVE-Link番組配信の様子 24) LIVE-Link番組配信の様子 2


◎審判席の様子

 

5) 審判席の様子 15) 審判席の様子 1

6) 審判席の様子 26) 審判席の様子 2

◎実況解説席の様子

8) 実況解説席の様子8) 実況解説席の様子


<今回の大会で寄せられた特別な協力>

◎大会メインビジュアル

新体操_メインビジュアル_小松氏新体操_メインビジュアル_小松氏


大会の顔とも言えるメインビジュアルは、様々なジャンルの有名作品を手掛け、さらにその多くは、数々の賞を獲得されている、アートディレクターの小松季弘氏が手掛けて下さいました。小松氏は、個人的に男子新体操を長く応援しており、この競技への想いが人一倍強い方です。
 

9) 大会公式ツイッターメインビジュアルと連動した小松アートディレクターによる4コマ漫画9) 大会公式ツイッターメインビジュアルと連動した小松アートディレクターによる4コマ漫画

小松季弘氏からのコメント(8月24日13時より行った『男子新体操オンライン選手権2020』の決勝進出チーム発表ライブ配信リモート会見より):「男子新体操部たちの、未来に向かって全力ではじける演舞、それをオンラインの向こう側からでも応援を届けようとする学生や他の部活生、そしてファン達の盛大なエール。そんなワクワクするような物語のビジュアルを手描きイラストで熱く描きました。」

10) 大会本部にて小松さん、イラスト制作中 110) 大会本部にて小松さん、イラスト制作中 1


 大会中は、大会本部にてスクリーンを前に、リアルタイムでスケッチを手掛け、公式ツイッターに次々とあげていきました。今回のオンライン選手権では録画のリプレイがないため、そのシーンを即座にイラストでアップすることで、リプレイの代替となれば、という小松氏の思い。また、イラストで描かれることによって、出場した皆様にとって一生の思い出になれば良いな、と話してくだいました。(#録画で振り替えられないからイラスト)

 

◎応援サポーターと応援ソング

『男子新体操オンライン選手権2020』の、応援サポーターを務めていただていますCandy Boy。また、その応援ソングとして『君とアン・ドゥ・トロワ』が決定いたしました。

11) 応援の様子、Candy Boy公式ツイッターから11) 応援の様子、Candy Boy公式ツイッターから


Candy Boyは、公式ツイッターを通じ、大会までのカウントダウンや応援サポーターCandy Boyが考える男子新体操の見どころ等を紹介いただいて、大会をより盛り上げていただいています。
 

 

Candy Boyからのコメント:
この度、Candy Boyは応援サポーターを務めさせていただくことになりました!そして僕たちの楽曲、君とアン・ドゥ・トロワが応援ソングに決定しました!
 

 今回、2020年新型コロナウィルスの影響で各大会が中止となってしまった選手たちの思いを届ける、をテーマに一丸となって素晴らしい演技を見せてくれます。男子新体操を愛するすべての人々が手を取り合って逆境に立ち向かう姿で世の名に勇気と感動を与えてくれるはずです。

 


僕たちも応援サポーターとして全力で盛り上げていきますので思い出に残る時間を一緒に作りましょう。


男子新体操オンライン選手権2020の概要

【主 催】  公益財団法人日本体操協会
【共 催】   株式会社テレビ朝日、株式会社CB(LIVE-Link)
【後  援】    国土交通省観光庁、公益財団法人全国高等学校体育連盟体操専門部
【特別協賛】  株式会社アクアバンク
【協  賛】     味の素株式会社、株式会社ブレイク
【協  力】    一般社団法人日本国際広報戦略機構、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ

<経過>
☆予選競技 8月22日(土)、23日(日)
・各チームが自らの練習会場で収録した演技動画ビデオによる採点
・審判団:日本体操協会男子新体操委員会

☆決勝進出チームの決定・発表(リモート会見)8月24日(月)13時~13時30分
・出席者:  日本体操協会副会長 長谷川洋子氏、日本体操協会男子新体操委員会委員長・大会実行委員会委員長 山田小太郎氏

☆決勝競技
9月12日(土)16:30~18:00 ジュニア部門10チーム
9月13日(日)13:00~16:00 高校生部門19チーム
・審判団:日本体操協会男子新体操委員会
*特設審判室にて各演技をライブで採点
*これらのライブについては、LIVE-Link映像ミキシングシステムを通じて、一つのライブ映像としてYou Tubeに配信

大会公式ウェブサイトやSNSについて
・大会公式ウェブサイト:       https://www.live-link.life/mrgonline
・大会公式YouTubeチャンネル:      https://www.youtube.com/channel/UCRKBhkjhC_VKN9A_Sw3sMXw
・大会公式Twitter:         【公式】男子新体操オンライン選手権2020        @mrgonline2020


★男子新体操オンライン選手権スーパーエキシビション配信に加え、CSテレ朝チャンネル2にて放送決定!★

 ジュニア世代の奪われた夏を取り戻すべく開催される男子新体操オンライン選手権。その2日間の戦いの後、「想いを届ける」をテーマに、オンラインエキシビション『男子新体操オンライン選手権スーパーエキシビション』を行います。

今回のオンライン競技会については、コロナ禍における新しい生活様式で実施するため、数多くのチャレンジが必要でした。関係者一丸となった努力により、競技会は無事に生配信可能な環境を整えることが出来ましたが、エキシビションについては未だ環境整備に課題を抱えています。

そこで、男子新体操スーパーエキシビションは9月13日(日)男子新体操オンライン選手権高校生部門の直後に配信を予定しておりましたが、皆様には「競技者の渾身の演技を完全な状態でお届けしたい!」という想いから、全ての環境整備を終えた映像をCSテレ朝チャンネル2にて放送させていただくことにいたしました。

当日の配信を楽しみにされていた皆様には、少し先のお披露目となること、お詫び申し上げます
インターネットによる配信については、CS放送終了後、準備が整い次第を予定しております。

 【放送予定】CSテレ朝チャンネル2 9/20(日) 深夜1時10分~ スーパーエキシビション

 テーマは「想いを届ける」
2020年、コロナをきっかけに、様々な逆境が私たちを襲いました。そして、様々なものが奪われました。時間だけはあるステイホームの中で、日常のありがたさを感じ、日常への回帰を願った方も少なくないでしょう。そんな閉塞感ある世の中にあって、この男子新体操こそ、勇気と力を与えられるものかもしれません。かつて志半ばで逝った先輩に捧げた演技が、数百万アクセスを記録。多くの注目を集めました。車いす生活となった友と一緒に演技を遂げたチームは、多くの感動を誘いました。だからこそ思うのです。

男子新体操は、絆の象徴である、と。

スーパーエキシビションは、順位を競う選手権大会とはテーマは異なり「大事な人たちへ想いを届ける演技会」とします。参加条件は、男子新体操選手および経験者。場所は選手権に引き続き、全国、また世界中それぞれの拠点からオンラインで。規定や演技時間といったリミットを取り外します。そして原則ライブ演技ですが、様々な想いを受け取るべく、ビデオ参加も募集ていします。(海外からはビデオ参加を募集します)。

<主  催>  株式会社テレビ朝日、株式会社CB
<演技場所>  オンライン選手権・高校生演技会場 および 特設会場
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CB >
  3. 新たな競技大会の形を切り開いた「男子新体操オンライン選手権2020」