チャットコマースシステムBeSHOPがLINEを使った商品の店舗受け取り予約システムの提供を開始!

チャットコマースで商品予約!季節商品や数量限定のアイテムをLINE予約で簡単に!店舗の密や食品ロスの削減にも効果的!

クラウド型LINEチャットコマースシステムBeSHOPは新たにLINEによる店舗受け取りが可能な商品の予約システムを導入しました。
お使いのLINE公式アカウントにショップ機能を導入出来るクラウド型チャットコマースサービスのBeSHOP(https://be-shop.herokuapp.com/lp)を開発・運営するByteRoad株式会社はこの度LINE公式認定パートナーである株式会社総合オリコミ社様とのOEM開発の一環として店舗受け取りを対象とした商品の予約販売システムを導入しました。
 


新型コロナウィルスの拡大で外出自粛による日用品や食料品の需要が増す昨今、スーパーや薬局等の店舗に人が集中し、密状態が発生する事が課題となっています。

これを解消するため電話やメール、もしくはアプリやwebシステムを使った商品の事前予約の活用が挙げられますが、
電話やメール(もしくは1対1のチャット)等の手段だと店舗側の負担が増し
アプリやwebシステムを使うのは消費者にとっては却って「めんどくさい」と感じられ敬遠される事が多いため
なかなか効果が挙がりません。

このミスマッチを解消するのがLINEを使ったチャットコマース・システムです。

チャットコマースは1対1では無くチャットボットシステムの為店舗側は都度応対する必要は有りません。

また消費者側も大多数が既にインストールされているLINEアプリを使うので新たなアプリのインストール作業や
webサイトへの会員登録・ログイン作業が不要となり普段お友達とチャットする様な感覚で気軽に商品の予約が可能になります。

また恵方巻や鰻等の季節の人気商品も近所のお店だと通常直接足を運べば良いのでわざわざ予約すると言った習慣はあまり有りません。
 

ただ近所だからこそ足を運ぶのが却って閉店間際になってしまったり、どんな商品が売っているのかを把握せず目ぼしい商品が既に売り切れてしまっていた等案外「油断して失敗してしまう」事は良く有りますが
事前にLINEで商品の把握と予約が出来ればこう言った「身近な悩み」の解決にも繋がります。
 

また事前に予約されていればお店側も近隣の需要を読み違え「作りすぎ」による廃棄も効果的に抑える事が可能になります。

更にLINEとの連携や予約時間の設定・商品登録、受注管理も専用の管理画面から設定可能なので店舗側にも運営の負担がかかりません。
 

今後はPayPayやLINE PAYと連動した事前決済可能な商品予約も検討しており、弊社は今後とも総合オリコミ社様を始めとする販売パートナーと連携し、ニューノーマル需要とマッチしたより身近で実用的且つ便利なチャットコマースの活用を推進して行く予定です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ByteRoad株式会社 >
  3. チャットコマースシステムBeSHOPがLINEを使った商品の店舗受け取り予約システムの提供を開始!