Robot More Familiar ~ロボットをより身近に~

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

純国産搬送ロボットメーカー株式会社TAKUMI(本社:福岡県福岡市、代表取締役:後藤元晴)は、世の中にロボットを普及させることで、社会の生産性を向上させ、人々の生活を健康的で豊かにします。そうして、人とロボットの共生・共働世界を創造し続けることで社会に貢献します。
当社は「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは「株式会社TAKUMI」のApril Dreamです。


■TAKUMIは未来を創造し、楽しむ心を持って、ロボットを生みだします

2020年4月から販売している「TiTra(ティトラ) G」は棚搬送ロボットとして、工場や倉庫などで導入が進んでおり、車体寸法や車体重量の異なる3タイプをそろえ、最大積載量は各500、800、1,000㎏。床面に敷設した2次元コードを読み取りながら走行し、誤差+-10㎜の停止制度を誇ります。2021年夏には「TiTra S」のリリースも控えており、先端のSLAM技術、AIを駆使した走行制御により、障害物をスムーズに回避することが可能となります。今後は、物流や製造現場にとらわれず、一般市場にも販売する予定で、使用用途に応じてカスタマイズできる体制を整えています。4月からは、福岡県福岡市博多区東那珂の技術センターも稼働し、事業拡大に向けてアクセルを踏み込みます。
 


▲国際物流総合展(2021年3月/Aichi Sky Expo)にて、TAKUMI自社開発ロボット(画像左から)
「GRIDタイプ TiTraG」広大な倉庫や工場で棚搬送にて、お客様の夢を実現します!
「SLAMタイプ TiTraS」人との親和性の高い走行制御にて、お客様の夢を実現します!
「オゾン発生空気清浄ロボット タクミクリン」無人にて夜間除菌し、お客様の夢を実現します!
 
「April Dream」は、
4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。
 
■株式会社TAKUMIについて

TAKUMIは、"Robot More Familiar~ロボットをより身近に~”をスローガンに、人とロボットの共生・協働世界の実現を目指す、純国産搬送ロボットのトータルロボットカンパニーです。年々高まる「生産人口の減少解決」において、お客様の業務改善、課題解決に最適なハードウェアおよびソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

会社名:株式会社TAKUMI
事業内容:ロボットソリューション
事業設立:2015年3月
所在地:福岡県福岡市中央区長浜2-4-1 東芝福岡ビル6F
代表者:代表取締役社長 後藤元晴
資本金:1億9,510万円
URL:https://www.takumi-robo.com/
タクミクリン特設サイト:https://takumiclean.takumi-robo.com/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社匠 >
  3. Robot More Familiar ~ロボットをより身近に~