農薬ベンチャーのアグロデザイン・スタジオ、大学発ベンチャー表彰2020「アーリーエッジ賞」を受賞

株式会社アグロデザイン・スタジオ(茨城県つくば市、代表取締役社長:西ヶ谷有輝、以下「アグロデザイン・スタジオ」)は 、 国⽴研究開発法⼈ 科学技術振興機構(JST)、国⽴研究開発法⼈ 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)主催の「⼤学発ベンチャー表彰2020 〜Award for Academic Startups〜」において「アーリーエッジ賞」 を東京大学・産学協創推進本部と共同受賞しました。

 

 

 

 

 

  • 大学発ベンチャー表彰とは

「大学発ベンチャー表彰~Award for Academic Startups~」は、JSTとNEDOが2014年より開始した表彰制度です。 大学などの成果を活用して起業したベンチャーのうち、今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰するとともに、特にその成長に寄与した大学や企業などが受賞しています。「アーリーエッジ賞」は、経営者が40歳未満かつ設立後3年以内の企業が受賞対象になります。

■「大学発ベンチャー表彰」https://www.jst.go.jp/aas/

 

  • 「アーリーエッジ賞」の受賞

今回の受賞は、支援大学である東京大学・産学協創推進本部(宮脇守ディレクター)との共同受賞になります。研究者であったアグロデザイン・スタジオの創業者自らが、東京大学のアントレプレナーシップ講座(EDGEプログラム)への参加を経て、研究の社会実装のために当社を起業し、資金調達や会社体制構築などを行った一連の流れが評価されました。
■「受賞者一覧」https://www.jst.go.jp/aas/award.html
 

  • アグロデザイン・スタジオについて

アグロデザイン・スタジオは、食の安全と安定供給に貢献するため、安全性の高い農薬を創出することを目的に2018年3月に起業された創”農”薬ベンチャーです。当社は東京大学をはじめとする大学・公的研究機関と共同研究を行い、分子標的農薬という新しいコンセプトの農薬を研究開発しています。2020年のベンチャーキャピタルからの約1億円の資金調達や、NEDOの補助金事業「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援(STS)」への採択を足掛かりに、安全な農薬の研究開発を推進していきます。


■会社概要
社名:株式会社アグロデザイン・スタジオ
創業:2018年3月30日
本社住所:〒277-0882 千葉県柏市柏の葉6-2-3 東京大学 柏IIキャンパス 産学官民連携棟306
登記住所:〒305-0047 茨城県つくば市千現2-1-6
代表者:代表取締役社長/創業者 西ヶ谷 有輝(にしがや ゆうき)
URL:https://www.agrodesign.co.jp
E-mail: info@agro.design
事業内容:新規な農薬原体(有効成分の化合物)の研究開発。防除対象生物(害虫・雑草・病原菌など)がもつ『ヒトには無いタンパク質』を薬剤ターゲットとすることで、毒性リスクの低い農薬を開発中。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アグロデザイン・スタジオ >
  3. 農薬ベンチャーのアグロデザイン・スタジオ、大学発ベンチャー表彰2020「アーリーエッジ賞」を受賞