株式会社個別指導塾同立有志会と株式会社リノが業務提携「琉球学導入とプリント学習で首里城復興!」

〜 沖縄の子ども達の学習支援と子どもの学習成果で首里城の復興を助ける 〜

奈良県大和郡山市で個別指導塾、就労移行支援事業、放課後等デイサービスを経営してきた株式会社個別指導塾同立有志会(本社:奈良県大和郡山市、代表取締役:中村尊裕 以下 同立有志会)と沖縄県島尻郡八重瀬町で放課後等デイサービスを運営する株式会社リノ(本社:沖縄県島尻郡八重瀬町、代表取締役:高良清正 以下 リノ)は、発達障害の子どもの自立を支援し、彼らの未来を変えるため、この度、業務提携を開始します。
これまで全国の発達障害の子どもの学習支援をしてきた同立有志会の『Iシステム』に、新たに沖縄の子ども達が地元の歴史や文化を楽しく学べるコンテンツを新規導入し、学習支援を導入すると同時に、その結果を首里城の復興支援に役立てるプロジェクト『くまプリで首里城修復プロジェクト2021』に取り組みます。

 

実施内容
1. 沖縄初! 発達障害の子どものための学習支援システム『Iシステム』を導入した放課後等デイサービス ガジュマ~ル の開所(運営会社:株式会社リノ)
 この度、株式会社リノは『この子らを世の光に!』をモットーに、子どもの自立を目指す新しい放課後等デイサービス(がじゅま~る)を立上げます。当施設には、同立有志会が開発した発達障害の子ども向け学習支援システム『Iシステム』が導入されます。『Iシステム』は現在、全国の放課後等デイサービス等で使われ始めていますが、沖縄県には初導入となります。
 

『Iシステム』(イノベーションシステム)『Iシステム』(イノベーションシステム)



2. ”琉球学”の共同開発
 同立有志会とリノは沖縄の子ども達が楽しく、身近な文化や自然、歴史を学ぶことができるコンテンツの共同開発を進めます。具体的には、『がじゅま~る』の生徒さんたちに、沖縄の自然・歴史・文化について調べ学習をしてもらい、それらのデータを基に『Iシステム』のプリント学習コンテンツを開発します。将来的には沖縄の子ども達だけでなく、全国の子ども達が沖縄について学べるコンテンツとして提供することを目指します。

プリント学習の『Iシステム』に”琉球学”を収録プリント学習の『Iシステム』に”琉球学”を収録



3.  くまプリで首里城修復プロジェクト2021
 『Iシステム』はプリント学習を基本とした学習支援システムですが、くまのマークが特徴なので、“くまプリ”と呼ばれています。今年度はこのくまプリを生徒が1枚解くごとに10円を首里城復興のために寄付します。生徒が頑張って勉強することで、首里城の復興を支援できるプロジェクトを通して、地元の文化遺産を身近に感じてもらうと共に、沖縄のシンボルである首里城が少しでも早く復興できることを願って、生徒と一緒に取り組みます。

『くまプリで首里城復興プロジェクト2021』『くまプリで首里城復興プロジェクト2021』



◆「Iシステム」とは
同立有志会が自社開発したプリント学習のシステムで、現在、複数の学習塾や放課後等デイサービス、学童保育等で利用されています。元来、個別指導塾に通う全ての生徒を対象に開発したため、全ての学習レベルの生徒に対応しています。近年、さらに学習に障害のある生徒さん用の教材を開発し、『 Iシステムfor放デイ』として、全国の放課後等デイサービス等の施設をはじめ、特別支援教室や特別支援学校でも利用されるようになっています。

同立有志会とリノが目指すもの
1、発達障害の子どもの学習環境の改善
学校の勉強スタイルについていけないことで、将来の選択肢を狭められてしまうことのないよう、発達障害の子どもの学習傾向に合わせた学習支援を提供し、子どもの可能性を伸ばします。発達障害の子どもを取り巻く学習環境を改善し、彼らの活躍の場を作ります。

2、発達障害の子どもの自立
 誰かに教えてもらう形の受動的な学習ではなく、自分で読んで理解することができる自立型の学習力をつけられる教育を行います。自立学習の力は一生涯必要となる能力であり、幼いうちに習得することで、人生をより豊かに過ごせると考えています。この学習方法を軸とすることで、誰かに助けてもらうことを当たり前とせず、助けが必要な部分は支援を受けながらも、それぞれの形で自立して生きていける人を育てます。

3、地元のことを理解し、愛する
 無知は無関心を生みます。幼いころから、楽しく地元の歴史・文化・自然を学ぶことは、将来、出身地に自信を持つこと、地元愛に繋がり、結果的に地元の課題についても真剣に考えられる人になれると思います。沖縄は歴史的にも自然環境的にも日本の中で際立つ特徴があります。そこで、沖縄について子供たちが楽しく学べる機会を提供し、地元愛を育みたいと思います。

リノと業務提携をした背景
沖縄は以前より、学習面での地域格差が問題視されている地域であり、発達障害児の数も多い。しかし、学習支援を軸とする放課後等デイサービスは皆無に等しい。リノの代表者高良は、自らも障害児を育てており、親亡き後の子どもの生き方について考えてきた。その中で、同立有志会の学習支援システムに注目され、同立有志会の代表とミーティングを持つこととなった。両者は親亡き後にも『その子らしい自立した生活が送れるように』という考えを持っており、目指す方向性が一致していることから、協力して、発達障害の子どもの未来を切り拓くため、業務提携の運びとなった。

株式会社個別指導塾同立有志会について
 代表の中村が同志社大学在学中に大手進学塾に勤務していた時、ハチマキを巻き8時間続けて勉強するなど詰め込み式の勉強法に違和感を覚え、詰め込み式の勉強法でなく『本当の学ぶ楽しさを伝えたい』、『地域資源を活用した教育をしたい』、『地域間の教育格差の是正をしたい』という思いから、奈良県大和郡山市小泉町に『個別指導塾同立有志会』を設立。これまで、奈良県を中心に約5,000人の生徒へ指導。学習塾の自立学習のために学習支援システム『Iシステム』を開発し、販売中。近年、放課後等デイサービスの生徒のために、発達障害者用の教材も開発している。
【会社概要】
会社名:株式会社 個別指導塾 同立有志会
所在地:〒639-1042 奈良県大和郡山市小泉町547-7和真庵ビル1F
代表者:代表取締役 中村 尊裕(なかむら たかひろ)
設立:2013年1月
URL:http://douritsu.com/
事業内容:個別指導塾同立有志会、及び放課後等デイサービスscrumの運営、学習支援システム『Iシステム』の開発・販売、オンライン型個別指導塾『Dokobets』の運営 等

株式会社個別指導塾同立有志会株式会社個別指導塾同立有志会




株式会社リノについて
 社会がこの子らに光を当てるのではなく、障がいがあっても力強く世の光に羽ばたいていけるように、という想いを込めた「この子らを世の光に!」を理念とし、児童発達支援事業所と放課後等デイサービスを運営している。身辺自立支援、学習支援、社会生活技能訓練などだけでなく、スイミング、運動教室、創作ダンス、英語、ヨガなど充実した療育プログラムを提供している。2021年の4月1日より、『 Iシステム』の学習支援システムを軸とした新事業所『ガジュマ~ル』を開所する。
【会社概要】
会社名:株式会社リノ
所在地:〒901-0415沖縄県島尻郡八重瀬町小城420番地1(2階)
代表者:代表取締役 高良 清正 (たから きよまさ)
設立:2016年8月
URL:https://www.kijimuna.club/
事業内容:児童発達支援・放課後等デイサービス こどもくらぶキジムナー 及び ガジュマ~ル の運営

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社個別指導塾同立有志会 >
  3. 株式会社個別指導塾同立有志会と株式会社リノが業務提携「琉球学導入とプリント学習で首里城復興!」