“巧み”の動きを可視化する 歪ゲージ式6軸力覚センサ「ZYXer」生産開始のお知らせ

新東工業株式会社は、2020年4月から新城事業所(愛知県新城市)にて、歪ゲージ式6軸力覚センサ「ZYXer (ジクサー)」の生産を開始しました。

近年、自動化や省力化につながる作業用ロボットは、生産現場が抱える人手不足や、働き方改革による生産の効率化もあり、あらゆる場面で活躍しています。しかし、人の手指の感覚により動きや力を変えるような作業については、反応精度や応答速度の課題もあり、全ての作業をロボットで置き換えることが難しい状況が現在も続いています。これらの課題は、ロボット導入による省人化や効率化を強力に進める日本の企業にとって、大きな阻害要因となっています。

このような背景もあり、ロボットそのものに力の感覚を与える当社の「ZYXer」の需要が拡大しています。「ZYXer」は機械特性・電気特性が業界最高水準にあり、手指の感覚が求められる巧みの作業から、非常に大きな力が必要となる作業、複雑な力の動きを伴う作業まで、全ての力を高精度に測定することを可能にしています。具体的には、耐モーメントを他社比の2倍にすることで、ロボットアームの移動速度で「業界最高水準」を実現しています。これにより、今までより速くロボットを動かすことができ、生産数量の増加やサイクルタイムの削減を可能にしています。また、力の検出能力が他社比の10 倍にも達しており、ロボットの動作精度を飛躍的に高めることができます。繊細な力を検出することで製品の品質不良を防ぐと同時に、ロボットハンドや付帯装置の破損まで防ぐことで、生産の安定までを実現しています。

実際の使用例としては、腕の力による「押し付け」が必要となる研磨作業や、部品の「はめ合わせ」時に指先の感覚が必要となる組み付け作業、さらには均一の力で「貼り合わせる、塗布する」ための作業などが挙げられ、これまで自動化が難しかった熟練作業をロボットで置き換えることが可能になります。
 
現在、ZYXerは各社での採用が決まっておりますが、当社は今後新たに「ZYXer」を搭載した各種ロボットのアプリケーションを開発し、市場に投入することで、ロボット関連事業の拡大を図ってまいります。

 ZYXer WEBサイトはこちら
 https://www.sinto.co.jp/lp/force_sensor/

ロボット実装時のイメージロボット実装時のイメージ

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 新東工業株式会社 >
  3. “巧み”の動きを可視化する 歪ゲージ式6軸力覚センサ「ZYXer」生産開始のお知らせ