SE LabsがBlackBerryを2021年度の新しいエンドポイント保護ソリューションとして最高位にランク

オンタリオ州ウォータールー - BlackBerry Limited(本社: カナダ オンタリオ州、CEO: ジョン・チェン、NYSE: BB、TSX: BB、以下BlackBerry)は、現地時間2021年11月22日、SE Labs(https://selabs.uk/)により、BlackBerry が2021年度の新しいエンドポイント保護ソリューション、ベスト製品に選定されたことをお知らせいたします。

SE Labs(https://selabs.uk/)は、現実的で厳密なサイバーセキュリティテストを提供することで知られています。SE Labsの評価スタッフは、可能な限り正確な「現実世界」のテストシナリオを再現し、評価を行っています。

リモートワークなどの進展により、職場がますますオープンになり、ハイブリッド環境での業務の拡大にあわせ、さまざまな新しい攻撃ベクトルがもたらされています。これらの進化する脅威に対してセキュリティソフトウェアをテストすることがさらに重要となっています。

「最高の新しいエンドポイントソリューションとして評価されたことは、開発チームとエンジニアリングチームが積み重ねた努力を反映しているとおもいます」

BlackBerry Spark グループ製品のエグゼクティブバイスプレジデントであるBilly Hoは述べています。

「当社のCylance AI® (https://www.blackberry.com/ja/jp/products/unified-endpoint-security/cylance-ai)とその ML(機械学習)数理モデルは第7世代であり、1.4兆を超えるファイルを分析し、200億を超える特徴を抽出して成り立っています。このスケールは、2021年7月のSE Labsのテストにも反映されており、その結果、BlackBerryは最近のマルウェアに対する誤検知がゼロ、かつ100%の有効性を達成することが出来ました。当社のセキュリティソリューションが業界と市場で継続的かつ、正しく認知されていることは素晴らしいことです」

サイバーセキュリティのベンチマークはますます重要になっています。というのは、サイバー犯罪の状況は、かつてないほど企業に脅威をもたらすようになっているからです。サイバー犯罪者の地下組織が一般的なビジネスの世界のように合理的で組織的に運営されているからです。彼らは、ウイルスやランサムウェアを迅速に収入化したいという強い動機をもっています。BlackBerry Research and Intelligence Teamは、過去12か月に世界最大のサイバー犯罪グループおよび、「エンタープライズ」レベルの初期アクセスブローカーを明らかにしました。これらの悪意のある集団は、急拡大するランサムウェアの被害に結び付いています。

BlackBerryの高度なインテリジェンスであるCylance AI®(https://www.blackberry.com/ja/jp/products/unified-endpoint-security/cylance-ai)とその ML(機械学習)は、予防ファースト(被害をまず防ぐこと)に重点を置くため、攻撃がシステム内部に侵入したり、その他の弱点を悪用したりする前に攻撃を阻止することができます。

「BlackBerryのこの製品を、2021年になって初めて公にテストしました」

SE LabsのCEOであるSimon Edwardsは、次のように述べています。               

「2021年年間のアワード候補製品を審査するにあたって、テストの最初の段階から素晴らしい成績を残したこのベンダーは我々にとっても驚きでした」

「Blackberryは、「現実世界の環境」テストで優れたパフォーマンスを発揮しており、この製品は、専門家の審査員団と製品のユーザーの両方から高く評価されています。最高の次世代エンドポイントの賞を獲得したBlackBerryを祝福したいと思います。」

2021 SELabsの2021年年間レポート全文はこちらから(https://selabs.uk/reports/annual-report-2021/)ご覧ください。

その他、BlackBerry Research&Intelligence Teamの最新調査の詳細については、こちら(https://blogs.blackberry.com/ja/jp)をご参照ください。


BlackBerry Limitedについて
BlackBerry®は、世界中の企業や政府機関向けに、インテリジェントなセキュリティソフトウェアとサービスを提供しています。BlackBerryのソリューションは、1億9,500万台の自動車をはじめ、5憶以上のエンドポイントを保護しています。カナダ・オンタリオ州ウォータールーに本社を置く同社は、AIと機械学習を活用して、サイバーセキュリティ、安全性、およびデータプライバシーソリューションの分野で革新的なソリューションを提供しています。さらに、エンドポイントのセキュリティ管理、暗号化、組み込みシステムどの主要分野をリードしています。詳細については、https://www.blackberry.com/ja/jp をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BlackBerry Japan 株式会社 >
  3. SE LabsがBlackBerryを2021年度の新しいエンドポイント保護ソリューションとして最高位にランク