採用動画メディア『moovy』が、投稿した採用動画をAIで解析し、自動で文字起こしするサービスを提供開始

〜採用動画の編集作業において時間がかかるテロップ作成が簡略化〜

株式会社moovy(本社:東京都渋谷区、代表:三嶋弘哉)が提供する採用動画メディア『moovy』は、AIを活用した「自動文字起こし機能」および、テロップのタイミングを0.1秒単位で調整して動画を編集できる「テロップエディタ機能」をリリースしました。
  • 採用動画の編集において時間がかかるテロップ作成が簡略化
●自動文字起こし機能
動画編集で最も工数のかかる作業が「字幕テロップ」の差し込みです。今回リリースした、moovyの「自動文字起こし機能」を使用すると、映像ファイルの音声トラックをAIで解析し、自動的にテキストとして出力することができます。自動音声認識と呼ばれる深層学習プロセスを使って、迅速かつ高精度に音声をテキストに変換します。
moovyの掲載企業であれば、固定費・初期費用・従量課金もかからず無料となっており、必要な時に必要なだけ利用できるのが魅力です。

●テロップエディタ機能
上記の自動文字起こし機能を併用して、音声を動画内の字幕テロップとして表示・編集できるため、より素早く伝わりやすい採用動画を作成することが可能です。「テロップエディタ機能」を使って、字幕テロップの開始 / 終了が0.1秒単位で正確に表示でき、フォントサイズやカラーも編集することができます。
テロップエディタ機能は映像編集のプロツールで採用されている編集機能ですが、誰でも簡単に直感的に編集していくことができるよう実装しました。


 

  • moovyのサービス概要
『moovy』は、30秒の採用動画を使って求職者と求人企業をオンラインでマッチングする 採用動画メディア(動画配信プラットフォーム)です。求職者は『moovy』を利用することで、文章では伝わりにくい「企業内の個人や組織の特徴」を感じ取ることができます。また、求人企業は文章だけでは表現しきれなかった採用情報を求職者に伝える「採用PR / 採用ブランディング」として活用できるサービスです。
【サービスサイト】 https://moovy.jp/
 

 

 

 
  • moovyの特徴
・企業のカルチャーや、人柄の理解が高まり応募者の質向上が期待できる
・動画をSNSで拡散することで、潜在的な採用候補者にも訴求することが出来る
・スマホでの動画視聴が頻繁な20~30代の採用候補者に動機づけが可能
・タグを1行入れるだけで、採用ホームページやエンジニアブログに採用動画を転載できる
・メッセージやスカウト機能の活用により、双方向のコミュニケーションが可能
・AIを活用した音声認識機能によって、採用動画の自動文字起こしが可能

 
  • 株式会社moovyについて
・社名:株式会社moovy
・代表:三嶋 弘哉
・本社:東京都渋谷区道玄坂1丁目18−3 プレミア道玄坂8階
・設立:2020年4月13日
・資本金:8,000,000円
・サービスサイト:https://moovy.jp/
・ホームページ:https://moovy.co.jp/
 
  • お問い合わせ先
・株式会社moovy 担当:三嶋
・Email : moovy_support@moovy.co.jp
・問い合わせフォーム : https://moovy.co.jp/#contact
・電話:050-3701-3401
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. moovy >
  3. 採用動画メディア『moovy』が、投稿した採用動画をAIで解析し、自動で文字起こしするサービスを提供開始