Challenge Fundが、お客さまの声を活用したサービス業向け業務改善及び人材育成システム「koko tip」にカスタマーUXの刷新と3つの新機能をリリース

- 従業員の評価の見える化、ES向上に加えて、売上・集客拡大機能を追加 -

株式会社Challenge Fund(チャレンジファンド/本社:東京都港区、代表取締役:根本 雄輝)は、お客さまの声を活用したサービス業向け業務改善及び人材育成システム「koko tip(ココチップ)」がカスタマーUXの刷新と3つの新機能(Googleマイビジネス口コミ連携機能、サンクスボードの自動作成機能、チップ機能を2021年8月にリリース(予定)。これにより、お客さまの「ありがとう」の声を、より多くの形で店舗経営に活かせる仕組みが実現されます。

 

 
  • 3つの機能の概要と特徴
「Googleマイビジネス口コミ連携機能」
お客さまがkoko tip上で送信したメッセージを、簡単にGoogleマイビジネスにもコメント転載できます。koko tipで生まれたメッセージを、店舗内だけでなく社会に発信することで新たなお客さまとの繋がりを生み出すことをサポートします。

「サンクスボードの自動作成機能」
管理者画面でクリック一つでスタイリッシュなデザインのお客さまメッセージ集を作成できるようになります。メッセージ集を印刷しお客さまメッセージに対して店舗からのコメントを書き添えることができます。それを店舗内に設置することでお客さまとの双方向コミュニケーションの機会を生み出します。

「チップ機能」
スタッフへお客さまがチップ(接客サービスへのお礼)を贈ることが出来る機能です。日本ではまだあまり浸透していないチップ文化ですが、心温まるホスピタリティや感動対価としての「ありがとう」の気持ちをチップで贈る文化を広めていくことをkoko tipを通じてサポートします。

「koko tip」 ページ
https://39.kokotip.jp/

 

  • 新機能開発の背景
2021年2月のkoko tipサービスリリースからの6か月間で、沢山のお客さまからの「ありがとう」が生まれました。当サービスのミッションである、『ありがとうが働くを変える』の実現に向けサービスの価値向上を一層加速させていくうえで、集まった「ありがとう」の活用方法拡大を検討し、本機能をリリースするに至りました。

 「ありがとう」を気持ちよく伝えるUX向上がkoko tipサービスの根幹と考え、お客さま・スタッフ・管理者それぞれにおいて、今後も改善し続けていきます。今回は、その一環として、お客さまのUXを大幅に刷新しました。スタッフへのメッセージ送信のしやすさ、Googleマイビジネスとの連携、チップ機能の追加は、お客さまの「ありがとう」を更にシンプルかつ多くの形で発信することを実現します。


■koko tip導入に関する問い合わせ
https://39.kokotip.jp/
Mail:info@challengefund.co.jp

■会社概要
株式会社Challenge Fund(チャレンジファンド)
所在地:〒106-0047 東京都港区南麻布1-6-30
代表取締役 根本 雄輝
URL:https://challengefund.co.jp/

■事業内容・サービス
①戦略人事アウトソーシングサービス『KUROKO』の企画・開発・管理・運営
②サービス業向け業務改善及び人材育成システム『koko tip』の企画・開発・管理・運営

※サービス内容などにつきまして
無料期間や料金などは、プレスリリース現在の物となっております。
最新情報につきましては
https://challengefund.co.jp/
にて確認いただくようお願いします。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Challenge Fund >
  3. Challenge Fundが、お客さまの声を活用したサービス業向け業務改善及び人材育成システム「koko tip」にカスタマーUXの刷新と3つの新機能をリリース