企業間の人材シェアリングをもっと簡単に!雇用調整と人材調達ニーズをつなぐワークシェアプラットフォーム「Ainote(アイノテ)」を2020年11月19日発表。雇用維持や資金繰り改善を企業間出向で支援。

全国の企業を対象としたサービス先行登録(無料)の受付を開始しました。

新型コロナウイルス感染症拡大の状況下における急速な雇用情勢悪化に対して、welp株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:岡村 浩之)は、企業の雇用維持を目的とした出向支援サービス「Ainote(アイノテ)」( https://ainote.tech/ )事業を開始することを、2020年11月19日(木)に発表します。


Ainote(アイノテ)とは?

本サービスは、雇用調整と人材調達の両立を”労働者の在籍出向”により実現するサービスです。これまで労働者の出向は主に複数の関係会社を持つ大企業に限られてきましたが、本サービスを利用することで企業間の垣根を越えた人材によるワークシェアリングが可能となります。企業担当者にはweb管理画面を提供し、企業間出向に必要な人材管理・マッチング・契約管理・人事評価管理・請求管理等をワンストップで提供します。また、出向人材の完全移籍もサポートし、従業員および出向元企業と出向先企業のニーズや雇用情勢に応じて従業員の人件費を最適化し、資金繰りの改善や事業計画の推進をバックアップ、雇用調整と人材調達をより簡潔で戦略的なものへと導きます。

労働者向けには労働者自身が勤務を望む業種や業態、身につけたいスキルの観点から候補先企業の検索をはじめ、出向先企業からの人事評価を重ねていくことにより、出向元企業に在籍しながら自身のスキルアップや市場価値の向上を目指すことができる仕組みを提供します。



Ainoteの特徴(出向元・出向先企業の双方にメリットを生み出す仕組み)

・出向元企業「最短翌日から雇用調整が可能」
従来の雇用調整(減給、解雇など)に代わる手段として、他企業への時限的な出向により、自社の雇用を維持したまま固定費である人件費の最適化が可能となります。出向先企業の選定からマッチング、出向に伴う企業間の契約や煩雑な労務文書管理をワンストップでサポート。出向人材の契約期間終了後は、自社の経営状況に応じて従来通り自社業務に再配置できるだけでなく、従業員に対しても自社では身に付けられない新たなスキルを他社で獲得する機会を提供することが可能です。


・出向先企業「最短翌日から即戦力人材の採用が可能」
他社で勤務する正社員人材を時限的に雇用することが可能となります。出向元企業が送り出す人材を直接スカウトする方式に加え、採用したい人材や配置したい案件をプラットフォーム内で公開した上で人材募集を行う方式にも対応します。人材採用や教育にかかるコストの削減だけでなく、即戦力人材を自社が必要な期間だけ雇用することが可能です。

 Ainoteは、企業における雇用調整の新たな手段として活用できるとともに、企業間の人材によるワークシェアリングを安全かつスムーズに運用することができます。


活用事例

・経営不振の際の資金繰りを今すぐ改善したい
Ainoteならプラットフォーム内で出向先企業の選定から打診、契約までを最短1日、ワンストップで完結することが可能です。急速な市場環境悪化に伴う資金繰り改善を今すぐ行う必要がある場合も迅速かつ柔軟な対応を実現します。

・業務の増減に応じて柔軟な雇用調整ができる手段がほしい
従業員に任せる仕事が一時的に不足する局面では、”週2日だけ他社で勤務してもらう”といった利用が可能です。大切な従業員の雇用を維持したまま生産性および稼働率の最適化を実現します。

・安心して副業できる機会を従業員に提供したい
“企業に属しながら自由度の高い働き方をしたい”、”自社では得られないスキルを他社で身につけたい”といった従業員のニーズに対し、副業機会の提供が可能です。Ainoteなら出向先となる企業情報や業務内容を把握した上で従業員を送り出すため、副業で生じがちなトラブルを未然に防ぐことができます。

・即戦力人材を自社の需要に応じてすぐに採用したい
採用側は同業他社の正社員人材を、自社が必要な期間に応じて採用することが可能です。出向契約期間が終了した後も、出向元企業の状況次第で契約延長や移籍交渉なども行うことができます。


サービス料金体系

Ainoteはシステム利用料は無料。出向契約が成立した場合にのみ料金が発生する成果報酬型のサービスです。報酬手数料は出向元・出向先それぞれの状況とニーズに応じて変動します(双方の企業間で成立した出向料の10%が上限)。



サービス化の背景

Ainoteを運営するwelp株式会社は、1989年から約30年間に渡って現場発想型の人材サービス事業を行ってきた株式会社スプラウト・イットの子会社です。コロナ禍の影響で雇用環境の急速な悪化が見込まれる中、人材サービス企業としての新しい支援のあり方を考えました。

“事前アンケートでは81%の企業が「使ってみたい」と回答(弊社調べ:有効回答数57社)”
弊社が本サービスの検討を開始した2020年5月から企業向けアンケートを実施したところ、本サービスを、「人材採用手段として活用したい(81%)」、「雇用調整手段として活用したい(67%)」という回答が得られました。その後、弊社においてサービスとしての利便性やニーズを検証した上で、事業化する運びとなりました。

また、本サービスは親会社の株式会社スプラウト・イットのグループ内スタートアッププロジェクト(SPROUT.it Lab)の第一号事業となります。「人材を活かした社会貢献と価値創造を実現したい」というグループ理念のもとサービス提供をしていきます。


サービス名とロゴについての想い


Ainote(アイノテ)という名称は「企業が互いに合いの手を入れるように協調し合う」という意味を込めています。雇用調整・人材調達それぞれを求める企業の双方を繋ぐサポートしたいと考えています。

ロゴの"A"と"i"の○部分は、フレキシブルな人材の流動性をイメージしており、「前向きな人材の行き来を支援する」という意味を持っています。このウィズコロナ・アフターコロナ時代に、ワークシェアリングのニューノーマルを構築し、雇用調整と人材調達が両立するプラットフォームとして新たなスタンダードをつくるという想いを込めました。


先行登録企業の募集を開始

Ainoteの本リリースは2021年初旬を予定しております。サービスの最終調整を行なっていく中で利用者の意見を反映させるべく現時点から先行登録企業様を募集致します。先行登録企業様には、Ainote本リリース後、利用方法等に関する導入サポートやコンサルティングサービスを無料で提供します。また、利用開始前にも自社でお持ちの経営課題を是非お聞かせください。最終調整段階において、先行登録企業様の意見を参考にAinoteをよりよく皆さまに活用いただけるサービスへと進化させてまいります。


welp株式会社について

「テクノロジーで雇用機会創出を促進する」をミッションとし、多様な働き方を支援するプラットフォーム事業を展開している会社です。これまで東京・大阪・名古屋を中心にスポットアルバイトマッチングアプリサービス 『ウェルプ』 を自社開発し、運用・販売を展開しています。


「Ainote(アイノテ)」サービス概要
https://ainote.tech/
▼お問い合わせはこちら
フリーダイヤル:0120-991-166
Mail:info@ainote.tech


会社概要
会社名:welp株式会社
代表者:代表取締役 岡村 浩之
本社:〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-16-6 東八重洲プレイス6F
大阪支社:〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-13-14 共栄新大阪ビル7F

設立日:2017年3月
事業内容:スポットアルバイト採用支援システム『ウェルプ』事業・Ainote事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. welp株式会社 >
  3. 企業間の人材シェアリングをもっと簡単に!雇用調整と人材調達ニーズをつなぐワークシェアプラットフォーム「Ainote(アイノテ)」を2020年11月19日発表。雇用維持や資金繰り改善を企業間出向で支援。