豚骨ラーメン・魚介つけ麺・煮干しラーメンを展開するラーメン店が「ベビースターラーメン」を使用したコラボメニューを販売

〜 子供から大人まで楽しめるラインナップ 〜

仙台を中心に、札幌・盛岡・山形・熊本の各地にラーメン店を展開する株式会社 advance growing(本社:宮城県仙台市、代表取締役:光永秀辰)は、「ベビースターラーメン」を使ったコラボメニューを「らーめんおっぺしゃん」 「つけ麺おんのじ」 「煮干しラーメンあばかん」の各店で2021.年3月11日から販売します。
【URL】http://www.adgr.jp/


ベビースターコラボメニュー特徴
1.モチモチの自家製麺と、ベビースターラーメンのカリカリ感を一緒に食べると何とも言えない「モチカリ食感」が味わえます。
2.ご飯との相性も良く、香ばしい風味と味わいが食欲をそそります。チャーシューごはんにベストマッチ。
3.コラボ企画オリジナルの、おつまみチャーシュー・おつまみ塩もやしがあり、大人も楽しめます。


メニュー完成までの背景
歴史の長い「ベビースターラーメン」は味・香り・食感のどれを取っても誰もが知る味。
本物のラーメンと組み合わせることは、意外と試行錯誤の繰り返しだったと言えます。
ラーメンの食材とのマッチングを繰り返し、ベビースターラーメンらしさを感じさせながら、ラーメンやサイドメニューを引き立たせることに注力して、味・香り・食感の掛け算から完成に至りました。

お客様への想い
外食に出かける機会が少なくなり、食の楽しみに対する様々な工夫を誰もがしている社会の中で、ラーメンとベビースターラーメンのコラボ料理を通じて外食の楽しみや、食材としてのベビースターラーメンを味わい、少しでも心がワクワクする時間を過ごして欲しいと思います。
 


販売商品概要】

各ブランドごとに、3月~6月にかけて月替わりコラボ商品を販売

期間を通して、ベビースターおつまみメニューも販売(100~250円)
〈販売店〉
「らーめん おっぺしゃん」
宮城県:本店、若林店、青葉通店、
EBeanS店、宮町店
北海道:北14条光星店
岩手県:盛岡駅前店
熊本県:熊本本店
「つけ麺おんのじ」
宮城県:仙台本店、榴岡店
山形県:山形店
熊本県:新市街店・近見店
「煮干しラーメンあばかん」
宮城県:本店

※「ベビースター」「ホシオくん」は株式会社おやつカンパニーの登録商標です。
 

株式会社 advance growingについて
2004年4月に宮城県仙台市にて、熊本出身で現社長の光永が個人創業(27才)で「らーめんおっぺしゃん」を創業。2007年8月に株式会社 advance growingを設立。現在は、らーめんおっぺしゃん8店舗(北海道・盛岡・仙台・熊本)、つけ麺おんのじ5店舗(仙台・山形・熊本)煮干しラーメンあばかん1店舗(仙台)を展開中。FC展開をしており、現在加盟店は5店舗になる。


【販売会社概要】
会社名:株式会社 advance growing
所在地:宮城県仙台市青葉区国分町1-8-14 仙台協立第2ビル6F
代表者: 代表取締役 光永秀辰
設立: 2007年8月(個人創業:2004年4月)
URL: https://www.adgr.jp/
事業内容:ラーメン店運営・フランチャイズ本部運営


【お客様からのお問い合わせ先】
◆ベビースターラーメンコラボ商品に関する問い合わせ先
株式会社 advance growing
TEL: 022-398-4318(平日11:00~17:.00) ミツナガまで
e-mail: ra-men@oppesyan.jp ミツナガ宛


【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
同上

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 advance growing >
  3. 豚骨ラーメン・魚介つけ麺・煮干しラーメンを展開するラーメン店が「ベビースターラーメン」を使用したコラボメニューを販売