飲食店のDXを加速させる、デリバリーサービス一元管理ツール ‘delico (デリコ)’ を株式会社フードテックキャピタルがリリース

飲食店の現場を熟知するメンバーとテックのプロが開発した、デリバリーにおける生産性向上と収益増加の両方を実現させるツール delico (デリコ)

「テクノロジーで食の未来をつくる」をミッションに掲げる、株式会社フードテックキャピタル (東京都港区、代表取締役:鈴木大徳)は、デリバリーサービスの一元管理ツール delico (デリコ)をリリースしたことをお知らせ致します。

 

 
  • デリバリー一元管理ツール delico (デリコ)とは
 delico (デリコ) は、「テクノロジーで食の未来をつくる」をミッションに掲げる、株式会社フードテックキャピタルが開発した、デリバリーサービスの一元管理ツールです。

1台のタブレットであらゆるデリバリーオーダーを受注1台のタブレットであらゆるデリバリーオーダーを受注

 

delicoのサービスサイトはこちら ➔ https://delico.co.jp

 

  • delico (デリコ) は 「各店舗の業態を増やしたい」「導入プラットフォームを増やしたい」方に
2020年から続く「コロナ禍」において、多くの飲食店は店舗営業スタイルの見直しを迫られ、これまでの「店内飲食(イートイン)」ではない、「テイクアウト」や「デリバリー」などの中食への参入を余儀なくされました。
しかし自店舗でデリバリーを実践することはハードルが高く、複数のデリバリープラットフォームに集客や配達を依存しており、さらに収益を増やすために、実店舗ではないバーチャルな業態(ゴーストレストラン)の運営も一般的になりました。

その中で、「各店舗の業態を増やしたい」、「導入プラットフォームを増やしたい」、というニーズはあるものの、1業態1プラットフォームごとに1つの端末(タブレット)が必要となり、店舗スタッフはオーダーが入ると手書きで調理スタッフにオーダーを伝えていたことから、ミスの多発や、プラットフォームごと業態ごとのメニュー更新作業、売上確認作業などの管理は煩雑さが増すばかりでした。
このような「タブレット地獄」や管理の煩雑さを改善し、生産性の向上とプラットフォームの導入による収益の増加を実現させるため、delico (デリコ)は誕生いたしました。

タブレットが1つにまとまることで、キッチンのスペースが格段に広がります。タブレットが1つにまとまることで、キッチンのスペースが格段に広がります。

 
  • delico (デリコ)で出来ることのご紹介
delico (デリコ)によって、店舗は1台のタブレットで全てのプラットフォームからオーダーを受注、1台の専用プリンターからオーダー伝票を印字でき、配達スタッフへの受け渡しまでをスムーズに行うことができます。

また、delico (デリコ)のマネージャー機能により、メニュー変更や値段の変更などの更新作業を一括で行うことができるだけでなく、一元管理された売上の可視化なども可能になります。
これにより店舗スタッフはもちろん、エリアマネージャーや経営陣、本部の経理スタッフの方々も、簡単に各店舗、各業態ごとの業績を確認でき、スピード感のある業態改善等を実現することも可能になります。

そして、生産性の向上とともに、収益の増加も実現できます。例えば、タブレットの設置場所などの制約により、今まで一つのプラットフォームで5業態しか運営出来なかった場合、delico (デリコ)を導入することにより、導入プラットフォームを1台のタブレットで複数増やすことが出来るので、6つのプラットフォームの導入で30業態の運営を可能にし、大幅な収益の増加を実現することが可能となります。

delico (デリコ)は、現場を熟知する飲食店のメンバーが開発した、お店の方々にとって一番使いやすいように開発された、現場起点のツールです。
delico (デリコ)によって、人件費の高騰やコロナ禍での大幅な収益減少など、苦境に立たされている飲食店の生産性向上や収益の改善を実現させ、一店舗でも多くの飲食店のDXを加速させ、日本の食の未来をつくっていくことを目指していきます。

問い合わせ先はこちら ➔ https://delico.co.jp/contact/
事前ご利用登録はこちら ➔ https://delico.co.jp/register/
 
  • 株式会社フードテックキャピタルとは
飲食業界のプロ、テクノロジーのプロ、ビジネスのプロが三位一体となって飲食業界を変革すべく立ち上がった会社が、FoodTech Capital(フードテックキャピタル)です。
FoodTech Capitalのミッションは、「テクノロジーで食の未来をつくる」。テクノロジーとデザインを融合し、30年後の日本の食がより良いものになるために、フードテックキャピタルは、食の未来をつくっていきます。

■ 代表取締役 メッセージ

代表取締役社長 鈴木 大徳代表取締役社長 鈴木 大徳

 

コロナウィルスの影響により外食産業は100年に一度の危機に直面しています。しかしこの危機は、日本の素晴らしい食がさらに大きく進化を遂げる変革のチャンスです。


創業以来、外食企業の財務を支援し、食の素晴らしさ・食の可能性を目の当たりにしてきました。そして新たな支援の形として「外食産業のDXをしたい」そう思い、FoodTech Capitalを創業しました。

FoodTech Capitalは、食の未来をつくっていきます。外食産業にこれまで関わる事のなかった優秀な人材を集め、テクノロジーやデザインへの投資、ビッグデータの活用を通して、産業の架け橋となります。

テクノロジーとデザインの力で、残すべき食の形と進化していくべき食の形を創造するそれが我々の使命です。
 

 

■会社概要
社名:株式会社フードテックキャピタル
設立日:2020年12月
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山2丁目12番15号 G-FRONT 青山 9階
代表取締役:鈴木 大徳
ホームページ:https://foodtech-capital.com/

■本リリースに対するお問い合わせ先
問い合わせ先はこちら ➔ https://delico.co.jp/contact/
 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フードテックキャピタル >
  3. 飲食店のDXを加速させる、デリバリーサービス一元管理ツール ‘delico (デリコ)’ を株式会社フードテックキャピタルがリリース