「DeFactory(デファクトリー)」が、経済産業省「IT導入補助金2021」導入支援社に認定

Shopifyの導入費用を最大450万円補助

「中小企業・スモールビジネス向け」の販売業務に必要な「受発注・在庫管理・販売管理」の機能をワンストップで提供するDeFactory株式会社(本社:神奈川県平塚市、代表取締役:徳満翔平、以下『DeFactory』)は、経済産業省が実施する「IT導入補助金2020」において、 「2021年度IT導入支援事業者」としての採択を受けました。これにより、当社がかねてから行っていたクライアントワーク事業の一環であるEC構築支援事業におけるShopify導入支援の補助金利用が可能となりました。
 


IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者を対象とし、ITツールを導入する経費の一部を補助することで業務効率化・売上アップをサポートする補助金です。
当社が導入を支援するShopifyは「非対面型ビジネスモデルへの転換」(もしくは「テレワーク環境の設備」)するためのサービスとして認定を受け、補助金対象の企業様(中小企業・小規模事業者)が、ECサイトを導入する場合、特別枠(C類型)として導入費用の2/3(最大450万円)の補助金が支給されます。

・補助金対象者:中小企業・小規模事業者等(製造業、卸・小売、他業界等も対象)
・補助率:2/3以内(下限額30万円、上限額450万円)

※対象者、補助金額、スケジュール等の詳細は公式サイト(https://www.it-hojo.jp/)をご確認くださいませ。
 
  •  Shopifyについて
Shopifyは、クラウド基盤のマルチチャネルEコマース構築プラットフォームです。プラットフォームには、販売カート、決済機能から、バックオフィス機能も備えられており、オンライン販売に必要なものすべてはShopifyで一元管理ができる、という手軽さが大きな特徴です。

https://www.shopify.jp/
 
  • 当社のEC構築の強み
DeFactoryでは、自社でEC事業を行っていた経験から、19年から開始しているWeb制作事業においてECサイトの構築を行っており、また自社内において、製造小売業も行っていた知見がございます。

自社EC事業を行っていた経験、デジタルマーケティングのナレッジを踏まえ、Shopifyの構築では、BtoC、BtoB企業様を問わず、EC販売を強化したい企業様のサイト構築、開発の全面バックアップを行って参ります。
 
  •  会社概要
社名:DeFactory株式会社
設立:2017年2月2日
所在地:神奈川県平塚市中原3-12-5
代表者名:代表取締役CEO 徳満翔平
資本金:4,000,000円
事業内容:クラウド事業、クライアントワーク事業(デジタルマーケティング/Web制作)
ホームページ:https://defactory.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DeFactory株式会社 >
  3. 「DeFactory(デファクトリー)」が、経済産業省「IT導入補助金2021」導入支援社に認定