【東京都×Stroly】デジタル観光マップの実証実験を開始!アフターコロナを見据えた観光のあり方検討へ

位置情報と連動したデジタルマップのプラットフォームを展開する株式会社Stroly(本社:京都市、代表取締役社長:高橋 真知、以下Stroly社)は、アフターコロナを見据え、ストレスフリー観光やサステナブルな周遊促進方法など、観光のあり方の検討を目的とした東京都との実証実験として、3つのテーマのデジタル観光マップの提供を2021年10月20日(水)より開始します。

 



タイトル:Neo-Shinjuku 歌舞伎町マップ(英語名:Neo-Shinjuku, Tokyo)
URL:https://viewer.stroly.com/1627543732/?room=stroly

タイトル:新宿エリア観光マップ(英語名:The Best Neighborhoods to Stroll in Shinjuku, Tokyo)
URL:https://viewer.stroly.com/1629273968/?room=stroly

タイトル:新宿歴史絵図(英語名:Tales and Histories in Shinjuku, Tokyo)
URL:https://viewer.stroly.com/1627543807/?room=stroly


アフターコロナを見据えた観光のあり方検討の背景

コロナ禍により観光産業が大きな打撃を受けた一方で、人々が自宅で過ごす時間(おうち時間)が増えたことにより、巣篭もり需要が増加しました。そのため、各自治体や観光協会においては、バーチャル観光を推進する手法の検討が急務となっています。今回のデジタル観光マップを用いることにより、東京都とStrolyでは、自宅にいながらエリア観光やエリア学習、さらには情報収集が行える方法についての実証実験を行い、またデジタルマップ上での他ユーザーとのコミュニケーション体験について提供を行います。


東京都とStrolyによる実証実験の概要
  • 目的:ストレスフリー観光やサステナブルな周遊促進方法など、アフターコロナを見据えた観光のあり方を検討
  • 方法:新宿エリアの観光を題材としたデジタルマップの提供
  • 対象エリア:東京都・新宿エリア
  • 対象ユーザー:国内外問わず、おうち時間を過ごすユーザー
  • 実施期間:2021年10月20日(水)〜2021年12月31日(金)
  • その他:デジタルマップの提供により、利用状況の分析も実施


今回提供するデジタル観光マップについて

今回の実証実験では、新宿エリアのデジタル観光マップを合わせて3つ公開します。ウェブで公開するStrolyデジタルマップを用いて、おうち時間のユーザーに新宿のバーチャル観光体験を提供いたします。
 

提供する3つのデジタルマップのスマホ閲覧時の画像提供する3つのデジタルマップのスマホ閲覧時の画像



デジタルマップの投稿型プラットフォーム「Stroly」について

Strolyは、エリアブランディングに効果的なイラストマップを、位置情報と連動させてデジタル化する投稿型プラットフォームで、アプリ不要でWeb上で利用できます。
投稿されたデジタルマップ上では、エリアのおすすめスポットを紹介する「スポット機能」や「チャット機能」、「スタンプラリー開催機能」など多彩な機能を提供します。これまでに世界45カ国から9,000枚を超えるマップがStrolyに投稿されています。
投稿者は、地域の魅力をStrolyデジタルマップで手軽に発信できる上、実際にユーザーが訪れたエリアのヒートマップを管理画面からいつでも確認できます。これは、マップの印刷・配布といったコストや環境資源への負荷を軽減する、新しいスタイルの観光促進方法です。


Strolyの新機能について

今回の実証実験にあわせて、「スポット機能」にタイムテーブル形式のイベント情報を掲載可能にする「イベント情報表示機能」を公開します。これにより、ユーザーに対して、場所の情報だけでなく、イベント情報やシーズンごとの催事情報を知らせることができます。

 

 

イベント情報表示機能の左は日本語で閲覧、右は英語での閲覧の画像イベント情報表示機能の左は日本語で閲覧、右は英語での閲覧の画像



■東京都主催ピッチイベント「UPGRADE with TOKYO」について

東京都では、スタートアップ企業向けのピッチイベント「UPGRADE with TOKYO」を2019年より開催しております。このピッチイベントにおいては、東京都と各スタートアップ企業の官民協働による連携を目的としており、ピッチイベントにて都政課題の解決に資すると認められたスタートアップ企業は東京都と協働に向けた検討を進めていきます。なおStroly社は、2019年12月に開催された第1回大会にて優勝し、本実証実験はピッチ内での提案内容を元に進められています。


■一般ユーザー向けの情報公開サイト

Strolyのランディングページ(https://stroly.com/goshinjuku/


■株式会社Strolyについて

ウェブサイト:https://biz.stroly.com/
マッププラットフォーム利用料:月額11万円(税込)〜※基本契約単位12ヶ月。
(11月からイベント機能、スタンプラリー機能の使用が可能)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Stroly >
  3. 【東京都×Stroly】デジタル観光マップの実証実験を開始!アフターコロナを見据えた観光のあり方検討へ