企業型DC加入者の77.3%が投資先選びに不安 65.5%が運用時に専門的な相談をできる人がいない実態

〜相談相手がいることで、75.3%が「資産運用の効果の最大化」を期待〜

 株式会社イナバプランニングカンパニー(本社:埼玉県さいたま市、代表者:稲葉 晴一)は、企業型DC加入者110名を対象に、企業型DC加入者の資産形成に関する実態調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。
  • 調査サマリー

 
  • 調査概要
調査概要:企業型DC加入者の資産形成に関する実態調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®️」の企画によるインターネット調査
調査期間:2022年8月18日〜同年8月18日
有効回答:企業型DC加入者110名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

≪利用条件≫
1 情報の出典元として「株式会社イナバプランニングカンパニー」の名前を明記してください。
2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、下記リンクを設置してください。
URL:https://www.inaba-plan.com/
 
  • 加入者の64.5%が、「企業型DCのラインナップを、十分に理解して運用先を選べている」と回答
 「Q1.あなたは企業型DC(企業型確定拠出年金)のラインナップの中身を、十分に理解して運用先を選べていると思いますか。」(n=110)と質問したところ、「非常にそう思う」が28.1%、「ややそう思う」が36.4%という回答となりました。

Q1.あなたは企業型DC(企業型確定拠出年金)のラインナップの中身を、十分に理解して運用先を選べていると思いますか。Q1.あなたは企業型DC(企業型確定拠出年金)のラインナップの中身を、十分に理解して運用先を選べていると思いますか。

・非常にそう思う:28.1%
・ややそう思う:36.4%

・あまりそう思わない:26.4%
・全くそう思わない:8.2%
・わからない/答えられない:0.9%
 
  • 企業型DCの運用先、3割以上が「定期預金(元本確保型)」「内外株式アクティブ」「バランス型」を選択
 「Q2.企業型DC(企業型確定拠出年金)で、あなたが選んでいる運用先を教えてください。(複数回答)」(n=110)と質問したところ、「定期預金(元本確保型)」が39.1%、「内外株式アクティブ」が31.8%、「バランス型」が31.8%という回答となりました。

Q2.企業型DC(企業型確定拠出年金)で、あなたが選んでいる運用先を教えてください。(複数回答)Q2.企業型DC(企業型確定拠出年金)で、あなたが選んでいる運用先を教えてください。(複数回答)

・定期預金(元本確保型):39.1%
・内外株式アクティブ:31.8%
・バランス型:31.8%

・内外債券運用:30.0%
・内外株式パッシブ:27.3%
・内外REIT:15.5%
・その他:1.8%
 ー34歳:海外株パッシブ
 ー57歳:自身では運営していない
・わからない/答えられない:10.0%
 
  • 企業型DC加入者の77.3%が、投資先選びに不安を感じた経験あり
 「Q3.企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用ラインナップのうち、投資先選びに不安を感じたことはありますか。」(n=110)と質問したところ、「何度もある」が27.3%、「ややある」が50.0%という回答となりました。

Q3.企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用ラインナップのうち、投資先選びに不安を感じたことはありますか。Q3.企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用ラインナップのうち、投資先選びに不安を感じたことはありますか。

・何度もある:27.3%
・ややある:50.0%

・全くない:19.1%
・わからない/答えられない:3.6%
 
  • 運用先を選ぶ上での課題、「自分で調べるのが面倒」が61.2%で最多
 Q3で「何度もある」「ややある」と回答した方に、「Q4.企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用先を選ぶ上でのハードルや課題を教えてください。(複数回答)」(n=85)と質問したところ、「自分で調べるのが面倒」が61.2%、「金融商品が多く何を選べば良いかわからない」が52.9%、「今の自分の状況ではあまり効果がないと思っている」が32.9%という回答となりました。

Q4.企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用先を選ぶ上でのハードルや課題を教えてください。(複数回答)Q4.企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用先を選ぶ上でのハードルや課題を教えてください。(複数回答)

・自分で調べるのが面倒:61.2%
・金融商品が多く何を選べば良いかわからない:52.9%
・今の自分の状況ではあまり効果がないと思っている:32.9%

・投資できる状況にない:14.1%
・口座開設からスタートまでがわからない:3.5%
・その他:2.4%
 ー58歳:勤務先が会社合併にあい、損失確定させられた経験から元本保障の商品しか信じられなくなった
 ー49歳:約定日まで時間がかかる
・わからない/答えられない:1.2%
 
  • 他にも「世界情勢の影響把握」や「状況に応じて、適切な投資先をバランスよく選ぶこと」にハードルを感じる声も
 Q4で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q5.Q4で回答した以外に、企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用先を選ぶ上でのハードルや課題があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=84)と質問したところ、「世界情勢」や「状況に応じて、適切な投資先をバランスよく選ぶことが大変」など47の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・41歳:世界情勢。
・59歳:状況に応じて、適切な投資先をバランスよく選ぶことが大変だと感じる。
・50歳:利益計算がめんどくさい。
・50歳:言葉がわかりにくい。
・38歳:どのタイミングで運用先を変更するのが良いのかわからない。
・34歳:理解するまで時間がかかる。
・45歳:何が上げ下げに関係してるのかがわかりやすくして欲しい。
・56歳:期待通りの運用実績がなかなか上がらない。
 
  • 65.5%が企業型DCの運用先選択時に、専門的な相談をできる人がいない実態
 「Q6.あなたは、企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用先を選ぶについて専門的な相談をできる人はいますか。」(n=110)と質問したところ、「いる」が34.5%、「いない」が65.5%という回答となりました。

Q6.あなたは、企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用先を選ぶについて専門的な相談をできる人はいますか。Q6.あなたは、企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用先を選ぶについて専門的な相談をできる人はいますか。

・いる:34.5%
・いない:65.5%
 
  • 73.7%が企業型DCの運用先選択時に、専門的な相談をできる人が欲しいと実感
 「Q7.今後、企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用先を選ぶについて専門的な相談をできる人が欲しいと思いますか。」(n=110)と質問したところ、「非常にそう思う」が28.2%、「ややそう思う」が45.5%という回答となりました。

Q7.今後、企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用先を選ぶについて専門的な相談をできる人が欲しいと思いますか。Q7.今後、企業型DC(企業型確定拠出年金)の運用先を選ぶについて専門的な相談をできる人が欲しいと思いますか。

・非常にそう思う:28.2%
・ややそう思う:45.5%

・あまりそう思わない:13.6%
・全くそう思わない:10.0%
・わからない/答えられない:2.7%
 
  • 相談相手がいることで、75.3%が「資産運用の効果の最大化」を期待
 Q7で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q8.相談相手がいることで、どのような効果を期待していますか。(複数回答)」(n=81)と質問したところ、「資産運用の効果の最大化」が75.3%、「負担が少ない資産運用の実現」が40.7%、「自分に合った資産運用方法の決定」が30.9%という回答となりました。

Q8.相談相手がいることで、どのような効果を期待していますか。(複数回答)Q8.相談相手がいることで、どのような効果を期待していますか。(複数回答)

・資産運用の効果の最大化:75.3%
・負担が少ない資産運用の実現:40.7%
・自分に合った資産運用方法の決定:30.9%

・ライフイベントがあった際の相談:29.6%
・金融に関する知識の提供:29.6%
・政治・経済活動が活発になった際の相談:11.1%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:0.0%
 
  • 他にも「仕組みを理解できる」や「より安全な分散投資」などを期待する声も
 Q8で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q9.Q8で回答した以外に、相談相手がいることで、期待している効果があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=81)と質問したところ、「仕組みを理解できる」や「より安全な分散投資」など43の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・51歳:仕組みを理解できる。
・51歳:より安全な分散投資。
・53歳:景気の変化による運用の変更が個人でははかりづらい。
・34歳:プランの変更の仕方や、受け取り方を教えてほしい。
・50歳:納得できる投資先を知りたい。
・45歳:もう少し気楽にスイッチングできる。
・50歳:長期運用、短期利回りなど、様々な運用パターンを知りたい。
・40歳:自分にあった投資先をしりたい。
 
  • まとめ
 今回は、企業型DC加入者110名を対象に、企業型DC加入者の資産形成に関する実態調査を実施しました。

 企業型DC加入者の77.3%が、投資先選びに不安を感じた経験を持つことが判明しました。そこで、運用先を選ぶ上での課題を伺うと、「自分で調べるのが面倒」や「金融商品が多く何を選べば良いかわからない」という回答が多い結果となりました。他にも「今の自分の状況ではあまり効果がないと思っている」という悩みを抱えている人もおり、その時の自身の状況に応じた資産形成の難しさに悩む声も上がりました。

 なお、約7割もの人が企業型DCの運用先選択時に、専門的な相談をできる人がいない実態があり、「資産運用の効果の最大化」を期待し専門的な相談をできる人が欲しいと感じていることも明らかになりました。他にも相談相手がいることで「より安全な分散投資」や「納得できる投資先」が分かるようになると、専門家の意見が安心材料となりえることも期待されているようです。

 現在個人の資産形成意識は高まり、国主導でiDeCoや積み立てNISAなどの動きがある中で、企業型DC加入者においては、ラインナップの中身や運用方法について、自分で調べることへの課題や漠然と運用していることで納得ができていない実態が明らかになりました。しかしながら、個人の資産形成の意識が先行していることで、専門家に相談するケースは少なく、不安を抱えたまま運用している人が多いようです。自身の資産をいかに効率的に最大化するかは、人生を左右する判断といっても過言ではなく、より納得のいく最善の運用方法を考えることは、いつだって遅すぎることはないでしょう。
 
  • 『人生のベストコンディションを追求する』ための無料相談

 暮らしの安心や家族を守りたいという大切な「想い」を「カタチ」にすることをお約束します。納得のいくまで何度でもいつでもご相談できるFP(ファイナンシャルプランナー) やDCコンサルタント、相続診断士を配置して居心地の良い場所をお客様へ提供いたします。
お問い合わせ/無料相談はこちらから:https://www.inaba-plan.com/contact/
 
  • 会社概要
会社名 :株式会社イナバプランニングカンパニー
設立  :2000年3月
代表者 :稲葉 晴一
所在地 :埼玉県さいたま市浦和区常盤10-9-14 斎藤ビル2F
事業内容:一般消費者を対象としたマネーセミナーや相続セミナー
URL  :https://www.inaba-plan.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イナバプランニングカンパニー >
  3. 企業型DC加入者の77.3%が投資先選びに不安 65.5%が運用時に専門的な相談をできる人がいない実態