新任取締役就任のお知らせ

任天堂Wiiのエバンジェリスト 玉樹真一郎が八楽株式会社に参画 ~ヤラクゼンでAI自動翻訳体験をさらに身近に~

AI+人で生産性を高めるオンライン翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」を提供する八楽株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:坂西優)は、2021年3月26日開催の定時株主総会において、新任社外取締役として 玉樹真一郎 が選出され、4月1日付けで就任したことをお知らせします。

任天堂Wiiのエバンジェリストとして知られる玉樹は、ユーザ体験向上のエキスパートとして3年ほど前からヤラクゼンのコンセプトづくり・マーケティング戦略・デザイン開発に関わってきました。今回の取締役就任を機に、更なるヤラクゼン・ヤラクスティックの機能向上、より楽しく便利な多言語コミュニケーションの実現を目指してまいります。
  • 新任取締役ご紹介
玉樹 真一郎たまき しんいちろう


1977年生まれ。東京工業大学・北陸先端科学技術大学院大学卒。
プログラマーとして任天堂に就職後、プランナーに転身。全世界で1億台を売り上げた「Wii」の企画担当として、最も初期のコンセプトワークから、ハードウェア・ソフトウェア・ネットワークサービスの企画・開発すべてに横断的に関わり「Wiiのエバンジェリスト(伝道師)」「Wiiのプレゼンを最も数多くした男」と呼ばれる。

2010年任天堂を退社。青森県八戸市にUターンして独立・起業、「わかる事務所」を設立。全国の企業や自治体などで、コンセプト立案、プレゼン手法、デザイン等をテーマとしたセミナー、講演、ワークショップ、プレゼン等を年60回以上おこなうほか、コンサルティング、ウェブサービスやアプリケーションの開発等を行いながら、人材育成・地域活性化にも取り組む。

2011年5月より特定非営利活動法人プラットフォームあおもり理事。2014年4月より八戸学院大学地域経営学部特任教授。2019年4月より八戸学院大学学長特別補佐。2017年4月より三沢市まちづくりアドバイザー。
著書に『コンセプトのつくりかた』『「ついやってしまう」体験のつくりかた』(いずれもダイヤモンド社)がある。
 
  • ヤラクゼンについて
ヤラクゼンは、2015年10月にローンチした、AI自動翻訳を活用して、速く正しく外国語の読み書きができるようになるオンライン翻訳プラットフォームです。誰でも直感的に使えるシンプルなインターフェイスと、人工知能により使えば使うほどパーソナライズされる高品質のAI自動翻訳、強固なセキュリティが特徴で、延べ1,000社以上の企業に導入されています。
https://www.yarakuzen.com 
 
  • ヤラクスティック(β)について
ヤラクスティック(β)はシンプルで使いやすい音声翻訳機です。従来の一文ずつ話して翻訳するデバイスではなく、会話を「字幕表示して翻訳」するデバイスで、長く続く会話を流れるように翻訳します。ヤラクスティックを手で持ったり机の手元に置いたりするだけで、会話の大まかな内容を掴むことができます。
https://www.yarakustick.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 八楽株式会社 >
  3. 新任取締役就任のお知らせ