グロースハックスタジオ、事業開発ツール「THRUSTER(スラスター)」をVer1.0にアップデート。プロセスによって創造性をブーストさせ、事業成功の再現性を高めます!

 新規事業開発成功の再現性を高めるためのツールやハンズオンサービスを提供する株式会社グロースハックスタジオ(本社:東京都品川区 代表取締役 広岡一実 以下GHS)は、GHSが独自に考案してきた事業開発ツール”THRUSTER(スラスター)”を大幅にアップデートしたVer1.0を公開いたしました。


 デジタル化による技術の進歩により標準化された活動はどんどん自動化・機械化されプロダクトライフサイクルは短命化の一途を辿っています。そのような環境の中、新規事業開発はより重要になっていくにも関わらず、最初から事業開発をマネジメントできる能力を誰しもが持ち合わせているわけではありません。
 

 ”THRUSTER”は経験が少ない事業オーナーでも事業開発をマネジメントできるように研究考案してきましたが、これまで配信していた”THRUSTER Ver0.3”は新規事業開発全体を体系的に表現してはいるものの、実際の運用方法までは落とし込まれておらず事業オーナーがすぐに運用開始できるツールにはなっておりませんでした。

 今回、"THRUSTER Ver0.3"よりも更に新規事業開発全体を体系的に表現した上で、実際に運用できるプロセスまで落とし込んだツールを意識して開発した結果、いくつかの新規事業開発プロジェクトにて成果が確認されたので"THRUSTER Ver1.0"としてまとめ公開することにいたしました。

 GHSは”THRUSTER”を使った事業開発を実際にマネジメントしやすくする為の専用管理ツールの仮説検証にも着手しており、引き続き新規事業成功の再現性に向けて活動してまいります。



【”THRUSTER(スラスター)”とは】
 

 


 ”THRUSTER”は「自分たちが創り出す社会の変化からバックキャスティングして事業をマネジメントする」ための事業開発ツールです。”THRUSTER”で事業開発を行うと”THRUSTER”のプロセスによって以下3点を機能させることができ、事業進捗速度を上げることができるようになります。

  • 事業の方向性を可視化する
  • 事業進捗の透明性を確保する
  • 小さく試し早く学び、事業の解像度を上げる


THRUSTERは以下URLよりPDFでダウンロードしてご利用頂けます。
https://thruster.tokyo/

”THRUSTER”を実際に運用するための勉強会も定期的に開いております。
募集ページ:https://ghs.connpass.com/


【”THRUSTER”の名前の由来】
”THRUSTER”とはロケットを軌道に乗せる為のエンジンのことです。 不安定な中、猛スピードで進んでいくロケットの軌道を修正し続ける様が、事業を軌道に乗せ続けていくことと同じであることが名前の由来です。


【会社概要】
会社名     :株式会社グロースハックスタジオ
代表        :代表取締役 広岡 一実
設立        :2015年4月
URL        :http://www.ghs.tokyo/
事業内容  :事業開発ツール”THRUSTER”の開発と提供
              :事業開発のハンズオンサービス”THRUSTER Hands-on”の提供

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Growth Hack Studio Inc. >
  3. グロースハックスタジオ、事業開発ツール「THRUSTER(スラスター)」をVer1.0にアップデート。プロセスによって創造性をブーストさせ、事業成功の再現性を高めます!