年収1000万円以上はワイン好き? 「ワイン」飲みは66.7%

年収が増えると飲酒頻度もアップ。けれど年収900万円を越えてくると「毎日飲む」人は少なくなった

株式会社バザールが運営するワイン情報サイト「ワインバザール」は、20~69歳の男女2217人を対象に、「年収とお酒の好み」に関する調査を実施。WineBazaarにて調査レポート(http://wine-bzr.com/article/report/7676/)を公開しました。
【調査のポイント】
  • お金に余裕があるとお酒を飲むように? 年収が増えるほど飲酒の頻度アップ
  • 低年収層にも高年収層にも好まれる「ワイン」。高年収層は「チューハイ」を好まない?

【調査詳細】
ワインバザールでは、これまでに「お酒を飲む頻度」「飲むお酒の種類」「お酒種類別の飲む頻度」について調べた調査結果を発表してきました。今回はそうしたデータが、年収とどのような関係にあるのか、分析してみました。

・お金に余裕があるとお酒を飲むように? 年収が増えるほど飲酒の頻度アップ
年収によってお酒を飲む頻度はどのように変わってくるのか、クロス集計してみた結果が次のグラフです。
お酒を「週に1回程度」以上飲む人の割合は、年収100万円未満では37.5%ですが、年収が上がるにつれて増えていき、年収700万円台でピークとなる74.1%を記録しました。
 


一方でお酒を「毎日飲む」人の割合は、年収800万円台で44.4%と最も高くなったものの、年収900万円以上になるとお酒を飲むペースを抑えるようになるのか、「毎日飲む」人は3割強にとどまりました。


・低年収層にも高年収層にも好まれる「ワイン」。高年収層は「チューハイ」を好まない?
続いて、年収別にどんなお酒を飲んでいるのかと集計したグラフがこちらです。基本的には、年収が増えるほどさまざまな種類のお酒を飲むようになる傾向が見受けられました。

その中で、特徴的なグラフ形状になったのが、「ワイン」と「サワー/チューハイ」。「ワイン」は低年収層でも4割以上に飲まれていて、年収900万円を越えてくると6割以上が飲んでいます。

また、「サワー/チューハイ」では概ね、年収が上がるにつれて飲む人が少なくなっていくことも分かりました。
 


【調査方法】
調査方法:インターネット調査
調査対象:20~69歳の男女 2217名
集計期間:2016年8月19日~8月22日

※転載・引用について※

本調査レポートの内容については、ご自由に転載・引用いただいて構いません。転載・引用時には、必ず「ワインバザール調べ」などのクレジットを明記いただき、ワインバザールのWebサイト(http://wine-bzr.com/article/)へのリンクを貼っていただけると幸いです。


【ワインバザール概要】
ワインバザール:http://wine-bzr.com/article/

ワインバザールは、世界各国の産地に関する情報、ワイン関連のニュースやコラム、用語説明など、ワインに関するあらゆる情報を掲載しております。

1人でも多くの方にワインに関する情報をお届けしたい――そんな想いからワインバザールは生まれました。

近年ではワインを楽しむ方が急増しておりますが、一方でワインに関する専門情報はまだ不十分であると感じております。すでにワインの知識が豊富な方はもちろんのこと、ワインへ興味がある全ての方への有益なサイトとなれるよう、運営を行ってまいります。

お問い合わせや広告掲載のご相談、情報掲載のご希望等は下記のフォームよりお送りください。
http://wine-bzr.com/article/winebazaar/#wb_contant

【会社概要】
会社名    株式会社バザール(Bazaar Inc.)
設立       2010年4月
資本金    10,000,000円
所在地    〒220-8143 神奈川県横浜市西区みなとみらい ランドマークタワー43F
URL       http://www.bazaarjapan.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バザール >
  3. 年収1000万円以上はワイン好き? 「ワイン」飲みは66.7%