HOYA株式会社 アイケアカンパニー初 公共団体と環境問題に取り組む協定を締結

東京都東大和市と『使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収に係る協定』

HOYA株式会社 アイケアカンパニー初
公共団体と環境問題に取り組む協定を締結
東京都東大和市と『使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収に係る協定』
https://www.eyecity.jp/

 コンタクトレンズ専門店「コンタクトのアイシティ」を事業展開するHOYA株式会社 アイケアカンパニー(事業所在地:東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス6F)は、東京都東大和市と『使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収に係る協定』を締結し、“循環型社会の構築”をともに目指すこととなりました。本事業においてHOYA株式会社 アイケアカンパニーは、初めて公共団体との協定を締結いたします。
 HOYA株式会社 アイケアカンパニーは、「アイシティecoプロジェクト」を2010年4月より実施し、全国のアイシティ店頭で空ケースの回収事業を行っております。また、この回収活動にご賛同いただける団体様を募集し、2019年9月末時点では、企業543社、高校710校、中学校284校にご協力いただける活動に成長させて参りました。その結果、本事業はこれまで約326トンの空ケースを回収し、東京ドーム約54個分の二酸化炭素削減に貢献いたしました。
 この度、本事業をさらに広めていくため、HOYA株式会社 アイケアカンパニーは公共団体である東京都東大和市と協定を締結し、ともに本事業を推進することになりました。なおこの事業は、2015年の国連サミットで可決された、持続可能な開発目標であるSDGsの各種目標に合致した事業でもあります。
 



以下の通り協定を締結し、東大和市の各所でコンタクトレンズ空ケースの回収活動を開始します。

【概要】
1.    協定の名称   『使い捨てコンタクトレンズ空ケースの回収に係る協定』

2.    協定締結日    2019年10月24日(木)

3.    協定締結の目的
東大和市とHOYA株式会社 アイケアカンパニーは、東大和市民等が排出する使い捨てコンタクトレンズの空ケースを適正に回収することに関し、相互に協力することにより、持続可能な資源の回収に寄与することを目的とする。

4.    東大和市回収拠点
(1)東大和市役所
(2)公民館3館
(3)市民センター6館
(4)中学校5校

5.    役割分担
(1)東大和市
事業周知及び適正排出の広報
(2)HOYA株式会社 アイケアカンパニー
回収資源の管理及び配送などの経費負担

■HOYA株式会社 アイケアカンパニーについて
「ライフケア」「情報・通信」の分野で、世界・日本トップクラスのシェアを多数持つHOYA株式会社の中心事業の一つです。世界レベルの企業であるHOYA株式会社の、強固な経営基盤をもとに、アイケアカンパニーは着実な成長と大きなチャレンジの両方を成し遂げています。

■会社概要
会社名/事業部名 :    HOYA株式会社 アイケアカンパニー
事業部所在地       :    東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス6F
事業内容             :    コンタクトレンズおよびコンタクトレンズ付属品の製造、販売
アイシティ店舗数 :    300店舗(2019年10月1日現在)
URL                   :    https://www.eyecity.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HOYA株式会社 >
  3. HOYA株式会社 アイケアカンパニー初 公共団体と環境問題に取り組む協定を締結