新会社「AIG損保」の取締役・監査役について

AIU 損害保険株式会社(以下、AIU)と富士火災海上保険株式会社(以下、富士火災)は、関係当局の認可等を前提として、両社の合併により2018年1月1日に誕生するAIG損害保険株式会社(以下、AIG損保)につきまして、このたび同社の取締役・監査役体制を別紙のとおり決定しましたのでお知らせします。
代表取締役社長兼CEOに就任することが既に決定しているケネス・ライリー(現AIU代表取締役社長兼CEO)は、日本で育った経験もあり、日本と米国はもとより、英国、香港、バミューダなど、世界各地での勤務に基づく、グローバルな保険業の知見とネットワークを有しています。   これらの経験を生かし、他の取締役・監査役と共に強いリーダーシップを発揮し、AIG損保を率いてまいります。

なお、長らく富士火災及びAIUを始めとするAIGグループのリーダーとして貢献してまいりました富士火災の現代表取締役社長兼CEO 横山隆美とAIUの現副会長 小関誠は、AIGグループにおける役職から12月31日付けで退任します。
 

※その他、詳細はAIUと富士火災のホームページをご確認ください。


*AIUと富士火災との合併について
AIGジャパン・ホールディングス株式会社の完全子会社であるAIU損害保険株式会社と富士火災海上保険株式会社は、関係当局の認可等を前提に2018年1月1日に合併し、AIG損害保険株式会社となる予定です。

AIGグループについて
AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、80 以上の国や地域でお客さまにサービスを提供しています。1919年に創業し、現在では、損害保険、生命保険、退職給付およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客さまの資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。持株会社 AIG, Inc.はニューヨークおよび東京の証券取引所に上場しています。

 
  1. プレスリリース >
  2. AIU損害保険株式会社 >
  3. 新会社「AIG損保」の取締役・監査役について