小売企業の在庫問題を解決!FULL KAITENがバージョン2.0をリリース

FULL KAITENは、ミズノなど大手企業や楽天市場の上位店舗など、多くのEC・実店舗の在庫問題解決に貢献しています。

在庫問題を解決するクラウドサービス『FULL KAITEN』を開発運営するフルカイテン株式会社(大阪市福島区:代表取締役 瀬川直寛)は、特許出願中の在庫問題解決テクノロジーのフル実装、AIアルゴリズムの改善による予測精度の向上を行い、在庫問題の解決力を大幅に強化したFULL KAITENバージョン2.0を2019年2月5日にリリースしたことを報告致します。また2019年2月7日〜8日に東京ビッグサイトで開催されるイーコマースフェアへのFULL KAITEN出展も合わせて報告致します。

バージョン2.0リリースを機に在庫問題解決に向けてフルスイングを誓うFULL KAITENチームバージョン2.0リリースを機に在庫問題解決に向けてフルスイングを誓うFULL KAITENチーム

  • ​在庫問題とは

「在庫を増やせば売上は増えるが、不良在庫も増えてしまう」

「仕入れを減らせば不良在庫は減るが、売上も減ってしまう」

売上増加と在庫適正化を両立させるため、昔から多くの小売企業が様々な取り組みを行ってきましたが、解決は非常に難しく、明確な解決方法はほとんど示されていないのが現状です。

弊社はこれを在庫問題と呼んでいます。
在庫問題はほとんどの小売企業が宿命的に抱える課題です。
 
  • 在庫問題が解決できない理由
在庫問題の解決には、在庫問題が起きるメカニズムの解明が欠かせません。
例えば下記のような疑問を論理的に説明できない限り、解決策は見つけられないのです。

・なぜ在庫は増えていくのか
・なぜ仕入れ数量を間違えるのか
・なぜ改善を繰り返しても売上は増えないのか

ところが、こういう本質的な疑問の解明は後回しにされることが多く、

「今の在庫分析方法で良いとは思っていないが、とりあえずこのやり方でやっている」

という小売企業が多いのが現状です。
 
  • 在庫問題を解決する技術を発明
弊社は2012年5月の創業以来、自社の小売事業を題材に6年以上も在庫問題を研究してきました。
そして在庫問題が起きるメカニズムを解明しました。
​またその成果は在庫問題解決テクノロジーとして特許出願しています。
※弊社は在庫問題が起きるメカニズムの解明を機に2018年9月を持って小売事業を売却しました。

特許出願中の在庫問題解決テクノロジー特許出願中の在庫問題解決テクノロジー

 
  • FULL KAITENとは
FULL KAITENは、小売企業の在庫問題を解決するクラウドサービスとして2017年11月にバージョン1.0をローンチしました。

FULL KAITENは、小売企業が長年解決に苦しんできた在庫問題に対し明快な解決方法を提供することができるため、デモをご覧頂いた小売企業のほとんどが即決で導入を決定されました。
1ヶ月で1000万円もの在庫削減に成功した例や、仕入れ最適化に成功して在庫をほとんど気にせずに事業を運営できるようになった例、何を売れば売上が増加するかが明確になったことで売上増加に成功した例など、成果もしっかり出てきています。

昨今AIがバズワード化し、AIはどんな課題でも解決可能な魔法の杖という誤解が生まれています。
FULL KAITENもAIを予測アルゴリズムとして利用していますが、在庫問題はAIだけで解決できるほど単純なものではありません。

FULL KAITENは、特許出願中の在庫問題解決テクノロジーとAIを用いた予測アルゴリズムを両輪にして小売企業の在庫問題解決に貢献しています。
 
  • FULL KAITENバージョン2.0の特徴
今回リリースするバージョン2.0は、バージョン1.0を導入している小売企業から出た改善要望の大半を盛り込み、小売の現場で必要とされる機能をほぼ網羅したバージョンになります。
また在庫問題解決テクノロジーのフル実装、AIアルゴリズムの改善による予測精度向上も行い、在庫問題の解決力を大幅に強化しました。
 

 

FULL KAITENバージョン2.0の特徴は下記の通りです。

(1) 在庫削減​
 - 倉庫ごとにどれが危険な在庫か分かる
 - 在庫削減すべきタイミングが分かる
 - 在庫の削減施策を作成できる

(2) 仕入れ最適化
 - 仕入先の優先順位が分かる
 - SKUごとに最適な仕入れ数量が分かる
 - 仕入先への発注データを作成できる

(3) 売上増加
 - 店舗ごとに狙うべき客単価帯が分かる
 - 客単価帯ごとの主力商品が分かる
 - 売上の増加施策を作成できる

(4) 施策最適化
 - 店舗ごとに施策の実行計画が立てられる
 - 施策の成功確率を上げられる
 - 施策の実行を促進できる

在庫問題でお悩みのECや実店舗を運営されている企業の皆様、下記URLから是非お問い合わせ下さい。
デモを交えて具体的な説明をさせて頂くことが可能です。

FULL KAITENのお問い合わせはこちらからお願い致します。
https://full-kaiten.com/inquiry
 
  • ミズノ株式会社様からの推薦の言葉

FULL KAITENをバージョン1.0から導入頂いているミズノ株式会社の石井様より、バージョン2.0のローンチに向けて推薦の言葉を頂きましたのでご紹介します。

 

-----------------------
ミズノ公式オンラインショップ「ミズノショップ」は、メーカーのECサイトとして品揃えが他販売サイトとの差別化につながると考えています。
野球、サッカーなどの競技商品からライフスタイル品まで幅広い商品を取り扱うため、売上拡大において最適な在庫管理が大きな課題でした。
昨今MAツールなどプロモーション関連のテクノロジーは目覚しく進化していますが「在庫」における最適管理のツールは多くなく、我々も求めているツールにはなかなか出会えませんでした。そんな折、フルカイテンの情報を聞いた時はまさにそれに合致していると考え、瀬川社長に直接お話をお聞きし即採用にいたりました。我々独自の管理に対するカスタマイズにも迅速に応えていただき大きな期待をしています。

ミズノ株式会社
リテイル営業部 次長 石井洋
----------------------
 

  • FULL KAITENに賭ける思い

弊社は「在庫問題を解決する」というミッションを掲げ、それを実現する手段としてFULL KAITENの開発と運営を行なっています。
FULL KAITENが事業として目指すのは「不要なものを作る必要がない世界」の実現です。

弊社の夢は、このミッションを追いかける先に廃棄問題の抑制や森林など生産資源の保全に貢献することです。
それが私たちの子供や孫の世代により良い地球を残すことに繋がると信じて、FULL KAITENの開発運営を行なっております。
 

  • イーコマースフェア 2019 東京に出展します
・[イベント] イーコマースフェア 2019 東京
・[日時] 2019年2月7日(木)8日(金)10:00〜17:30
・[場所] 東京ビッグサイト [西3・4ホール]
・[ブース番号] H-05

FULL KAITENバージョン2.0のデモをご覧頂くことが可能ですので、ぜひ弊社のブースにお立ち寄り下さい。
 
  • メディアの皆様へ
なぜ弊社のような無名企業が開発しているプロダクトがミズノ様を始めとした大手企業に導入されているのか、取材して頂けないでしょうか。

在庫問題は企業の業績や倒産に影響する重い課題であるにも関わらず、長い間良い解決策が見つからなかった古くて新しい課題です。
昨年、海外の有名ブランドが在庫を廃棄処分したニュースで炎上しましたが、あれも原因が在庫問題だということは想像に難くありません。

FULL KAITENの導入企業は、ミズノ様と同様にほとんどが即決で導入を決められました。
裏を返すと在庫問題はそれほどまでに解決したい課題だということです。

小売業も卸売業もメーカーも、在庫を持ち在庫を販売して経営を成り立たせています。
つまり在庫は事業の本質だということです。

・なぜ今まで在庫問題を解決することが難しかったのか。
・それがなぜ解決できるようになったのか。
・なぜ今までFULL KAITENのようなプロダクトが出てこなかったのか。
・在庫問題の解決にはどんな社会的意義があるのか。
・これから小売企業のデジタルマーケティングはどう変わっていくのか。

など、代表の瀬川から色々なお話をさせて頂くことが可能です。
是非とも取材のお問い合わせをお願い致します。

取材のお問い合わせはこちらからお願い致します。
https://corp.full-kaiten.com/contact.html
 
  • 会社概要
社名 フルカイテン株式会社
URL https://full-kaiten.com
代表者 瀬川 直寛
設立 2012年5月7日
所在地 本社:大阪府大阪市福島区玉川2-8-4阪神玉川オフィスビル703
東京:東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー4F docks4号室
従業員数 本社:6名
東京:2名
 
  • 求人情報

FULL KAITENの完成度をさらに向上させるための機能開発と機能改善、ビジネスモデルを強化するための仕組み作り、FULL KAITENの将来構想に向けた布石作りなど、たくさんの業務があります。

弊社は昨年ベンチャーキャピタル各社から総額1億2000万円の資金調達を行い、バージョン2.0のローンチに向けて準備を続けてきました。
そして今年2019年は今後3年を決める勝負の1年と位置付けており、急成長を目指して様々な仕掛けを行なっていきます。

そのため採用活動にも積極的です。
急成長するスタートアップに身を置いて自分の力を試したいという方で、求められる業務スキルと弊社の企業文化に合いそうな方はぜひご応募下さい。
きっと一番面白いタイミングだと思います。

現在は下記の職種を求人しています。

(1) カスタマーサクセス
(2) マーケティング
(3) 営業
(4) Pythonエンジニア
(5) データベースエンジニア
(6) 広報

詳しくは弊社サイトの採用ページをご覧下さい。
https://corp.full-kaiten.com/recruit.html

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. FULL KAITEN >
  3. 小売企業の在庫問題を解決!FULL KAITENがバージョン2.0をリリース