世界が注目!ものづくり日本発の『キャンドルアーティストアワード』開催決定!エントリーは2019年3月末まで!

カメヤマキャンドルハウス特別協力のもと、CANDLE JUNE氏、畑野ひろ子氏らを特別審査員に迎え、JCAA(JAPAN CANDLE ARTIST AWARD)を開催

日本のキャンドルアートは世界から注目されており、毎年多くの方が海外から日本にキャンドルアートを学びに訪れています。その日本で開催されるキャンドルアーティストアワードはこれからのキャンドル業界を盛り上げていってくれる才能あるキャンドルアーティストを発掘することを目的とし、選出されたキャンドルアーティストたちが将来第一線で活躍するアーティストになるまでの支援も行っていきたいと考えています。

 

一般社団法人日本キャンドル協会(東京都渋谷区・代表理事 神田悠 以下JCA)は、2009年の設立以来、日本でのキャンドルアートの啓蒙活動に取り組んで参りました。昨今のハンドメイド市場の拡大や、設立10年を迎えるにあたり、日本最大の老舗キャンドルメーカー・カメヤマ株式会社の特別協力のもと、キャンドルアーティストのパイオニア的存在であるCANDLE JUNE氏らを特別審査員に迎え、国籍・経験・資格などは一切問わずキャンドル制作に関わる全ての方を対象に、記念すべき第1回のJAPAN CANDLE ARTIST AWARD(https://candleaward.com)を開催します。
 
  • 第1回テーマ
「YOUR COLOR」
あなた自身の「個性」(=YOUR COLOR)がアートです。
皆様の思い思いの素敵な作品をお待ちしています。
第1次エントリーの提出作品テーマは自由ですので、ぜひ気軽のご参加ください!

 

  • JCAA特別審査員

 

●カメヤマ株式会社 代表取締役会長 谷川花子
 

●株式会社日本ヴォーグ社 代表取締役社長
 公益財団法人 日本手芸普及協会 理事長 
 一般社団法人 日本ホビー協会 会長 瀨戸信昭

 

●キャンドルアーティスト CANDLE JUNE
1994年よりキャンドルの製作を開始。FujiRockをはじめ、様々なショー・PVなどの空間制作を手掛ける。2011年3月11日の東日本大震災からは一般社団法人「LOVE FOR NIPPON」を立ち上げて支援活動を続けている。現在でも月命日の11日は必ず福島県でキャンドルナイトイベントを開催。その支援活動は各地の災害地域へと繋がっている。

●WILL GARDEN代表 畑野ひろ子
17歳からモデル活動をしており、現在は主に雑誌VERY(光文社)で活躍中。2007年からお花をはじめ、自身のブランド「WILL GARDEN」を設立。ライフスタイル提案から花育活動推進など幅広い活動を行う。「カットフラワーアドバイザー」「花ソムリエ」取得。


●一般社団法人日本キャンドル協会 代表理事 神田悠
2009年一般社団法人日本キャンドル協会(JCA)を設立。現在認定キャンドルアーティストおよびインストラクター数は4,000人を超え、同認定スクールは全国に30校を数える。また2018年に中国、台湾、マカオにてJCA支部を開設し、今後は日本のキャンドルアート技術をアジア各国に広め、日本およびアジアのキャンドルアートの発展に注力する。

 
  • スケジュール
  1. 第1次エントリー開始 2018年11月1日 - 2019年3月31日
  2. 第2次エントリー進出者決定 2019年4月中旬
  3. 第2次エントリー開始 2018年4月末 -
  4. ファイナル展示会開催 2019年6月中旬開催予定
  5. グランプリ・各賞の発表 2019年6月末発表予定
 
  • JCAA各賞
■グランプリ /キャンドルアーティスト1名 賞金20万円
■準グランプリ /キャンドルアーティスト1名 賞金10万円
■ベスト作品賞
■各種 審査員特別賞
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本キャンドル協会 >
  3. 世界が注目!ものづくり日本発の『キャンドルアーティストアワード』開催決定!エントリーは2019年3月末まで!